実際にあったエロい体験談

実際にあった体験談を広く集めたエロ体験談のまとめサイト! ナンパで中出し、彼女とのハメ撮り、処女喪失、近親相姦、出会い系、社内での不倫・浮気でのエロ体験、イケナイ関係とわかっていながらも人妻との濃厚なエロSEX(セックス)体験、ナースとのエロ体験、学生時代の乱交etc、エロい体験談満載です。是非、ご堪能下さい❤

ネットに投稿されたエッチ体験談のまとめサイト! ナンパ、ハメ撮り、姉・妹との近親相姦体験、不倫・浮気での エッチ、人妻とのSEX(セックス)、ナースとのエロ体験、乱交etc、エロい体験談満載です。是非、ご堪能下さい♥

元カノに仕返しいじわるレイプ

学生の頃の話。
そのとき一年くらい付き合ってた女(ミオ)に
突然別れを切り出された。



なんだかんだ理由を言われ 嫌いになったわけじゃなく 好きな人ができたわけでもないが 今は誰とも付き合いたくないみたいな事を言われた。

オレはかなりその子が気に入ってたので いつかまた付き合えるだろうと思い 友達になろうといって別れた。

ところがそれは嘘だった。

一週間後くらいにすぐに彼氏ができてた。

オレはだまされてたのがムカついて 何か仕返しをしてやろうと思った。

オレはそのとき当然彼女もおらずたまっていたので 考えはエロ思考へ。

顔を隠してレイプしてやろう。

仕返しもできて気持ちよくて最高だ。

後から考えればなんと浅はかだが そのときはこれしかないと決め込み やる気満々だった。

さて、いつやるかというのを考え ミオのバイト帰りにした。

ミオは11時前後にバイトが終わり歩いて帰宅する。

その時に近所の公園を通るので そこの公園のトイレに連れ込もうと。

そのへんは駅が近いのだが 近隣住民には裏駅と言われていて 基本的にひっそりとしているところ。

昼間は子供が遊んでるが 夜11時にもなると人はほとんど通らない。

オレは家にあった果物ナイフ、 アイマスク、SM用の手錠、ガムテープ、バイブ そしてオレがかぶる顔、頭全体を覆う プロレスラーのような黒いマスクを準備した。

夜11時近く。

公園の側で待機。

じっとミオがくるのを待った。

ミオは正直かわいい。

背は155センチくらい。

スレンダーではなく 胸もないのでナイスバディではないが 顔は鈴木亜美や田中美保や宮崎あおいのような あーいった系統の顔でかわいく 何より体の感度がよくてすぐ濡れてしまう女だった。

11時半くらい。

いつもより遅くミオが歩いてきた。

そっと後ろに回りこみ後をつけ、 ミオが公園の入り口の前まで歩くと 一気に後ろから口を押さえ抱きついた。

騒ぐな、これが何かわかるだろう? 騒がなければ悪いようにはしない。

ナイフをチラつかせながらそう言うと コクリとうなずいた。

後ろを振り返らずトイレの方に歩け ミオはゆっくり歩き始めた。

オレはナイフを軽くミオの背中に当てて後ろからついて歩いた。

トイレにつくと個室に入る前にアイマスクをして 手を後ろにまわし手錠をはめた。

個室に入って俺も落ち着き よくミオを見ると 少し震えて半べそで 助けてください…ごめんなさい… と小さく震える声で繰り返していた。

オレはギュッと抱きかかえると 大声を出さず暴れなければ 殺さずに家に帰してやる。

わかったな? ミオはまたコクリとうなずいた。

そしてオレはミオにキスをした。

いつも通りの唇を重ね合わせるキス。

舌を絡ませる濃厚なキス。

キスにかなり時間をかけた。

ミオはキスだけでアソコが濡れ濡れになるのを知っているからだ。

もちろんオレもビンビンだが。

最初は抵抗して唇を動かそうとしなかったが おい 一言いうと意味がわかったのか 従わないと殺されると思ったのか いつもの濃厚なキスをはじめた。

キスをしながら胸を服の上から触った。

ミオはTシャツにジーパンと バイトだったのでラフな格好だった。

徐々にミオの声がもれるのがわかる。

キスをし、右手で胸を触りながら 左手で背中からTシャツをまさぐり ブラのホックをはずした。

はずしたときミオはビクッとなったが オレは抱き寄せてキスを続けた。

右手をTシャツにしのばせて ブラをずらし胸を触った。

膨らみもあまりない小さな胸。

乳首を触ると んっ と声がもれた。

キスをしながら右手で乳首をコリコリしてると ミオは声をもらすようになった。

唇を離し 襲われてるのに感じてるの? 変態だね。

と言うと ミオは下をむいた。

でも、オレは顔を持ち上げ またキス。

キスをしながらジーパンのベルトに手をかけた。

するとミオは 下はやめて下さい… と小さな声でいったが オレは無視をして ベルトをはずし ジーパンのチャックをおろした。

スルスルと徐々にジーパンはおちていき ピンクのパンツが丸見えになった。

ミオはその時腰をひいたが オレは左手でまた抱き寄せた。

Tシャツとブラをめくりあげ脱がした。

手錠のせいで手のところでとまってしまい 邪魔っぽく見えたがまぁいっかと思い あらわになった小さな胸にしゃぶりついた。

ミオがもう声を我慢できないのは知ってる。

必死で我慢してるんだろうけど。

右手を下におろし太ももの内側をなぞった。

あっ んっ とさらに声がもれる。

そーっとパンツの上からアソコを触った。

わかっていたがミオのアソコは パンツの上からでもわかるくらいグッチョリ。

パンツの上からクリを触ると 抵抗する気なのか腰をひいたが 左手でまた抱き寄せて触った。

アイマスクで目は見えないが 明らかに感じている顔。

息遣い。

声はクリを触るたびに あっ んっ ともれた。

ジーパンを足から脱がし、 そしてパンツに手をかけた。

お願い… いやぁ… と小さい声で言ったのが聞こえた。

抵抗するように腰をくねらせていたが 無視をし、しかしゆっくりパンツをずらした。

薄い毛が見え よく見るとアソコからパンツに 糸をひいていた。

パンツも脱がせるとミオは全裸になった。

いや正確にはアイマスクとアディダスのスニーカーだが。

アソコに手をやると足を閉じ抵抗したが アソコに指が触れた途端 あぁっ と声が出て足の力が抜けていた。

アソコを触るとぐちょぐちょに濡れていた。

オレは自分のジーパンとトランクスを脱ぎ ビンビンにたったチンポをミオの腹に押し付けた。

もう我慢汁でいつも以上にカチコチだ。

もういれたいと思った。

洋式の便器に座り ミオに足を開かせ 上に乗らせた。

チンポでアソコの入り口をなでると あっ…やめて…んっ… オレはゆっくり入り口にチンポをもっていき 彼女の腰をもって沈ませた。

ゆっくり入っていく。

久しぶりの感触。

ミオはもう声をおさえ切れなくなっていた。

オレはミオの腰を持ち 激しく動かした。

あっ、あっ、あぁっ ミオの声がはっきり聞こえる。

ミオの中は最高に気持ちがいい。

こんなに気持ちがいい子は他に会った事がない。

病み付きになる。

乳首にしゃぶりついたりしながら 激しく腰を動かした。

情けないことにオレはすぐにいきそうだった。

ミオとのセックスはすぐにいってしまう。

一度中に入れて2、3回動かしただけでいってしまった事もある。

他の子ではこんな快感は味わえない。

もうダメだ。

あっ、いくっ… 中に出してはさすがにまずいと思い 直前で抜いて自分の手で精子を受け止めた。

それはいつもとかわらない手順。

ミオを便座に座らせ オレはティッシュでアソコと精子の処理をした。

ミオはぐったりなっている。

レイプされて呆然としているのか。

アイマスクのせいで表情が読みにくかった。

もう、いいですか…? ミオが口にした。

オレは考えて こんなので返すと思ってんの? せっかくバイブも持ってきてるし このくらいでオレの怒りが収まるかと言い聞かせた。

実際その時はそんな事どうでもよくなっていたが。

手錠を一回はずし 便器のパイプにからませてまたつけた。

足をひらかせ バイブをつっこんだ。

そしてこれでもかというくらいピストンをしてやった。

ミオはもう感じすぎていて 声がかすれていた。

ミオはセックスで声をよくからす。

あーっ、んっ、あっ、あぁぁ・・・ 激しく動かし 左手でクリをさわった。

あっ、ダメっ、ダメ、やばいっ ビクンとなり腰を浮かせガクガクしている。

いかせてやった。

ミオはぐったりしている。

そして自分のシナリオどおり 立ち上がって まだ、感覚が戻っていないミオにこういった。

じゃあ、ありがとう。

気持ちよかったよ。

オレ帰るから。

ミオは我にかえり 冷静になったのか少し半べそになり はずしてください。

手錠を便器にからめているので ミオは動けない。

カギはドアの前においておくからさ 誰かきたら助けてもらいなよ。

まぁいい人だったらいいけど、 悪い人だったらまた犯されるかもね。

祈ってれば? それじゃあね。

オレはドアをあけた。

公衆トイレはカギがあくと開きっ放しになる。

えっ、まって! お願いカギをあけて! 手をガチャガチャしている音が聞こえる。

じゃあね〜 オレは歩き出し一旦トイレを出た。

もちろんほんとに帰るわけがない。

これでミオが変な奴に本当にレイプされたら大変だからだ。

そっと聞き耳を立てると ミオは泣いていた。

鼻をすする音が聞こえる。

30分くらいしたら 他人のフリをして行ってみようと オレはトイレの入り口でタバコを吸って 携帯のメールを返していた。

少し時間がたって オレは様子を見に行った。

わざとらしく足音をたてて。

個室を除くとわざとらしく えっ、どうしたの? ミオは完全に裸。

顔だけそむけているが。

すみません。

レイプされたんです。

助けてください。

そこのカギで手錠をはずしてください。

お願いします! 泣きそうな声だが 必死だったのか前のめりになって声をだしていた。

えーカギどこだろう? わざとらしくとぼけた。

そしてわざとらしく っていうか君ほんとは見せたいんじゃないの? 露出狂なんでしょ〜? そういって近づいた。

違います、助けてください。

お願いします。

ミオは涙がとまらない。

だってさぁ〜 オレはそういいながら無理やり ミオの足を広げた。

濡れてるじゃん。

オレに見られて感じたんだろ。

それにさっきまでこのバイブでオナニーしてたんだろ。

やっぱ変態じゃん。

こんな駅の近くでレイプする奴なんかいないでしょ。

君が見られたかったんでしょ〜。

ミオは 違います。

信じて。

助けて。

お願い。

もうそればかり繰り返していた。

バイブをまたつっこんだ。

あぁ…やめて…お願い… 言葉とは逆に力は抜けたようだ。

また同じように激しく動かした。

もう観念したのか ミオの喘ぎ声しか聞こえなくなった。

あぁ、いくっ また腰をビクンビクンさせてミオはいった。

オレは腕にからまっていたTシャツをミオに着せ ジーパンをはかせた。

気持ちよかっただろ。

カギははずしてやるからパンツはもらっていくぞ〜 といい、片方だけカギをはずして すぐに逃げた。

手錠をされたミオの腕が真っ赤になっていたのを見て やりすぎたかなとも思った。

一週間ぐらいたって 大学でミオにあった。

普段どおり元気そうで安心した自分がいた。

彼氏とは2、3日前に別れたらしい。

レイプがきっかけだったのかなとも思った。

結果作戦は成功したが やるせない気持ちになった。

しかし、それ以来またミオと仲良くなった。

付き合いはしなかったが 酔っ払ってたまにやってしまう事はあった。

いや、結構あった。

今、ミオは大学を卒業後 新しい男と結婚するために同棲してるらしい。

寂しくもあり嬉しくもある。

ただ、今ひとつ気になることがある。

声でばれてたんじゃないだろうか。

オレの声は低く、どっちかと言えば特徴的だ。

ばれてないのか。



いや、ばれてるんだとしたら… さすがに聞けずにいる。

ただ、はっきりと言えることは 今でもミオが好きだと言う事かもしれない。

3Pへの興味



一度恋人に発展したが

「なんか違う」


とお互いに感じて別れた幼馴染がいる。

エロい話も平気でしちゃうような女だが、顔が可愛いので男はよってくる。



ただ皆高嶺の花として見ているようでなかなか彼氏はできないらしい。

というか俺が彼氏だと思われてるっていうのも原因のひとつ。

好きだと思ったコトはないこともないけどでもやっぱり「幼馴染」っていうのは頭から抜けなくて、恋人に発展したのもただお互いフラレタばかりで寂しかったからだと思う。

その彼女の部屋からレディコミッぽい本が発見されたことがキッカケでことが始まった。


いつものように彼女の部屋でくつろいでると、本棚に見慣れない背表紙を発見し

取り出してみてみると「3P特集!」という文字が。

エロいくせに今まで部屋にそんな本がなかったので直接本人に聞くと

「友達が持ってきた」

のだという。

面白いのでからかいながら尋問をしていると

「読んでから3Pに興味が出てきた」

と白状した。

そのときの表情はなんともいえぬ可愛さだった。

「してみる?」

と冗談半分(本気半分)で聞いてみると、悩み始めた。

これはいける!と思って、ひそかに彼女を狙ってるやつの名前を挙げて口説き始めた。

こう見えて意外にガードは固く、断られた。が何日にも渡る説得の末OKが出た。

なんでこんなにもしつこいかというと単純に俺も3Pに興味があったからで、

恋愛感情のない彼女だからできることだったから。

(本命の彼女がいたら、自分と一緒に他の男とするなんて許せん。)

友達に聞くと、あっさりOKが出たので日にちを決め、いざ決戦、

話し合い(?)の結果、親がいないという理由で俺の部屋でやることに。

(俺的におかずにしやすいというのが一番の理由なんだが)

道具とかの準備はしなかったけど、前日はいつも以上に布団の洗濯に気合を入れた。


彼女はテレ気味で部屋に入り、意識してかベッドから離れて座る。

友達がくるまでは2人でたわいも無い会話をして、和み雰囲気だった。

徐々にエロい話もっていこうとするのだが、彼女は黙ってしまった。

そのとき酒持参で友達が入ってきたので皆で少しずつ飲み、テンションをあげる。

彼女は元々そんな飲むほうでもないので、飲んだか飲んでないか分からないぐらいの量で明らか緊張していた。

友達はすでにやる気満々+よった勢いで彼女に後ろから抱きついた。

彼女はうつむいていた。

俺はテーブルと酒を邪魔にならないようにどかして参戦。


まず友達が耳や首すじを攻めて俺は服を脱がせにかかる。

友達が耳をなめるたびに彼女は「ん・・」と身をよじる。

座った状態だと攻めにくいので彼女を倒し、友達→上 俺→下 で再度攻め始める。

寝転がってもその大きさが分かる彼女の胸は気持ちよさそうで、友達は楽しんでいた。

俺はというと、足を撫でるという余裕もなく手マン一直線。

最初は乾いていたが、友達が乳首をなめ彼女が腰をくねくねさせているとともに

あふれるほど濡れてきて、それを感じた瞬間「なめるしかないだろう」と思った。

すでに力が抜けている足を広げて舌でなめ始めると、彼女は我慢できなくなったのか声を上げ始めた。

友「なんか・・いいなw」

俺「アホw」

いつの間にか友達がズボンを脱いでいることに気づいた。そして俺も脱ぐ。

俺たちは目で「入れるか」と合図。

友達は口に、俺はマンこに挿入。(早いな)

友・俺「「あったけー・・・」」

早くもこみ上げてきたので少し静止し、動かし始めた。

友「はぁ・・・・ぁ・・・」


俺「お前の声なんか聞きたくねぇえよw」

友「気持ちいい・・・」

彼女は口をふさがれてるので何もいえなかったが、

友達がさきにイってしまったので彼女の声が聞こえ始めた。

彼女「ン・・・はぁ・・・ァア・・・ァアァ・・・ア・・・」

友「ローター使うよ?」(クリに当てる)

彼女「アァ・・・ァぁぁ・・・ぁああぁ・!・・ぁあ・・・・」

「は・・ぁ・・・ぁあああ・・ぁぁあああ!・・ぁああ・・・」

友「イクとき言って。」

俺「俺。。だめかも・・」

彼女「ぁぁ・・ぁああ・・・だめ・・・いっ。。く・・・ぁぁああぁぁああ!」

ほぼ同時に絶頂を向かえ2人ともぐったり。

今度は彼女がひざ立ちになり、後ろから友達が攻める。

俺はローターを使ったりフェラさせたりとできるかぎりやった。

発見したのは乳首にローターを当てるとビクッっと感じたこと。耳以上に感じていた。

俺は彼女の口に自分のを突っ込んで自分でも腰を動かし、胸にローターを当てていた。

後ろから突かれてそれだけでもいっぱいいっぱいなはずなのに彼女は舌を使っていた。

それがあまりにも気持ちよくて俺は先にいき、クリに当てていた。

友「は・・・ぁ・・・・」

彼女「ん・・・ぁぁ・・・はっぁぁ・・・ぁっ・・・ぁぁ!・・・ぁああ」

俺「イキそう?」

彼女「・・っっっん・・・あぁ・・・だめ・・・ぁ・ああ・ああ・・ぁぁ・・ああ」

友「俺・・イク。。」

彼女「っゃぁあぁ・・やぁあぁ・・あああ・・・ぁっぁあああ!」

二人ともいったようで肩で息をしていた。

友達が極太のバイブも持ってきていたので(どんだけ用意してるんだこいつは)

ぐったりしている彼女を仰向けにし、万歳させて俺がてを抑える。

んで足をこれでもかというぐらいに開いてつっこみ、友達が足を抑える。

最初っから一番強い奴にしておき、俺たちはただ見ていた。

腰をくねらせ、足を閉じようと動いている彼女は、俺たちががっちり抑えているので

若干レイプされているカンジになっていて余計感じている。(多分)

友「すっげ・・・」

彼女「んふっ・・あっぁ・・ぁぁぁ・・・ぁあぁあ・あ・ああああ・・・・」

俺「手、縛るか。俺が足抑えるからお前出し入れしてみて。」

友「よし。」

彼女「やぁぁあ・・ぁあああ・!・ぁ・・・ぁっっっっっぁあああああ・・・・ぁ!」

  「tぁ・・・ああ・・と・・め・・ぁあやぁ・あ・・・」

友「気持ちいい?」

彼女「ん・・ぃあゃあ・・ぁあ・・・ぁ・・・だめ・・・・ぁ・・あぁああああ!・・」

俺「イッタ・・かな?」


親が帰ってきそうな時間だったので服を着て片付け開始。

やりすぎたかと思ったけど彼女はまんざらでもなさそうだった。

友達が先に帰った後二人で話しているときに聞いてみると

彼女「。・・気持ち・・よかった・・・かな・・・わかんない・・www」

俺「めちゃくちゃ声上げてましたけど?笑」

彼女「・・だって・・・初めて・だもん・・2人にされるの・」

俺「またやる?」

彼女「・・・・いい」

俺「しないの?」

彼女「するっていったら・・軽蔑されるでしょ?」

俺「・・・お互い様じゃない?」


結局3Pはソレっきり。

気まずくなることも無いが、本命の彼女ができてどんだけ気持ちいいHをしようが

おかずはもっぱら3Pの時の彼女。

初投稿~

急遽、アメブロから、

ライブドアブログへ変更~

特に意味は無いがなんとなく。。

広告
広告
忍者RSS