実際にあったエロい体験談

実際にあった体験談を広く集めたエロ体験談のまとめサイト! ナンパで中出し、彼女とのハメ撮り、処女喪失、近親相姦、出会い系、社内での不倫・浮気でのエロ体験、イケナイ関係とわかっていながらも人妻との濃厚なエロSEX(セックス)体験、ナースとのエロ体験、学生時代の乱交etc、エロい体験談満載です。是非、ご堪能下さい❤

ネットに投稿されたエッチ体験談のまとめサイト! ナンパ、ハメ撮り、姉・妹との近親相姦体験、不倫・浮気での エッチ、人妻とのSEX(セックス)、ナースとのエロ体験、乱交etc、エロい体験談満載です。是非、ご堪能下さい♥

サプライズと言いながらオレのことを好きなロリ女にクンニしたエロ体験談



オレが以前合コンで出会った女がいる。ルカというその女は29歳、童顔で可愛いのは男が見たら八割がたが思うことだろう。

ルカはオレのことを気に入ったらしい。合コンが終わってから、ルカから連絡が来たくらいだ。

それから毎日のようにラインで連絡を取っている。明らかにオレに気がある様子はわかる。

ただオレからしたら、ルカは妹の様な存在でしかない。可愛いしオレのためにいろいろ気を使ってくれている。

女というのはもちろん感じていた。ただそれはエッチをしたいということであって、恋愛には結びつけられない。

ルカのアプローチをどことなくかわしていたのだが、あまりに何度も誘ってくるルカ。しょうがないので一回くらいはデートをしてあげようと、誘いに乗ることに。

その時にルカは小さいからだながら、頑張ってセクシーな格好をしている。まあ悪くはないが、やっぱり可愛らしいという感じ。

ただ、シャツの開口部から谷間を見せる胸、スリットの深く入ったスカートはオレを勃起させる。

エッチだけでもしてしまおうかと思ってはいたが、こう言う女は一回でもエッチをしてしまうと、しつこくなる。

こみ上げる精子を抑えながら、何とか過ごしと行こうと。思ったが、そうもいかないのが男のサガだ。

せめて挿入だけはしないでおこうと、フェラだけしてもらった。

またルカのフェラの仕方がロリエロな感じだ。しっかりオレの足の間に入り込んで、丁寧にオレの肉棒をしゃぶってくる。

何というか、旅館の女将がおもてなしでフェラをしてくれるような、そんな丁寧な姿だった。しかも胸の谷間を見せて太ももをバッチリだし、色んな箇所を舐めてくれる。

チュポチュポ…そんな音がオレの興奮をアップさせてくる。

おちょぼ口に入るオレのギンギンの肉棒、一生懸命に舐めてくれたおかげで、オレは気持ちよく昇天できた。

そんな印象を残しながら、ある時ルカの誕生日が来る。

正直、オレはルカにお祝いをする気は無かった。おめでとうとラインするだけでいいだろうと。

しかし、実際にはオレの誕生日にはプレゼントをもらっている。そして、最近ちょっとムスコの出会いがご無沙汰していた。

ということで、オレはこれを機会にルカにサプライズを計画する。

ある日、ルカを車で迎えに行き、そして途中からルカに目隠しをした。いかにもサプライズらしいだろう。

その後はルカにはどこだか分からないところで車から下し、オレが手を繋いで案内をする。リカはドキドキだろう。

目隠しをしながら階段を上がり、とある部屋に入る。そこは車で直接入ることができるラブホだ。

しかしルカはそんなこと分からない。

「どこなの…なんか怖いな…あたし」

「大丈夫だよ、オレを信じて。これから楽しいことになるから」

「うん…楽しみ…」

オレはその部屋に入って一番奥までいく。そこの部屋には何と張りつけ台が用意してある。目隠しをしたままのルカの手足をそこに固定した。

「え、え…何…?」

自分の手足が固定されたのは分かっただろう。そのルカに、オレはキスをしながら、堂々正面から胸を揉んだ。

「あ、アァぁん…」

ルカの体がピクッとなる。目隠しされているために体中が敏感になっているのだろう。そんなルカにオレは、シャツを脱がしてブラを外す。

「ヤァん…ちょっと…目隠し取りたい…」

ルカは自分が胸をさらけ出していることに気づいている。そしてオレにその姿をガン見されていることも。

ただ、これから何をされるのかは分かっていない。

オレはルカの乳首を舌で転がす。やはりるから体を反応させてしまった。両乳首を、オレは手と舌で優しく愛撫する。

「あ、アァぁあ…やん…ダメ…あふん…!」

「気持ちいい?ルカ」

「ハァぁあ、アァぁ…!恥ずかしい…アァぁぁ…」

「じゃあ、もっと恥ずかしいことしてあげるね」

オレハルカのスカートも脱がして、パンティーの上から恥部にキスをする。そしてクリトリスの位置をクンニしながら、ゆっくりとパンティーを脱がしていった。

「あ、アァぁ…ヤダぁぁ…!ハァぁあん…やめて…」

「ルカ、こんなイヤラしいアソコをしていたんだな」

オレの舌が直接ルカのクリトリスに当たる。ルカはもう敏感な体が反応して仕方がない。目隠しをされている中で、好きな男に自分の恥ずかしいクリトリスをクンニされているのだ。

しかもオレは手にローションを塗って、乳首をヌルヌルに刺激しながらアソコにも塗ったくる。

もうルカは体が宙に浮いているように熱を帯びてしまっているだろう。その後もオレの指がルカの膣内に入り込んで、Gスポットを細かく振動させる。

クンニと同時進行だ。

「ァっぁぁぁあっぁぁあ…!!ダメダメェぇぇぇ…!やぁぁん…あ、あぁぁぁ…!」

ルカの体が震えまくって、もう何が起こっているのか分からないだろう。手足を固定され自由の効かないところで目を隠されて、胸やアソコをローションで弄ばれる。

さらにクリトリスをクンニされて、Gスポットを手マンされて。

それも好きな男に。

快感と恥辱のコラボ感覚に、ルカは愛液を垂らしまくっていた。もうそのトロトロのアソコは、オレの肉棒を求めている。

「ルカ、これからメインのプレゼントだよ」

「ハァぁ、アァぁ…アァぁん…!ちょ、ちょだい…」

ルカはもう頭の中で一つだけ欲しいものがあるだろう。それをオレはこれから贈呈する。足だけ固定を外して、ルカに高めの椅子に座らせた。

そして足を開いてるかのアソコに挿入するもの、オレのムスコである。

ルカの待っていたオレの肉棒。ゆっくり挿れていくと、ルカはすぐに高揚してしまう。オレのピストンに、もう身体を支配されたくて仕方がないのだろう。

このピストンだけで、ルカは何回も絶頂に達してしまった。

「ハァァぁあ…!!あぁぁん…イク…!イッちゃうぅぅぅぅ…!!!」

何度も何度も絶頂を感じる中、オレもルカの中に昇天をしてしまう。精子というプレゼントを贈呈した。

結局ルカは、目隠しで弄ばれることに快感を得てしまった。オレのサプライズは、さらにルカに惚れられてしまうこととなった。

出会い系を病みつきになりクンニした私のエロ体験談

私は出会い系サイトを長年やってきてたくさんのエロ話を作りました。友達も出会い系サイトをやっていてお互い出会い系サイトで女性とやったエロい話をしています。1回出会い系サイトを辞めようと思ったのですが、エロ体験談を何回も作った私は辞めることができずに今もやっています。今回のエッチな話は出会い系サイトで知り合い比較的早くエッチした話を書いていきます。サイトを使っている時に女性の写真を見るとフェラされている光景が沸いてしまいます。私はクンニしてクリトリスを触ることや舐めることをして女の子が気持ちよくなっている顔をみるのが醍醐味です。まずは女性のプロフィールを紹介します。名前は里香ちゃん、年齢29歳。職業が看護師でバツイチの女性です。身長162cmあり巨乳のスレンダーです。顔は目が細いですが私はエッチができればそれ程可愛くなくてもいいと思っています。肌が色白で巨乳ですからすごくいやらしい身体をしています。出会い系サイト内で私はバツイチの女性を狙いました。理由としてバツイチの女性はすごく寂しい思いをしています。私は介護の仕事をしているのですがバツイチ女性がたくさんいて、メンタルを壊して寂しがっている方が多いからバツイチの女性の気持ちがよく分かるのです。里香ちゃんとはサイト内で、信頼を構築するまで何回もメールのやり取りをしました。すぐにLINE交換を迫ってしまいますと女性は男性のことを怪しい人と思ってしまいすぐに連絡が途絶えてしまいます。ここを耐えて私は1か月ぐらい出会い系サイトでやり取りをしてからLINE交換しています。里香ちゃんも同じような感じで1か月やりとりしてからLINE交換しました。LINE内は無料ですから1日に3回ぐらいやりとりをして趣味や仕事の話をしていました。里香ちゃんは寂しがり屋で必ずLINEの返信は早くて私は「会える」と確信しました。私の期待通り里香ちゃんから「会いたい」と言ってきてくれました。私は即答で「会おう」と言って近場だったので近くのコンビニで待ち合わせをしました。写メを交換していなくて出会ったのですがスタイルはいいのはわかっていたので顔を見るまえ不安でしたが、実際に顔を見て許容範囲内だったので安心しました。ご飯を食べにいくことになり、イタリアンレストランで食事をしました。里香ちゃんは胸が大きいので洋服の上からでも目立ちました。ご飯を食べていても胸を気にしてしまいエッチな気分になってしまい私は勃起しながらの食事でした。1回目でエッチをしようと思っていなくてご飯だけにしました。別れ際に私から「今日は楽しかったからまた会いたい」と言って手を握り笑顔で別れました。その後LINE内で毎日やり取りをして今度は私から里香ちゃんに「また会いたい」と言って会うことになりました。2回目のデートでエッチをしようと思っていた私はドライブをしてコンビニで購入した飲み物とサンドイッチを食べて夜の公園で話をしていました。ある程度会話してから私はもうエッチしたくなってしまい、 里香ちゃんの手を握って「キスをしてもいい?」と聞いたら「うん」と答えてくれました。2回目のデートでキスはお互いの親密感がないと拒否されてしまいます。私と里香ちゃんはかなり親密感があったからキスができたと思っています。手を握り、目を閉じた里香ちゃんの唇にキスをしてみたら里香ちゃんから舌を絡ませてきました。かなり積極的にキスをしてきたから私は驚きと嬉しさの両方がありましたが、積極的なキスをしてくれたから期待に応えないといけないと思い舌を絡ませて濃厚なキスをしました。濃厚なキスをして里香ちゃんの洋服の上からおっぱいを触り上着を脱いでもらいブラジャーを外して大きなおっぱいが出てきました。私は巨乳で形が整っている胸をまずは優しく揉んでから乳首を吸ってあげました。里香ちゃんは乳首を舐めると興奮して「そこいい」と言って感じていたので、もっと気持ちよくなってもらいたいと思い唾を乳首につけて軽く噛んで舌で激しく乳首を舐めました。おっぱいを触った後に下半身に手をやってスカートの中に手をいれてパンティーの上からおまんこを刺激しました。クリトリス付近も触ってあげてからパンティーの中に手をいれてみた時にもうかなり濡れていて、私は一気にパンティーをおろして手マンをしてあげました。手マンした時に「クチュクチュ」と音が鳴って気持ちよさそうにしていたから嬉しくなって激しく手マンをしてしまい、クンニもしたくなり車の助手席のシートを倒しておまんこを舐めてあげました。最初に膣の中を舌で舐めてからクリトリスを舐めて10分間ぐらいクンニを続けていました。私も気持ちよくなりたくなってしまいズボンとトランクスをおろしてフェラしてもらいました。車の中でフェラされて外の風景をみるのはすごく興奮してしまいました。睾丸の方も舐めて欲しくて「こっちも舐めて欲しい」と言ってみたら里香ちゃんは黙って睾丸を舐めてくれました。舌で睾丸を舐めるとくすぐったさと気持ち良さの両方がありましたよ。コンドームを購入してあったのでコンドームをはめて、助手席に里香ちゃんを寝かせて挿入しました。おまんこはかなり濡れていたので入りやすくて締まりもよくキスをして腰を徐々に激しく動かしていきました。車の中ですと狭いからいろいろな体位はできませんから、正常位で精子をだそうと考え、集中して私は「ハアハア」言いながら息を里香ちゃんの耳元にかけて腰を激しく動かしました。かなり気持ちよくなって「いくいく」と言って精子をおまんこの中に出しました。コンドームをはめているから妊娠の心配はなくて精子が最後まで出るまでおまんこの中におちんちんを入れていました。おまんこからおちんちんを抜いて大量の精子があるコンドームを縛って、里香ちゃんはお掃除フェラを自分からやってくれました。すごく丁寧にお掃除フェラをしてくれて私はこの子とエッチできてよかったと心の底から思いました。その後は定期的に会ってエッチをしています。出会い系サイトを今でもやっていて他の女性と会うために頑張っていますよ。鬼畜と思われるかもしれませんが、せっかく生まれてきて気持ちのいいことができるから私は出会い系サイトをこの先を使っていき女性とエッチを楽しんでいきたいと思っています。

でフォロワー増によりフェラされた私のエロ体験談

私はSNSを今年からフル活用して毎日介護の投稿していきました。そうしたらフォロワーがすごく増えて介護職員の女性から好かれるようになりました。私は40代で今まで複数の女性とのエロ話があります。風俗体験談のエロい話や不倫したエロ体験談や出会い系サイトでのエッチな話です。SNSでのエロ体験談は今年に入ってからです。まさかSNSで女性と出会いエッチができてフェラやクンニしてクリトリスも触ることができるとは思ってもいませんでした。それでは出会った女性のプロフィールを紹介します。名前は凜々花ちゃんです。仕事は介護職員をしていて年齢34歳です。容姿は髪がストレートヘアのセミロングで目が大きくて華奢な体つきをしていますが、下半身はムチムチしていてエッチな身体です。胸は小さいのですが私は顔が可愛ければ胸の大きさは気にならないです。凜々花ちゃんと待ち合わせはお互いの中間点の駅で出会いました。LINE交換をしていて電話でも話していたので、凜々花ちゃんは安心して私と出会ってくれました。毎日介護について投稿している内容も真実で真面目にしていたから信用性もあったのは間違いないです。駅近くの喫茶店に入りご飯を食べました。その日はご飯だけで、別れました。比較的近い距離に住んでいるので、いつでも出会えると思っていました。可愛かったので私はまた出会いたくなり、凜々花ちゃんに「また会いたい」と伝えました。凜々花ちゃんは予定をつけてくれて後日会うことに成功しました。フォロワーが多くなると、女性は錯覚して私のことをファンになってしまい、好きになる傾向があります。私は凜々花ちゃんが私に好意があることは伝わっていたので、エッチできるのではないかと考えるようになりました。実際に会いまたご飯を食べてから私は駅近くを一緒に散歩している時に凜々花ちゃんの手を握って手を繋いで散歩しました。私は「これはエッチができる」と確信して凜々花ちゃんに「イチャイチャしたい」と言ってラブホテルに誘いました。凜々花ちゃんは「うん」と小さな声で恥ずかしがり答えてくれて、近場のラブホテルを検索してからホテルに向かいました。私はエッチができると思うと興奮してしまい、勃起した状態でラブホテルに向かいました。ホテルに到着してから、私はすぐにお風呂に入り、シャワーを浴びました。浴槽にお湯を貯めてゆっくりお風呂に浸かり凜々花ちゃんとのエッチできることを考えながら、おちんちんを触って軽くオナニーをしていました。エッチをする為に身体を綺麗にしないと思い、おちんちんに石鹸をたくさんつけて、身体を洗いました。お風呂から出てから、私はベッドの中で待ち、凜々花ちゃんがお風呂に入っていきました。コンドームのある位置や部屋の中を物色して、凜々花ちゃんがお風呂から出てくるのを待っていました。お風呂から出てきた凜々花ちゃんをベッドの中に誘いキスをしてエッチを開始しました。まずは軽くキスをしてから濃厚なキスにかえました。可愛い顔をしている凜々花ちゃんに「可愛い顔をしていてタイプ」と言ってあげた時はすごく喜んでいました。 濃厚なキスを長時間してから頬やおでこにキスをして私は胸を触りました。小さなおっぱいが見えてきて乳首は黒くなくて赤でした。私は黒い乳首が正直好きでないから赤い乳首で安心しました。乳首をたくさん舐めてあげて、小さなおっぱいを揉んであげた時に凜々花ちゃんから「私は胸が小さくてコンプレックス」と言ってきたから「可愛いおっぱいだよ」と頭を撫でてあげて乳首を舐めておっぱいをたくさん揉んであげました。フェラして欲しかったですが先にクンニしてクリトリスを触りたくて、おまんこを舐めてあげました。膣を舐めてからクリトリスを触って舐めてあげた時に凜々花ちゃんはかなり気持ちよくなっていて「気持ちいい」と言ってくれたから嬉しくなった私は、一生懸命にクンニして手マンをしてあげました。かなり濡れてしまっていて私は音を立ててマン汁を吸ってあげました。凜々花ちゃんは「恥ずかしい」と言っていましたが、「大丈夫」と声をかけてクンニを長時間してあげました。私も気持ちよくなりたいのと、おちんちんがかなり大きくなっていたので「こっちを舐めて欲しい」と言ってフェラをお願いしました。凜々花ちゃんは「うん」と言ってくれておちんちんを舐めてくれました。梨々花ちゃんのフェラは最初に軽くおちんちんを咥えてから口と手を動かしてフェラしてくれました。特によかったのは睾丸を舐めてくれている時に私の顔をみて竿の方を手こきしている時は最高でしたね。フェラを長時間やってくれた後に私から「舐めっこしたい」と言ってシックスナインをしました。凜々花ちゃんのお尻の穴が見えましたが綺麗だったので気にならなく、おまんこを舐めてあげました。凜々花ちゃんを気持ちよくさせたいと思って一生懸命に舐めてあげたら、凜々花ちゃんも私のおちんちんを丁寧に一生懸命に舐めてくれました。そろそろ入れたくなってコンドームをはめて正常位の体位で挿入しました。最初いれる時、私はおちんちんにたくさん唾をつけて、入りやすいようにしました。本当はローションをつけて挿入したかったのですが、最初のエッチでローションを使うことに抵抗がありローションは使用しなかったです。入れてから子宮がおちんちんにギュッと締め付けてきてくれたからすごく気持ちよくなって徐々に激しく腰を動かしました。可愛い顔をしている子とエッチできるからキスを耳元で「気持ちいい?凜々花ちゃんのあそこすごく締まっていて気持ちいいよ」と言ってあげたら、おまんこが濡れているのがすごくよく分かりました。私はバックに体位をかえて、後ろからバックで入れておっぱいを揉んであげてキスもしました。後ろから支配できて私は至福の瞬間を味わいながらエッチを楽しんでいました。我慢できなくなり入れたまま「いくいく」と言って精子を出してしまいました。おちんちんをおまんこから出してコンドーム内を見た時に精子がたくさん出ていました。凜々花ちゃんと最高のエッチができて本当に幸せな気持ちになりました。SNSで出会いを求めていなかった私は今回の体験をしてしまったせいか女性との出会いをSNSで求めるようになってしまいました
よ。美味しい体験談を今後も積み重ねていきたいと考えています

職場の男性に絶対負けないでクンニできた私のエロ体験談


私は既婚者の40代の男性です。今は別居して実家にいますよ。独身の時にたくさんのエロ話を作ったのですが結婚すると妻の目を気にしてしまいなかなかエロ体験談ができなくて友達に風俗に行ったエロい話しかできなくてつまらなかったのですが、別居してから出会い系サイト等でエッチな話をたくさん作ることに成功しました。女の子にフェラさせてクンニした時に一緒にクリトリスを舐めることで女の子が喜んでくれた時はすごく興奮します。今回のエロ体験談は出会い系サイトで一生懸命に探して出会いエッチをした女の子の話を書いていきますね。女の子の名前は綾香ちゃんでバツイチです。年齢28歳で医療事務をやっています。容姿は髪が黒色ストレートで目が大きくて笑顔が素敵な子です。身長154cmと普通で痩せていますが胸は大きいです。洋服を着ていると一見胸がないように思ったのですが脱いでみたらDカップで大きかったです。肌も白い方でエッチな身体をしています。綾香ちゃんには出会い系サイト内で2か月やりとりをしました。サイトのポイントは結構使いましたがエッチがしたかったので我慢しました。サイト内で信頼をされるようになってLINE交換してからエッチの話もできるようになりました。綾香ちゃんはすごく明るくてエッチな話もしても笑って答えてくれます。時々エッチな話をすると恥ずかしがることもありますが、私は恥ずかしがっている姿をみると、とても興奮してしまうのです。綾香ちゃんとごはんの約束をして出会い写真交換していた通りの可愛い子でした。ご飯を食べている時には大きな胸は分からなかったです。綾香ちゃんと仕事の話や趣味の話をしてご飯を食べ終わり、ドライブに行くことになりました。ドライブの最中に私は綾香ちゃんとエッチをしたい気持ちでいっぱいで、エッチするチャンスをうかがっていました。夜の公園に車を停めて話をしている時にエロ話になって私は興奮してしまい綾香ちゃんに「キスしてもいい?」と聞いたら「積極的。いいよ」と言ってくれてキスをしてしまいました。もう我慢できなくなった私は綾香ちゃんの服の上からおっぱいを触ってみた時にかなり大きくて「大きいね」と言ってしまい、綾香ちゃんはかなり恥ずかしがっていました。車の中で私はエッチをしたことは何回かあったのですが、ゆっくりと落ち着いてエッチをしたいと思ったので「ラブホテルに行こう」と言って車を動かしてラブホテルに直行しました。綾香ちゃんは車の中で静かで少し緊張している感じで、ホテルに到着してからもあまり話さなくて私から「緊張しているの?」と聞いてみたら「うん」と答えていたのでギュッとハグをしました。綾香ちゃんのおっぱいが私の胸に当たり女性のぬくもりを感じていて、 このままベッドに行きすぐにエッチをしたかったのですが、流石に汚い体でエッチはお互いにしたくはないと思ったので私からお風呂に入りにいきました。浴槽内で私は大きくなったおちんちんを触ってオナニーをして「このおちんちんを触ってくれてフェラしてくれる」と考えるだけでかなり興奮してしまいオナニーでいけそうな感じでした。おちんちんは張り裂けそうに大きくなっていて、我慢汁も出ていたと思います。ボディソープで綺麗におちんちんや脇などを綺麗に洗って綾香ちゃんとのエッチに備えました。お風呂から出て私は綾香ちゃんに「お風呂に入っていいよ」と言ってテレビを観ながらスマホを操作していました。出会い系サイトで知り合い、1回目でエッチができることはなかなかないので私はすごく嬉しくて友達にLINEして「今から女の子とエッチをするよ」と送信してしました。綾香ちゃんがお風呂から出てきて部屋を暗くしてからエッチを始めました。キスを軽くして「可愛いね」と言ってあげた時に照れた顔をしていたので瞼にもキスをしてから舌と舌を絡めた濃厚なキスをしました。綾香ちゃんは舌を絡めるのが上手くてキスを長時間してからおっぱいを揉んで乳首を舐めました。綾香ちゃんはおっぱいが感じるみたいで喘いでいました。もう私は頭の中が興奮して真っ白になりフェラして欲しくなり「舐めて欲しい」と言ってフェラしてくれました。綾香ちゃんのフェラはゆっくり丁寧で竿の部分を下からゆっくりとアイスクリームを舐めるみたいに舐めてくれた後で金玉も丁寧に舐めてくれました。私のチン毛は剃っていないので時々、チン毛が抜けて綾香ちゃんの口の中に入ってしまいました。フェラをかなりしてくれてから「自分も気持ちよくしたい」と言ってクンニをしてあげました。膣を丁寧に舐めてからクリトリスを触ってから舌で舐めてあげた時も「気持ちいい」とかなり喘いでいたのですごく興奮しました。おまんこはピンク色でとても綺麗で私は熱心に舐めてあげていた時に、我慢汁がかなり出てしまいました。もう我慢できなくなってしまい「いれたくなってしまった」と言ってコンドームをはめて正常位で入れました。入れた時に膣がおちんちんをギュッと締め付けてきて徐々に腰を動かして気持ちよくなっていきました。正常位の後にバックで突いてあげて胸を揉んでキスもしました。バックのエッチは女性を支配しているみたいですごく快感で私は我慢できなくなってしまい「いきそう」と言っておまんこからおちんちんを出してお尻に精子をかけました。綾香ちゃんも「気持ちよかった」と言ってくれてお互い満足したエッチができてよかったです。その後、綾香ちゃんとはセフレの関係になることに成功しました。別居しているから不倫もバレなく綾香ちゃんと会うことができます。1回目のエッチよりも2回目、3回目とエッチを重ねるごとにエッチの場所やエッチの仕方をかえていき、楽しいエッチができていますよ。私みたいにセフレの関係になっている男性は世の中多いと思いますが、実は私は複数の女性とセフレの関係になっています。複数の女性とエッチができて、毎日楽しく暮らしています。ホテルでエッチするのはお金がかかるので車の中でエッチをすることが多いですよ。私はこれからも複数の女性とセフレの関係を作っていきたいと思っています。別居で人生終ったと思っていますから怖いものなしです。自慢みたいになってしまいましたが、私はセフレ作りの努力をかなりしていますから、皆さんもセフレを作るならかなりの努力が必要ですよ。


こんな男でも女性からフェラされた私のエロ体験談


私は40代の男性です。私の容姿はイケメンでもなく、頭の回転も悪くてお金を稼ぐ力もないですが、たくさんのエロ話があります。介護の現場で女性と出会うことが多いのと私は女性の悩みや話を徹底的に聞いて信頼を勝ち取り女性から好んでもらいエロい話が自然とできましたよ。エロ体験談を自慢しているつもりはありません。男性に希望を持って頂き、自分でもエッチな話を作ることができると思ってもらえるとありがたいです。私はエッチが自分で語るのもなんですが大好きで風俗にもいき女性とのエッチな経験を増やしていきました。今回のエロ体験談は職場での不倫体験談になります。介護職員の女性からフェラをうけて私もクリトリスを刺激してクンニしてあげました。それでは女性のプロフィールを紹介します。名前は友美ちゃんです。年齢29歳。身長155cm。先ほども書きましたが介護職員をしています。シングルマザーで自分に自信がない子ですが見た目は比較的可愛い感じです。前は太っていましたがダイエットをして痩せて可愛くなりました。化粧をあまりしなくても目が大きくて色白でおっぱいが大きいから一緒に働いていてエッチな目で見てしまいます。シングルマザーになり友美ちゃんからシングルマザーの立場の悩みをひたすら聞いていくうちに既婚している私のことを好きになってくれました。私は友美ちゃんに「不倫はしたくない」と言ったのですが、友美ちゃんから「不倫でもいい」と言われてしまい二人きりで遊びにいきました。どうしても職場の異性と遊びに行くと周りの目が気になりましたから食事は個室にして車でドライブが多かったです。ドライブに行き、駐車場に車を停めて車内でゆっくり話している時に友美ちゃんから抱きついてきました。私はびっくりしたのと嬉しさの両方がありましたがギュッとハグをしてキスをしてしまいました。不倫関係の成立ですね。濃厚なキスが好きな友美ちゃんは積極的に舌を絡めてきたので私も激しいキスをしました。このまま車内でエッチをしてもしようと考えましたが、ゆっくり落ち着いた場所でエッチをしたくて「ラブホテルでイチャイチャしよう?」と聞いてみたら「いいよ」と心地良い返事が来てラブホテルに向かいました。ラブホテルに向かっている最中に私のおちんちんはかなり大きくなってしまい我慢汁も出てしまっていました。友美ちゃんに、おちんちんが大きくなっていることを知らせようと「こんなに大きくなってしまったよ」と言ったら「私のことを思って大きくなってくれて嬉しい」と言ってくれたから更に嬉しくなってしまいました。ラブホテルに着いてからすぐに私はお風呂に入りにいき綺麗な身体にしてエッチの準備を開始しました。おちんちんを丁寧に洗ってから脇や足なども丁寧に石鹸をつけて洗いエッチに備え万全な体制でいました。お風呂から出て友美ちゃんに「シャワーを浴びてきて」 と伝えて私はベッドで横になりスマホを触っていました。ベッドで興奮してしまい私はおちんちんを布団に擦り付けてオナニーをして友美ちゃんがお風呂から出てくるのを待っていました。久しぶりのエッチだったのですごく緊張してしまい、落ち着かなくなり部屋の中をウロウロとしていました。友美ちゃんがお風呂から出てきてベッドに横になり「恥ずかしいから部屋を暗くして」と言ってきたので電気を消してエッチを始めました。私はおでこに軽くキスをしてから友美ちゃんの唇を軽くキスして舌と舌を絡ませました。友美ちゃんの舌はとても柔らかくてずっとキスをしていても飽きない感じでしたね。私は友美ちゃんの大きなおっぱいを触って「大きくて感触が最高だよ」と言ってあげて乳首を舐めてあげました。乳首を舐めた時に友美ちゃんは「気持ちいい」と声を出して演技ではなくて、本当に感じてくれていたので嬉しくなってたくさん乳首を舐めました。おっぱいも両手で胸を覆うように揉んでから、下半身に手を伸ばして、おまんこを触りました。触ってすぐに濡れてきてしまっていたので、もっと濡れて欲しいと思いクリトリスも一緒に触って刺激した時「いっちゃうよ」と大きな声で喘いでくれて私は半端なく興奮して勃起してしまいました。おまんこを触ってからクリトリスを舌先で丁寧になめてから膣を舌で舐めまわしクンニしてあげました。友美ちゃんはクンニされることが大好きで私は友美ちゃんが喜んでいる姿を見たくて熱心に舐めてあげました。おちんちんを早く舐めて欲しかったのですが友美ちゃんが感じてくれていたので「もっとたくさん舐めてあげよう」と思いクンニと手マンの両方をしました。10分ぐらいクンニしてあげてから友美ちゃんから「私も舐めてあげるね」と言ってきてフェラをしてくれました。友美ちゃんのフェラは結構激しくて私が求める優しいフェラではなかったのですが一生懸命にフェラしてくれたので「優しくフェラをして欲しい」とは言えずに激しいフェラを受けていました。睾丸の方も下で舐めまわしてくれて私は入れたくなってしまい「そろそろ入れよう」と言ってコンドームをはめてから正常位で挿入しました。入れてから腰を軽く動かしただけで友美ちゃんはかなり感じて気持ちよくなっていたので徐々に腰を動かしてエッチを楽しみました。友美ちゃんの顔をみていた時に「そんなに見られると恥ずかしい」と言ってきたのでキスをしてあげて激しく腰を動かしました。私はもう気持ちよくなってしまい精子がいつ出てもおかしくない状態でエッチをしていました。友美ちゃんをもっと気持ちよくさせたいと考えて腰を動かすのを止めようと思いましたが、友美ちゃんがかなり感じてくれていたので腰を激しく動かすことを続けて我慢できなくなってしまいコンドームをはめていたのでそのまま、おまんこの中に精子を出しました。おちんちんをおまんこから出して、どのくらい精子が出ているかみた時、かなり大量の精子が出ていたので友美ちゃんから「たくさん出ている」と言われ照れました。友美ちゃんはなんとお掃除フェラもしてくれたので頭を撫でてエッチを終了しました。その後友美ちゃんとは不倫の関係をしたのですが、他の男性のことを好きになってしまい不倫の関係は終了しました。しかし、私みたいな不細工で取り柄のない男でもエッチをして好きになってくれたことに感謝しています。
広告
広告
忍者RSS