これは当時23歳の私が絵画のヌードモデルをした時の話です。
モデル依頼をしてきたのは男友達Nで彼は高校のデザイン科を卒業しており絵を描くのがとても上手でした。
大人になってからも趣味で絵を描き続けており、人物を描きたいということで私に相談をしてきたのです。
この時はまだヌードという訳ではなく普通の服装で描くだけだと言う話だったので快くOKしました。
約束の日、Nの家に招かれ自室に通されましたが、何度か訪れたことがあるので特に緊張することもありませんでした。
ポーズ指定や目線など的確な指示をテンポよくしてくれたので戸惑いながらもモデルになりきることができました。
一枚目が描き終わっただけで身体はカチコチでしたが、完成した絵を見せてもらうと本当に素敵でした。
思わず見入っていると不意にNが「もし○○がよかったらヌードも描かせてもらえないかな?」と聞いてきました。
えっ?と思いましたが続けてNは「ヌードはなかなか描けるものでもないし、○○の絵を描きたい!」と言ってきたのです。
私は最初こそ渋っていましたが、仲のいい男友達であるNを信頼していたので「いいよ」と答えました。
Nは驚いた様子で「本当に良いの?無理しなくても大丈夫だよ?」と聞いてくれましたが、私自身、自分のヌードはどんな風に描かれるんだろう?と興味があったので「大丈夫だよ」と言いました。
まさかヌードになるなんて思っていなかった私は下着を身につけていたので身体に残った痕を消すために、しばらくの間下着を脱いで過ごすことになりました。
その日は身体のラインがよく見えるようにとピッタリとしたトップスを身につけていたので、乳首のラインが浮き上がってしまい気が気ではありませんでした。
Nはそんな私を気遣い大き目のシャツを羽織らせてくれました。
やっぱりNは信頼できるな…そんなことを思いながら一時間ほどおしゃべりをしたり、絵を見せてもらったりして過ごしました。
身体に付いた下着の跡が消えたのでそろそろ始めようかとなったときNはもう一度「本当にいいの?止めてもいいんだよ?」と聞いてくれました。
一瞬迷いましたがやっぱり好奇心の方が勝ったので続行することになりました。
いざ脱ぐとなるととても恥ずかしかったのですが、変に恥ずかしがっていると雰囲気が悪くなると思い潔く上半身を脱ぎました。
小ぶりな胸なので恥ずかしさでいっぱいでしたがNは「形も良くて色も綺麗だよ」と言ってくれました。
そしてスカートが床に落ちた瞬間、私は一糸まとわぬ姿になりました。
Nがどぎまぎしながらも「教科書に出てくる身体くらい綺麗だ」と言ってくれたので私は少しだけ安心することができました。
Nの股間が大きく膨れていることには気づいていましたが、一生懸命理性を抑えてくれました。
身体のラインが良く見えるようにと、ベッドにやや斜めに座ったポーズに決まりました。
ポーズの微調整のたびにNの手が触れ身体が熱くなりました。
しかし、Nは画家の目をしており至って紳士的でした。
描き始める前に鉛筆で身体の比率を測っていたのですが、不意に鉛筆の先端が私の乳首に触れてしまいました。
思わずビクンっとなってしまいNも「ごめん…」と言っていましたが、私は顔を上げられないほど羞恥に耐えていました。
比率の測定も終わり、写生に入ってしまえば画家とモデルの関係です。
程よい緊張感の中モデルとしてポーズを取り続けました。
Nの顔を見ていると自分のどこを見られているのかがよく分かりました。
Nはどんな気持ちなんだろう?そんなことを思っているうちに絵は完成しました。
小ぶりだけど形の良い乳房、薄目の乳輪、黒々とした陰毛・・・淫靡な身体をした私が描かれていました。
一目見ただけで絵の虜になってしまうほど惹きつけられるものがあり、凄くその絵を気に入りました。
「私ってこんなに綺麗じゃないよー」と言うとNは「そんなことない。本当に綺麗な身体だよ」と褒めてくれました。
恥ずかしさと嬉しさでいっぱいでしたがモデルになってよかったと心から思いました。
裸のまま話していたので、急に恥ずかしくなった私は服を着ようとしましたがNに突然抱きしめられ「ごめん。綺麗過ぎて…少しだけ触れたい」と言われました。
私も変な気持ちになっていたせいか「おっぱいだけならいいよ」と答えると優しく乳房に触れてきました。
しかし、Nは本当に触れただけで何もしませんでした。
「これ以上すると友達に戻れなくなる」そういって私に服を羽織らせてくれ、その後は一切触れることはありませんでした。
少しもどかしいような気持ちでしたがNの誠実な対応には驚きました。
その後も何度かヌードモデルを引き受けましたが、いやらしい雰囲気になることもなくモデルとして私を扱ってくれました。彼とは今でも友人関係が続いていますが、裸になる瞬間の独特の雰囲気を思い出しては一人でオナニーをしてしまう夜もあります。