僕がまだ二十歳過ぎくらいの時です。当時は同い年の彼女がいました。彼女は一人暮らしをしていて僕は実家暮らしだったために、よく彼女の家に泊まりに行くことに。

その彼女はとても寛容な人で、僕がよくお邪魔するようになってからはすぐに合鍵を作ってくれて僕に渡してくれました。信用されてるのは嬉しかったです。

彼女の家には週に一回か二回泊りに行く感じでしたが、あるとき大変なエロハプニングが起きたのです。



僕が仕事を終えて彼女の家に向かうと、彼女はまだ帰ってきていませんでした。メールで上がらせてもらうねと一言入れておくと、割とすぐに了解との返事。どうやら仕事が残業しているらしい。

僕は逆に早上がりくらいのシフトだったので、彼女が帰るまではまだ時間があるだろうと思い、先にビールを一本だけ空けて飲みながらくつろいでいました。

こんな事も珍しいのですが、仕事の疲れがたまっていたのか僕はついうっとりと寝てしまうことに。まあそれでも彼女が起こしてくれるという気もあったので、しっかり彼女の布団をかぶって寝ていました。



数時間ほど寝ていたでしょうか、僕はふと目が覚めるとお風呂場からシャワーの音。ちょっと寝ぼけていた感じもありましたが、彼女が帰ってきてシャワーをしているのでしょう。せっかくなので僕も一緒にシャワーを浴びながらイチャつこうと思い全裸に。

風呂場を開けたらシャンプーをしている彼女。

「おつかれー!ちょっと寝てたわ」

そんな挨拶と共に、髪を洗っている彼女の後ろから抱き付いて胸を揉みました。

「きゃ!な、なに…!?」

「たまには僕が体洗ってやろうか?」

僕は大きくなっているムスコを彼女の背中にこすりながら、手にハンドソープをつけて彼女の胸だけでなくアソコにも手を伸ばして愛撫するように洗ってあげました。

「い、いやぁん…なんなの?お、男…!?」

シャンプーを洗い流しているので視界が塞がれている彼女の手を掴んで、僕のムスコを握らせました。

「僕のも洗って」

彼女のクリトリスをいじりながら首筋を舐めて囁く僕。彼女は一瞬ピクッとしたものの、僕は何かいつもと違う感じと思いました。

「あぁぁん…ちょ、誰なの!?」

顔に残るシャンプーの泡を洗い流して後ろを振り向く彼女…と思いきや、僕の目に映ったその女性は彼女ではありませんでした。

「え!?え、?誰ですか!?」

お互いがそんな表情です。一瞬固まった空気が流れました。とりあえず苦し紛れに僕が口を開きます。

「ミイじゃ…ないね…?」

ミイとは彼女の名前です。その返事をする謎の女性。

「わたし…ミイの姉ですが…」

胸を隠しながら怯えたように答えてくれました。まさかの彼女ではなく姉って!なんで?僕も頭が混乱します。それは姉もそうでしょう。

ミイの姉は26歳でユリと言うらしいです。たまに僕の彼女の家に入っているらしいのです。やはり合鍵を渡しているらしく、割と自由に出入りしているとのことでした。

ただ、ユリにも彼氏がいますので3か月に一回くらいの出入りとのこと。今日はただ旅行のお土産を渡しに来たとか…。

ユリはミイと体型がほぼ一緒で、小柄な少しだけぽっちゃり感のある女性です。なのでシャワーをしている後姿では見分けがつきませんでした。と言うより、姉がいるなんて思いもよらなかったですし。



僕がミイの彼氏と教えると、ユリも少しはホッとしたようですが、とりあえずお互い裸でしかも性器を触り合っていたのは事実です。僕はとりあえず謝って出ようかと思っていましたが、ユリは僕のビンビンのムスコを握って、急に口に含みました。

「まあ、せっかくだから…少しだけ…」

ユリは僕の肉棒をフェラしてくれて、同時にタマをボディーソープをつけた手でモミモミと洗ってくれます。それが何とも気持ちの良いものでした。

「ミイとはどんなエッチをしてるの?」

ユリは僕の肉棒を摩りながら裏筋を舌先でチロチロしてくれたりと、フェラのテクはなかなかのものです。

「僕が一方的にミイの体を愛撫して、挿れてます」

真面目に答える僕。

「そっかー、ミイはマグロタイプだもんね、私と違って。こんなことしてくれないでしょ?」

ユリは両手にボディーソープをつけると、肉棒を両手でしごきながらカリの部分をしゃぶってくれます。ユリの得意のフェラと言っていました。これがもう気持ちよすぎて、もう昇天しそうです。

「もしかして、もうイキそうかな?」

ユリのその質問をされたとき、僕は我慢できずに返事をする前に射精してしまいました。ユリの口に大量の精子が流れ出ていきます。

「あらぁぁん…こんなにいっぱい…ミイとはご無沙汰なわけじゃないでしょ?若いからすぐ溜まるのね…」



ユリは僕の精子をシャワーで洗い流して一緒に湯船につかりました。こんな状況になると僕も普通ではいられません。僕は温かいお風呂の中で後ろから再びユリの乳首をいじったり、クリトリスを愛撫しました。

「あぁぁん…あ、あんん…」

悶えながらキスをしてくるユリ。お風呂のお湯のせいもあってお互いの体が熱くなってきたころ、ユリは湯船のへりに座って足を開いて言います。

「ね、ねぇ…私のも舐めて…」

ユリは大きく足を広げると、僕の目の前にマンコが現れます。陰口の部分の下から少しずつ舌先を震えさせながら舐めていくと、ユリは風呂場にエロい声を響かせました。

「はぁぁんんん…あぁんん…そ、それ、ゾクゾクしちゃう…!」

そのままクリトリスをクンニし始めると、ユリは僕の頭を押さえて喘いでいました。その姿はミイとは違い、僕の興奮をどんどん刺激してきます。

クンニをしながらも膣の中を指でいじったり、胸を揉んだり腰に指を這わしたり…ユリの体が興奮のマックスのなろうとしてきます。

「あああぁぁん…!私もう我慢できない…あ、あぁぁ…ヤバい…!」

ユリの体がピクついた瞬間、イってしまったようです。ユリは湯船に入り僕に抱き付きながら吐息を荒くしていました。その間にも僕はムスコをビンビンにしています。

強引にユリのアソコに挿入して、お風呂のお湯を激しく揺らしながらお互い気持ちよくなりました。

「ぁぁぁ…あん、あんん…気持ちいい…」

ユリの喘ぎ声に反応したムスコは、ユリに中出しをしてフィニッシュです。



僕らはお風呂を上がり、何事も無かったかのように服を着ます。ユリはゆっくりしていく予定でしたが、今更気づいたミイからの返事「ごめん、今日彼氏来るから」と言うのを見てすぐに帰ることに。

帰りにもう一度キスだけして、ユリは家を出ました。

ミイが帰ってきて、再び今度はミイとお風呂エッチしましたが、違和感を感じていないか心配です。