ここだけのエロい話です。もちろん妻には絶対内緒ですが、妻の長年の友達とカーセックスをしてしまいました。

僕は34歳、妻は32歳で特に問題もなくうまく行っています。


妻には飛鳥という、同じく32歳の同級生の友達がいて、結構美人です。

30代ですが、まだ独身だからか20代のようなツルツルお肌で、僕は妻という存在がいながら、前からちょっと気になっていました。

しかしそれまでは僕と妻と飛鳥の3人で会うのが当然で、もちろん僕と飛鳥だけで会うことはありませんでした。

しかしなんとなく僕は、飛鳥が僕のことを男性として見ているのを感じ取っていました。


そんなある日、妻が別の友達と旅行中なのを知っているのに飛鳥の方から連絡してきて、二人で食事をする機会がありました。

なんとなくデートっぽいイケナイことをしているような雰囲気になり、それでも一応食事中はあくまで男女を意識しないように取り繕っていました。


ショッピングモールでの食事の後で駐車場に戻る途中、なんとなく飛鳥の方からわざと僕に肩を押し付けるようにして、付き合っていない男女としては近すぎる距離で歩いてきました。

駐車場までの距離は数分でしたが、僕は思い切って手を飛鳥の方に出すと、飛鳥の方も優しく握り返してきました。

僕はわざと飛鳥の手の指の間を擦ったり、手マンするような動きでクリクリと動かしたり、手の指の股の部分を無理矢理押し広げるような、明らかにエロい手つきをしました。

言葉では何も言わなかったけれど、飛鳥のことを指の仕草だけで誘惑しました。


駐車場で助手席に飛鳥を座らせると、飛鳥の目は完全にメスの目になっていて、うっとりと目が潤んでいました。僕は車を発進させて、飛鳥の家に送るのとは別の方向の河川敷の人気のない駐車場に車を止めました。

飛鳥は何も言いませんが、明らかにこの後僕がしようとしていることに気付いていて、すでにそれを受け入れています。


駐車場に着くと僕は飛鳥を優しく抱き寄せて、フッと耳の穴の中や耳の後ろに熱い息をわざと吹きかけると、飛鳥は体をビクッとさせながら「イヤン」といやらしい声を出しました。


僕は飛鳥を困惑させるように、どんどんうなじや耳の後ろを撫でて行き、その後でついに薄手のブラウスの上から飛鳥の大きな胸を触りました。

飛鳥は胸が性感帯だったようで、「ウアアアン!」と大きな声で明らかにすごく感じた仕草を見せました。

飛鳥は完全に呼吸が「ハア、ハア」と速くなっています。


僕はそこでもう飛鳥を焦らす余裕がなくなり、助手席のサイドレバーを引いて、飛鳥のシートがほぼフラットになるまで倒してしまいました。

元々第2ボタンまで開いて下の黄色いキャミソールがちょっと見える状態になっていた飛鳥の胸をワシワシと揉むと、むっちりとしていて、肌がキャミソールからはみ出すようになりました。ボリュームたっぷりのおっぱいを揉みながらサイズを聞くと恥ずかしそうに「E カップだよ。」と教えてくれました。

 

その後飛鳥の服を捲り上げると、腰のくびれやおへその部分、あばらがわずかに浮いた胴体があらわになり、自分の妻の30代になって衰えた身体と、同い年なのに全然違うことに興奮しまくってしまいました。

そのままブラを捲り上げるとEカップのおっぱいが弾けるように溢れました。

大きくて形のいいおっぱいで肌も綺麗なので僕は大興奮しました。

久しぶりに妻以外の女の身体を触ることができた僕は、飛鳥のブラのカップをズリ上げてピンク色の乳首に吸い付きました。飛鳥は体をピクピクとさせながらどんどん感じやすくなっていきます。


そうこうしているうちに僕はズボンの中の自分のペニスが硬く大きくなって、窮屈に感じてきたので、おもむろに自分のベルトを外し、ジッパーを下ろして飛鳥の前に自分のギンギンに大きくなったペニスを突き出しました。

飛鳥は黙って僕のペニスに手を伸ばしてつかむと、顔を前かがみにしてチュパチュパと咥えてフェラを始めてくれました。

僕は飛鳥がフェラをしやすいようにだんだんと運転席からシフトレバーをまたいで助手席の方に完全に移動して、めちゃくちゃ窮屈な姿勢のまま飛鳥のフェラを受け入れました。


飛鳥のフェラはそれほど上手ではないけれど、狭いところで一生懸命頭を前後させて僕のペニスをフェラしてくれている様子を見るだけで、僕のペニスはますます大きくなってきてしまいました。このままだとあまり上手ではなくても飛鳥のフェラでイッてしまいそうになったので、僕は飛鳥の頭を押さえてフェラを強制中断すると、飛鳥を助手席のシートの上の方に移動させ、足を大きく上げさせました。

膝丈くらいのスカートでしたが柔らかい素材だったので足を上げただけでスカートの中のツルツルした素材のピンクのパンツが丸見えになり、僕はその下の飛鳥のおまんこがすでに相当濡れていることに気づいていました。


僕はひと思いに飛鳥のピンク色のパンツを脱がすと、その中にちょっと濃いめの陰毛に包まれた飛鳥のおまんこがあらわになりました。

僕は飛鳥の割れ目をなぞって内側のピンク色の部分を鑑賞しながら、キスをするような仕草で飛鳥の下の口に吸い付き着きました。僕の上唇が飛鳥のクリトリスに接触し、飛鳥は思わず「アアアン!」と声をあげました。


そのままクンニを続けると、飛鳥は完全に理性を失い「もっと舐めて!もっとクリトリスを舐めて!」といやらしい声を出しながら僕におねだりしてきました。

僕は唇の先でクリトリスを摘んで、舌の先でクリトリスを弾くようにしました。飛鳥は胸が性感帯だと思っていましたが、胸を刺激したことで下半身の感度もよくなっていたようです。

クンニを続けているうちに飛鳥は「イッちゃう!!」と言ってピクピクと何度も小さく断続的にイキました。


イク度に飛鳥のクリトリスはだんだんと赤く充血していき、固くなったクリトリスを親指で弄り回しながらおまんこの内側をクンニすると、飛鳥はもう車の中だということを忘れて大きな声を出して喘ぎまくりました。そしてクンニを始めて10分くらいで飛鳥の方から「お願い。早く入れて。」とついに挿入のおねだりがありました。


僕は助手席のウインドウの上にある手すりを利用して体を支えながら、かなり無理な体勢の正常位で飛鳥の中に自分の硬く大きくなったペニスを挿入しました。

飛鳥は自分で腰を浮かして動かしながら奥の一番気持ちいいところに当たるように調整してきて、僕は飛鳥が求めているところに当たるように一生懸命腰を振ってピストン運動をしました。

車のサスペンションがギシギシと揺れるのを感じていましたが、河川敷で他に誰もいないだろうと思い、僕はむしろそのギシギシ音を激しくするように体を動かしました。

「アンアン!気持ちいい!イキそう!」と何度も何度も飛鳥は大声を上げ、実際に挿入中も何度も飛鳥はイキまくり、飛鳥の意思ともう関係ない勢いで飛鳥はおまんこで僕のペニスをぎゅっぎゅっぎゅっと締め付けてきました。

もう数え切れないほど飛鳥は短時間に断続的にいきまくりおまんこはどんどんと濡れていきました。


滑りが良くなればなるほど僕のピストンのスピードも速くなり飛鳥のイクときの締め付けも激しくなってきました。


僕はこのままだと中出ししてしまうので途中でペニスを抜きました。

しかしその後普通にフェラで抜いてもらうのも面白くないと思い、僕は飛鳥のフラットになった助手席の上で狭いのに無理やり体を一回転させて、シックスナインの体勢になるとイキまくって上の空の飛鳥は僕のペニスを咥えて再びフェラを始めてくれました。


僕も飛鳥のおまんこを改めてクンニすると、お互いに数分持たずに、同時に「イクイクイク~!」と声を上げて狭い車の中で僕と飛鳥は激しくイキました。

僕は飛鳥の口の中に大量に精子をぶちまけて、飛鳥も今日だけで何回言ったのかわからないほどイキました。しばらくシックスナインの状態で車の中で放心した後でお互いに言葉少なになりながら服を着て飛鳥の家に送りました。 


もちろんその後、妻に隠れて僕と飛鳥が二人きりで会うような機会はまだ訪れていないのですが、なんとなく妻を交えて3人で会っているときも飛鳥の胸に目がいってしまうのは個人的にやばいなと思っています。

そして何事もなかったように妻と友達として過ごせる飛鳥を見て、女の二面性はすごいと思っています。