僕は大学3年生です。先日の夏休みに僕と美穂を含めた男女7人で静岡県のアウトドアリゾートに一泊二日で遊びに行きました。リゾートでグラススキーやスライダー、フリスビーなど一通り楽しんだ後みんなでホテルの夕食を楽しみました。

その後で他の5人のメンバーはホテルにある大人っぽいスナックバーに目を付けて行きたいと言い出しました。僕と美穂はお酒が飲めなくて、しかもホテルのスナックなんて高そうだったので断って部屋で待つことにしました。
僕はみんなが戻って来るのを待たずに浴衣に着替えて、部屋で一人で寝るつもりでした。しかしせっかく旅行に来たのに一人でいると、なんだか目が冴えてしまいなかなか寝られませんでした。

飲めない仲間の美穂はどうしてるのかなと思い、トイレのついでに女子の部屋の前に行くと、中からテレビの音が聞こえたので、美穂がまだ起きていると思い僕は部屋をノックしました。美穂は「ちょうどテレビ見てたんだよ。」言って中に入れてくれて、しかも僕と同じく浴衣姿に着替えていてすっぴんだったのでメチャクチャ色っぽいと思いました。

部屋に入り他愛のない話をしながら地べたに座ってテレビを見ていて、たまたま美穂がちょっとチャンネルを変えるときに僕の左脇にあったリモコンを手をついてハイハイの状態で取りに来ました。そして美穂がリモコンを取ろうとした時に僕はハイハイでだらんと下に垂れ下がって、二つの盛り上がりがはっきり分かるようになった推定Bカップのおっぱい、その頂点についている濃いめのピンクの乳首をはっきり目撃してしまいました。

ほんの数秒でしたが、僕は美穂の浴衣のはだけた隙間に見えたおっぱいに釘付けになってしまい、美穂もその視線に気づいて「ちょっと!やだ~!」とい言って急いで胸を押さえました。

美穂は「もう寝るつもりだったから、ブラ外しちゃったんだよ~。」と言いながら照れて顔が真っ赤になっていました。僕は無理に「このタレント久しぶりに見たなー!」とか「こんな簡単な問題、なんで正解できないんだ!?」と不自然にテレビにツッコミを入れていましたが、声が裏返ってしまったり手がブルブル震えてしまって却って不自然になりました。

その様子を見て、最初は恥ずかしそうにしていた美穂が、僕の仕草に興味を持ったようでした。そして「もしかして〇〇って、おっぱい見たの初めてだったりする?」と聞いてきました。
僕は何を隠そう童貞なので、生まれて初めて見た年頃の女の子のおっぱいはもちろん美穂のおっぱいが初めてだったので、緊張して落ち着かなくなってしまっていたのです。
僕は「いや、そんなことないけど?」とごまかしましたが美穂は「本当に?」としつこく聞いてきます。
僕はついに「動画とか写真では見たことあるけど。」と答えました。
美穂は笑って「それってやっぱり初めてってことじゃん!」と言いました。
そして「初めて見たのが私の胸でごめんね。」と冗談なのか本気なのか謝ってきました。
僕は「そんなことないよ、ありがとう。」と意味の分からないお礼を言いました。
それで完全にお互いの緊張が解けてちょっとゆるい気持ちになりました。

美穂は「まだ時間早いし、みんな戻ってこないからまた見たい?」ともう1回おっぱいを見せてくれる素振りを見せました。僕はもちろん「うん!!」と答えました。

美穂は、おっぱいすら生で見たことのない童貞男に自分のおっぱいを見せつけることに何か好奇心を感じていたようです。
向かい合って座った状態で「どう?」と言いながら浴衣の胸をはだけさせておっぱいを見せてくれました。
僕は女の人の肌の綺麗さやはっきりした乳首の大きさに興奮して、気がつくとみるだけじゃなく手を伸ばして美穂のおっぱいを触ってしまっていました。
「やだ!」と言って美穂は僕の手を抑えたのですが、僕はさらに美穂のすでに固くなった乳首を触ってしまい、美穂は思わず「アアン!」と声を漏らしました。

そしてその拍子に、脚をくの字に曲げて股をきちんと閉じていた美穂の浴衣の裾が崩れて中の白いパンツまでが見えました。
僕はもう自制心を抑えることができなくなってしまいました。
僕は前のめりになりながら美穂の乳首をクリクリとつまみながら覆いかぶさるようにして美穂にキスをしてしまいました。

美穂は口を塞がれた状態で「う~~んう~~ん!」と声をあげましたが、その後気を取り直して美穂は僕の浴衣の中のガチガチに大きくなった童貞ペニスの上に伸びてきました。
美穂は「あらら、こんなに大きくなっちゃって。」と僕のことをからかいながら「でもなんか嬉しい。」と嬉しそうにもしていました。

僕は美穂のおっぱいを揉みながら、その後どうしていいかわからずにいたのですが、美穂の方からリードして僕の浴衣を思いっきりはだけさせると、その下のトランクスを手慣れた様子で脱がしてガチガチに大きくなったペニスを露出させました。
「うわー、大きい!」と言いながら美穂は僕のペニスをパクッと咥えて舌の先でチロチロと舐めてフェラを始めました。
そして顔を上げると「もちろん女の人にフェラされるのも初めてってことだよね?」と僕に聞いてきて、僕はブンブンと首が取れそうになりながら前に何度も何度も頷きました。

美穂の僕のペニスの亀頭部分がフェラの唾液でぬるぬると刺激されてきて、僕は初めての感覚で「うーん、うーん!」と天を仰ぎながら、今すぐにでもイキそうな状態になってしまいました。
フェラをされながらも手で美穂の乳首を柔らかく摘むようにすると、美穂は「アン、アン!」と気持ち良さそうな声をあげ、それに呼応して僕をフェラする頭の動きも舌の動きも速くなってきました。

美穂にフェラされた時間はせいぜい3分ぐらいだったかと思いますが僕は唐突にペニスを脈打たせて、美穂の口の中に射精してしまいました。美穂はびっくりしたように目を見開きましたが童貞の僕が発射した大量の精液をごっくんと飲み干してくれました。

そして「ごめん、刺激が強すぎたよね。」と謝ってきて「でも〇〇だけ気持ちよくなって、なんかずるいなあ?」といじけるような顔で上目遣いで見てきました。
僕はこういう時どうしていいのかわからなくなり、とまどいながら美穂の乳首だけを指でチロチロといじり続けていました。

美穂は僕の耳元に小声で「ねえ、クンニしてくれない?」と囁いてきました。僕はクンニを知ってはいましたが、まさか初めての相手に童貞が女性に対してできることとは思っていなかったのでびっくりして「自信がないよ。」と言ってしまいました。でも美穂は「大丈夫誰にでも初めてはあるから」「早くして!みんなが戻ってきちゃうから!」と言いって美穂は自分の体を少し後ろに倒し、浴衣の裾は既にはだけていたので白いパンツの股間部分が僕の顔の前に来ました。

僕は思い切って美穂のパンツに手をかけました。美穂は軽く腰を浮かしてくれたので、僕はゆっくりゆっくりと美穂のパンツを腰から太ももの方に下げていきました。
下げるにうれて黒々とした陰毛、股の間の褐色に色が濃くなった部分、その間の割れ目の奥が赤々と充血している様子と濡れている様子がはっきり分かり、僕は頭に血が上って顔が熱くなるのを感じました。

そして恐る恐るあっかんべーのような形で舌を出して、舌の先で美穂のおまんこの割れ目をそろそろと舐めました。
真ん中から上の方に下をずらすと舌の先の尖った部分が美穂のクリトリスに当たったのか、美穂はそこでびっくりするほど大きな声で「アン!」とあえぎました。
僕はそれで自信をつけて指でおまんこのヒダを左右に引っ張って、それで内側の赤々とした濡れた部分がオープンになりました。

美穂は「もっと密着させていいよ。」と指示を出して僕の頭を自分の股に押し付けました。
僕は生々しい女の人の体の匂いを嗅いでそして無我夢中で舌をペロペロと動かしクンニをしました。
美穂は僕の舌の先がクリトリスに当たるたびに顔を顰めながら「アアア!」と声を出し「〇〇、あなた、クンニ上手じゃない?本当に初めてなの?」と僕のクンニを褒めてくれました。

そして僕も舐めているうちに段々とコツが分かってきて、美穂のクリトリスを一定のスピードで擦るようにすると、美穂は焦るような声を上げながら感じることが分かってきました。
そしてクリトリスの周りを円を描くようにしたり、コリコリと固くなった部分を舌で弾くようにすると、美穂はますます「アンアンアン!」と大きな声を出してくれました。
クリトリスの皮の中に舌を押し込むイメージでペロペロと舐めると美穂は「あーもうだめそれ以上はしないで!」と僕の頭を引き離そうとしましたが、僕がそのままさらにクリトリスを舐めると、美穂の体に異変が起こりました。

両足を突っ張るように投げ出し、僕の頭を想像できないぐらい強く自分の股に押し付けるようにして、そして体を反らせながら「ああ~!イッちゃう!」とガクガクと絶頂に達しました。僕は女の人がイクのはこんな感じなのかというのを目の当たりにしてめちゃめちゃ興奮しました。

僕はクンニで美穂がイッたのを目の当たりにして、さっきフェラで射精した後また再勃起していたので、もしかしたらこのまま最後までできるかもと思ったのですが、お互いに1回ずつ入ったところで美穂が「そろそろ、みんな帰ってきちゃうかもしれないから今日はこれでおしまいね。」と言って恥ずかしそうにパンツを履いてしまい、浴衣を直してしまいました。

僕も仕方なく自分の浴衣を直してパンツを履き直しなんとなく中途半端だったなという気がしながらも、部屋に戻ってまるですでに寝ていたかのように布団に入り、みんなが戻ってきた後は寝ぼけた表情で対応しました。

その後、旅行が終わって大学が始まって1ヶ月経つのですがなんとなく気まずい感じでまだ美穂とは直接話しできていません。なんとかきっかけを作ってこの前の続きで今度こそ美穂に童貞卒業させてもらいたいと思っているのですが、童貞の僕はこんなときどうやって女の人を誘ったらいいのか分からなくてちょっと困っています。