僕は中学の時に、バスケットボール部に所属していました。

僕の通っていた学校は、バスケットボールの伝統校で、「○○町の第5中学のバスケ部 」と言えば、県内に名前が知れ渡っていた程です。

特に、3年生の時のチームはいい選手が揃っていて、県大会を勝ち抜きその上のブロック大会まで駒を進めていました。

僕は背は高く無かったのですが、持ち前の運動能力でレギュラーとして活躍。

そしてその時に、忘れる事が出来ない一人の女性の先生と出会ったのです。

その先生は佳美先生と言って、保健体育の臨時職員としてやって来ました。

年齢は聞いていませんが、20代半ば~後半くらいだったと思います。

学生時代からずっとバスケットをやっていたという事で、僕らの練習相手もしてくれていました。

教室での授業中は、膝上5cm位のスカートとスーツ姿で、「おお~~」と思わせるくらい女性っぽくて素敵だった佳美先生。

こんな事を言うのと何ですが、僕は先生から特別可愛がられていたのです。

授業中、他の生徒を立たせて教科書を読ませながら、教室内をゆっくり歩いていた佳美先生・・・僕の横に来ると腰を屈め、「昨日も遅くまで練習したの?」と耳打ちしました。

普通、そんな事はしないはず・・・だって、読んでいる生徒に対して失礼ですし、他の生徒の目も有りますからね。

また、廊下ですれ違う時も必ず声を掛けて来て、他愛ない事を言いながら優しい眼差しで僕を見つめていた佳美先生。

そんな日が続く中、ブロック大会の日がやって来ました。

僕たちは、翌日の早朝に予定されている試合の為に、その日の夕方、大会会場の近くの宿舎にマイクロバスで移動していました。

会場の有る町の出身だった佳美先生も、付き添ってくれています。

途中で気分が悪くなった僕が、後ろの席から前の席へ移動しようとしていた時、バスが急ブレーキを掛けたのです。

前に倒れた僕。

膝や頭をバスの床に打ち突けてしまいました。

そして、右の手首に異変が・・・激痛と共に右手はブランと垂れ下がったままです。

「戸田、大丈夫か?」と、顧問の先生が声を掛けましたが、垂れ下がった右手を見て、
(折れてる!)と直感した様。

それで、僕だけが別行動で、そのまま病院へ行くはめに。

顧問の先生は他の生徒の事も有るので、佳美先生が付き添ってくれました。

診断の結果は右手首の尺骨の骨折でした。

頭も打っているため、本当は一日位は経過入院した方が良かったみたいです。

でも、自分では頭の方はそれほど気にならなかったですし、ベッドも空いていませんでした。

それで、佳美先生が一晩だけ実家に泊めて面倒見てくれる事に。

大会会場の近くに実家が有った佳美先生は、初めからそこに泊まるつもりで付き添っていたのです。

一晩だけお世話になり、翌日に両親が迎えに来てくれる事になりました。

実家に着くと、四畳半の畳の部屋に布団を敷いてくれた先生。

でも、先生の他に誰も居ない様子。

不思議に思った僕は先生に聞きました。

「先生、先生のお父さんやお母さんは?」
「それが、あいにくと町内の旅行と重なっちゃって今日は留守なの・・・」
「えっ、今日一日帰って来ないの?」
「そういうこと!」

(という事は、今夜は先生と二人っきり・・・)

思わずニヤリとした僕。

「どうしたのよ~ニヤリとしちゃって~っ!」
「だって、先生と二人っきりって事だよ~・・・」
「そうだよ~それがどうしたの?」
「男と女が二人っきりなんだよ~何かが起こるかもしれないじゃん!」

それを聞いた先生は、「ぷっ」と吹き出し、
「何を馬鹿なことを・・・あなたは子供、私は大人・・・何か起こる訳ないでしょう!」
と言って、呆れた顔で僕を見ていました。

それから、先生がご飯を作ってくれましたが、右手が使えない僕は四苦八苦。

それで、佳美先生が食べさせてくれる事に。

「今日だけ特別だからね~感謝しなさいよ!」
「ほら、お口しっかり開けなさい!」
「もっと良く噛んで食べなさいよ~」

などと口うるさかったのですが、何となく先生も楽しそうで・・・。

僕の唇付近に付いていたご飯粒を、先生が手で取ってから自分の口の中に入れた時は、ちょっと照れちゃいました。

そして、夜がふけて寝る時間になりました。

先生は別な部屋で寝るつもりの様。

布団の上に座り、寂しそうな目で先生を見ていました。

「どうしたの?」
「一人じゃ恐いかな~と思って・・・」
「何言ってるの~男でしょう、我慢しなさい」
「でも、知らない家だし・・・」

そう言って不安そうにする僕。

「も~しょうがないわね~・・・じゃあ、ちょっと待ってて、布団持って来るから・・・」

心の中で、「やった~」とガッツポーズです。

布団を並べて寝ていましたが、夜中になって折れた所が疼いて疼いて・・・。

ア~とかウ~ンとか呻っていた僕・・・先生が心配して聞いて来ました。

「痛いの?」
「うん、痛い!」
「2~3日の辛抱だから我慢しなさい」
「2~3日・・・」
「私も折った経験が有るから解るわ」
「そうなんですか?・・・でもホント痛いですね~ズキンズキンしてる」

顔をしかめる僕。

「ご褒美あげるから我慢しなさい!」
「ご褒美って?」

そう言うと先生は、布団から出て傍に寄り、キスしてくれたのです。

「有り難く思いなさいよ~こんな美人からはめったにキスして貰えないんだから~」

佳美先生は茶目っ気たっぷりにそう言いました。

「ご褒美って、これだけ?」
「これだけって・・・贅沢言うんじゃないの!」

すねて口を尖らせる僕。

「何よ~不満みたいじゃない・・・」
「先生のおっぱい触りたい!」
「バカ言うんじゃないの!・・・10年早いわ!」
「でも触りたい!・・・僕、女の人の胸とか触ったこと無いもん」
「まあ~そうだろうけど・・・」
「・・・・・・・・」
「ホントに触りたい?」
「うん!」
「じゃあいいわ、触らせてあげる!」

そう言ってから、横に座ったままで身体を寄せて来た先生。

「いいわよ!」と言ったので、手を伸ばしてTシャツ越しに胸を触った僕。

ブラジャーをしていなかったので、ボヨンとした感触が伝わって来ました。

「直接触ってもいい?」

要求がどんどんエスカレートします。

「も~っ・・・我がまま言ってしょうがない子ね~」

そう言いながらも先生は、Tシャツを捲ってくれたのです。

大きくは有りませんでしたが、ぷくっと膨らんだ乳房とピンク色の乳首が目の前に。

初めて見た成人女性のおっぱい・・・じっと見つめてから手を伸ばそうとした時、
「待って!」と先生。

何を思ったのか、布団の中に入って来てTシャツを脱ぎ、僕の横に寝そべったのです。

「触っていいわよ!」

そう言ってから目を瞑った先生。

ちょっとびっくりしましたが、左手で触れてから回すように揉みました。

「どう感想は?」
「柔らかいです」
「乳首舐めてもいいですか?」
「いいわよ!」

何となく、もう先生は何でも言う事を聞いてくれそうな気がしました。

乳首に吸い付いた僕・・・弾力が有り不思議な感触でした。

そして、左右の乳首を交互に指で摘まむと、先生の息が乱れ始め、舌で舐めると、「あ~~」と言う声が漏れました。

「先生!」
「大丈夫よ!・・・もっと舐めてくれる?」

言われるままに、両方の乳首を舌でベロベロしたり唇で吸い上げたりしました。

「ああ~~んん~~」

声が次第に大きくなっていきます。

すると、先生の口からビックリする言葉が。

「ねえ~アソコ大きくなった?」

そう聞かれて恥ずかしかったのですが、コクンと頷いた僕。

「触っていい?」と、佳美先生。

それで、股間を先生に方に向けると、ジャージの上から勃起しているアレを触ったのです。

「すご~い!」

驚いた先生は、僕を寝転ばせると、ジャージとパンツを一緒に降ろしてアレを露出させました。

先生の目の前で、固くなって上を向いている肉棒。

まだまだ成長過程で、大きさ的にはイマイチだったかもしれませんが、確かに反り返っていたのです。

先生はジロジロ見ながら、亀頭の先端を指で撫でたりしました。

そして、いきなりパクっと咥えフェラし始めたのです。

大人の人がそんな事をしているなんて知らなかった僕は、驚いて「先生!」と叫びました。

僕の方を見てニコっと笑ってから、フェラを続けた先生。

先生の女の一面を見た様で、複雑な心境でした。

「先生・・・で、出ちゃいます!」
「えっ、もう?」

女の人から触られるのは初めてでしたし、憧れの先生からそんな事をされたのですから仕方ありません。

「ちょっと待って!」

と、先生が言ったのも間に合いません。

ピュピュっと、ザーメンが勢いよく飛び出しました。

そして、次から次に溢れ出て来て、先生の手を伝わり僕の股間に垂れ落ちます。

よく見ると、先生の顔や乳房にも付着していました。

「あ~あ、間に合わなかったか~」
「すいません」
「いいのよ謝らなくても」
「・・・・・・・・・」
「でも、さすがに若いと早いわね~・・・私が楽しむ時間も無かったわ!」
「先生も楽しみたかったんですか?」
「まあ~ねっ!」

「10年早いわ!」などと言っていた時との変わり様に、(先生も女なんだ)と改めて思った次第です。

「今度は大丈夫だと思いますよ・・・」

先生がティッシュで拭いてくれている間に、また大きくなった肉棒を見てそう言いました。

「そうね~次は大丈夫かも・・・ところで、先生のアソコ見てみたい?」
「えっ・・・いいんですか?」
「今日は特別だからね!・・・でも、先生とこんな事したの皆には内緒よ」
「はい!」

ジャージと下着を脱いだ先生は、寝そべって足を広げて見せてくれました。

でも、恥ずかしいみたいで、顔を手で覆っています。

少女の筋マンは見た事が有りましたが、成熟したマンコを見るのは初めてでした。

じっくり見てから、「触ってもいいですか?」と僕。

「いいけど、乱暴にしちゃダメよ!」と先生。

ビラビラの様な物を触りましたが、ムニョっとしていて別の生き物の様。

「両手を使って・・・あっ無理か!」

そう言うと先生は、自分で広げて中を見せてくれました。

ピンク色の異様な物が見えます。

「どう?」
「何か凄いです!・・・ここから赤ちゃんがでてくるんですよね~・・・」
「そうよ~」

指で触ると、濡れている感じがしたので聞いてみました。

すると、「それはね~君のアレを欲しがっているの!」と先生。

「えっ、そうなんですか?」
「そうなの・・・不思議だと思う?」
「僕、どうすればいいですか?」
「じゃあ、私の言う通りにして!」

先生は上の方に有る尖った部分を指差しました。

「ここがクリトリス・・・一番感じる所よ、舐めてみて」

そう言われて、舌先でそのクリトリスをペロっと舐めた僕・・・その行為がクンニだという事は後で知りました。

感じている様子の先生。

おもむろに起き上がると、寝転んだ僕の上にまたがり、勃起した肉棒を右手に持って自分でマンコに入れ込んだのです。

先生のマンコの中は、ジュクジュクしていました。

(これが大人のマンコか~)と、実感する僕。

入れ込んだ先生は、「あ~~いい~~」と言いながら、股間に擦り付ける様に腰を前後に動かしていました。

そして、今度は両手を僕のお腹の上に置き、飛び跳ねる様な感じで身体を上下させる先生。

上下動に合わせて、プルンプルンと揺れる先生のおっぱい。

堪らず、「先生!またイキそうです」と教えると、「待ってよ!待って!」と言ってから、身体を離して抜き取った先生。

その瞬間に、一発目のザーメンがピュっと飛び出しました。

それを見た先生は、肉棒を握り手早くシコったのです。

すると、残りのザーメンが溢れ出て来て、また先生の手から伝わり落ちました。

「どう、気持ち良かった?」と先生。
「はい、凄く気持ち良かったです」と僕。

それから、乱れた布団などをキレイにし、
「今日の事は忘れないわ!・・・でも、誰にも内緒だからね・・・いいわね?」
と言って、電気を消した先生。

寝たとたんにまた右手が痛くなりましたし、さっきの事を思い出して眠れませんでした。

翌日になると、両親が迎えに来たので一緒に自宅に戻りました。

それからは、普通の先生と生徒として接していましたが、しばらくしてから期限が来たので、何も言わずに学校を去って行った先生。

俺が童貞を捧げた先生だし、今でも心の中にはずっと良い思い出として残っています。