私は竹本希美。

30歳になる会社員ですが、親友のご主人を誘惑した悪い女なんです。

私には恭子という親友がいますが、私が全ての面で彼女より優れていたから続いた関係と言えます。

高校の時の成績も常に私がリードしていましたし、進学した大学や就職した会社も、私の方が名の知れた所です。

それに、私の方が綺麗ですしスタイルでも負けていません。

胸も彼女はBカップで私はEカップ。

別に彼女を見下していた訳ではありませんが、いつも優越感に浸っていたのは確かです。

でも、彼女の方が先に結婚したんです。

おまけに相手の男性はイケメンです。

どうして私では無くて彼女なの!・・・と嫉妬しました。

先日、彼女に第一子が生まれたので、顔を見に病院まで訪ねて行きました。

幸せそうな彼女・・・隣には素敵な旦那様。

私はエロい身体を武器に、ご主人を自分に振り向かせようとしたのです。

その日は寒かったので、コートの下にハイネックのニットのセーターを着ていました。

身体にフィットしていて、Eカップの胸が強調された格好です。

病院内ではコートを脱ぎ、その胸をわざと見せ付けていました。

また、赤ちゃんを覗き込む時に、程よく肉が付いたお尻をご主人に向けていた私。

視線もずっとご主人の方。

彼はしばらくエッチしていないはず。

絶対に、胸やお尻を見て堪らなくなるはずだと思っていました。

私の方が先に病室を出ましたが、案の定、後を追って来たご主人。

「希美さん、外は寒いですから車で送って行きますよ!」

やった!と思いました。

「でも、ご主人の方が遅くなりますし・・・」と、いちおうは断る振りです。

「大丈夫です、急いで帰ったところで誰も居ませんし・・・」
「そうですか・・・じゃあ、お言葉に甘えて・・・」

助手席に乗せて貰い出発です。

「希美さん、ご結婚の予定は?」
「まだまだです・・・相手も居ませんし」
「ホントですか~希美さんの様な素敵な人がどうして・・・」
「素敵かどうかは分りませんが、男性と縁が無いんです私」
「そうなんですか~周りの男に見る目が無いだけじゃ・・・」

そんな話をしながらも、ご主人は私の太腿が気になる様子。

膝上5cm程のスカートを履いていた私・・・それがややずり上がり、黒いストッキングに包まれた太腿が露出していたのです。

それに、車の中でもコートを脱いでいたので、Eカップの胸にもチラチラと視線が・・・。

「今日は何食べようかな~・・・ご主人はどうしてるんですか、恭子が居ない間?」
「面倒くさいんで、外食かコンビニ弁当ですよ!」
「ですよね~私も作るのが面倒で・・・」

さり気なく、ご主人が誘い易い雰囲気づくりをする私。

すると、マンションの前で降りようとした時に、思惑通りにお誘いが。

「希美さん、良かったら一緒に食事しませんか?」
「えっ、でも・・・」
「一人で食べるのも寂しいですし、いいでしょう?・・・時間有りますか?」
「時間は大丈夫ですけど・・・」
「じゃあ、何処か食べに行きましょう!・・・この辺りでいい店ありますかね?」
「そうですね~私がいつも利用しているお店ならありますけど・・・」
「じゃあ、そこへ行きましょう!」

という事で、車をマンションの隣のコインパークに止め、一緒に歩いて2~3分の所にあるお店へ。

車なのでお酒は飲みませんでしたが、和気あいあいと楽しく過ごしました。

店を出ると、辺りはもう暗くなっていましたし、風が強くて雪も少しチラついていて寒かったですね。

思わず、「寒い!!」と言って、ご主人に寄り添った私。

二人で肩を寄せ合い、頭を下げて風と雪を遮る様に歩き出しました。

マンションの前まで来ると、「良かったらお茶でも飲んで温まって行きませんか?」と私。

さっき食事したばかりで変な誘い方でしたが、何を意味するかはご主人も解っていたはずです。

「いいんですか?」と尋ね、私が見上げながら「はい!」と返事をすると、「じゃあ遠慮なく」とご主人。

部屋に入ると、コーヒーを入れてから洗濯物を取り込んだ私。

それを持って、リビングで座っている彼の前を通り隣の部屋へ。

その時に、わざとピンクの下着を落とした私。

すると、それを拾い上げた彼が傍に寄って来ました。

「これ落としましたよ!」と彼・・・手にはピンクの下着。

振り向いてそれを見てから、「やだ~恥ずかしい!」と私。

受け取って箪笥の中へ入れましたが、その瞬間、後ろから抱き締めた彼、

「キャッ!・・・ど、どうしたんですか?いけませんこんな事・・・」
「希美さん、僕はもう我慢出来ません!・・・あなたが欲しいです!」

そう言うと、左手を胸に当てて抱き締めながら、右手で顔を自分の方に向けさせてキスして来た彼。

顔をそむける振りをしながらも、唇を吸わせた私。

彼の舌が口の中へ入って来ました。

私の口の中で舌を探す彼・・・遠慮しつつ舌を出して絡ませた私。

彼が唇を離したので胸に顔埋め、「恭子に悪いわ!」と思ってもいない事を口にしました。

「大丈夫です、二人だけの秘密にしましょう!」
「でも、いいんですか私なんかで?」
「希美さんがいいんです・・・ベッドへ行きましょうか?」
「はい」

優しくエスコートする彼・・・私をベッドに横たわらせると、キスしながらセーターの上から胸を揉みます。

そして、そのセーターを脱がせると、Eカップのバストを包み込んでいたブラを見て興奮しました。

谷間に顔を埋めながら、「凄い、堪りません!」と彼。

「外して頂けますか?」と、清楚ぶってお願いする私。

彼が手を背中に回してホックを外したので、肩紐を自分で降ろしてブラを取り去りました。

そして、両手で乳房を隠して恥ずかしそうな表情で、「優しくして下さいね!」と、あまり経験が無いような振りをする私。

彼は右手で乳房を揉みながら、乳首を口に含みました。

しばらく舐めてからスカートを捲り、下着の隙間から手を滑り込ませると、いきなり指をおマンコの中へ。

「痛い!」と私・・・彼の爪が、柔らかくて敏感な部分に当ったのです。

彼は「すみません」と謝りましたが、(爪はちゃんと切りなさいよ!)と思った私でした。

それでも、執拗に指を入れ込もうとする彼・・・(まずは、クリトリスでしょう!)と心の中で呟く私。

彼の腕を押さえて、「指入れは嫌!」と訴えました。

すると、股間に移動してスカートと下着を脱がせ、おマンコに顔を埋めた彼。

クンニし始め、やっとクリトリスを舌で刺激してくれました。

でも、なんとなくイマイチな感じ。

(彼のテクニックのせい?・・・それとも相性が良くないの?)

などと考えてしまい、気分も乗って来なくなりました。

そうしていると、ズボンとパンツを脱ぎ捨てた彼が、勃起したおチンチンを私の顔の前へ差し出しました。

(クンニがイマイチだったのにフェラはして欲しいんだ・・・)

と、不満げな私でしたが、おチンチンを舐めるのも久し振りなので、舐めてあげる事に。

身体を起しておチンチンを握った私・・・(ん?小さい・・・?)

彼のおチンチンは、長さは普通だと思いましたが、標準サイズより少し細い感じがしたのです。

それに、カリ首の張りが無くて、スルっとしていました。

(これだと、フェラのし甲斐が無いわ!)

仕方が無いので咥えましたが、小さい感じは否めません。

大きくて固い物を味わえると思っていたのにガッカリです。

彼の方は気持ち良さそうにしていました。

それから、「入れていいですか?」と言うので頷きましたが、おチンチンが入って来た瞬間は久し振りでしたので声を上げてしまいました。

でも、そこから先はやっぱり物足りない感じが・・・。

悪いと思ったので、喘ぎ声はあげましたが不自然だったかも。

しばらくしてから外に出した彼・・・満足そうです。

部屋を出る時、「じゃあまた!」と笑顔で帰って行きましたが、(または無いかな~)と、私は一人で呟いていました。

イケメンの相手と結婚した恭子に嫉妬していた私ですが、今では(嫉妬して損した~)と思っています。