池崎佳世子と申します。

36歳で、2つ上の主人は大手の商事会社で係長をしています。

その主人が、先日若い部下を連れて来ました。

戸田君という童顔で可愛らしい人。

主人と彼は同じ電車で帰っていたみたいです。

すると、途中で彼が家の鍵が無い事に気付いて騒ぎ出した様子。

アパートで一人暮らしをしていた彼、鍵が無いと入れません。

それで、次の駅で降りて会社に取りに戻るつもりだった様です。

それを主人が、「今日は内に泊まれ」と言って連れて来たのです。

我が家は頑張って一軒家を建てたばかりで、子供はまだ小さかったし部屋は空いていました。

自宅に着いたのは8時を過ぎた頃。

お酒の準備をする様に主人に言われましたが、急な事なので彼にはその間にお風呂に入ってもらう事に。

彼がお風呂から上がると、主人もついでに入ったので、結局食べ始めたのは9時を回っていました。

ビールやワイン、日本酒などを用意し、5歳になる娘を寝かせ付けて私も一緒にいだだきました。

お客が来ること自体が珍しく、主人はいつも以上に飲んだようです。

11時近くになったのでお開きにして、主人はさっさと二階に上がって寝ました。

彼には和室に布団を敷いて寝て貰う事に。

私も、ゆっくりお風呂に入ってから二階に行って寝ました。

ところが、30分近く過ぎた頃、下で物音がしたので目が覚めてしまいました。

気になったので見に行く事にし、ゆっくりと階段を降りると洗面所に明かりが。

(消し忘れたのかしら)・・・と思い、少し開いていた扉の隙間から覗いた私。

その瞬間、信じられない事を目撃してア然としてしまいました。

彼が、洗濯機に入れていたはずの私の下着を取り出し、匂いを嗅ぎながらアレを摩っていたのです。

心臓が高鳴りましたが、しばらくその様子に見入ってしまった私。

それでも止めさせなければと思い、中に入ると無言で彼の手から下着を奪いました。

目を瞑り、下着の匂いを嗅ぐ事に集中していた彼は驚き、慌ててアレをパンツの中へ。

そして、下を向いたまま立ちつくしていました。

「ダメじゃない、こんなことしたら!」
「・・・・・・」
「着替えた下着なんだから汚いでしょう!」

そう言うと、下着を洗濯機に放り込んだ私。

「さあ、とにかく向こうへ行きましょう!」

彼の腕を取り、背中を押す様にしてリビングへ連れて行きました。

「さあ、ここに座りなさい!」

言う通りにして、しょんぼりとうつむく彼。

私も横に座り、そんな彼を見ていました。

パンツと肌着姿でしたが、股間を見るとビックリしたせいか、もうアレは萎えている様子。

しばらく沈黙が続きましたが、私の方から口を開きました。

「戸田君はいくつなの?」
「・・・24です」
「そう、若いのね!・・・彼女は?いないの?」
「はい、いません」
「若いから仕方ないけど、着替えた下着は汚いからダメよ!」

私は怒っていた訳ではありません・・・若い男の子ですから、女性の下着が気になるのは仕方が無いと思いました。

ただ、着替えた下着の匂いを嗅いでいたのが嫌だったのです。

だって、生理前で凄く臭っていたはずですもの・・・あの匂いが、私のアソコの匂いなんだと思われたくないですよ。

「あの~係長には言わないで下さい、お願いします」
「大丈夫よ、言ったりしないから安心しなさい」

そう言って彼の手を握る私。

「ねえ戸田君、君は私の身体に興味が有るの?」
「・・・・・・」
「ん?・・・どうなの?」
「はい、素敵だな~と思いました」
「そうなんだ、ありがとうね」

そう言って、彼の手をよしよしする様に軽く叩いた私。

そして、自分でも驚く様な行動に出たのです。

「戸田君は、おっぱいとか触ったことあるの?」
「・・・・・・」
「私ので良ければ触ってもいいわよ」
「で、でも・・・」
「大丈夫だから、触りたければ触りなさい」

そう言うと、パジャマのボタンを外した私。

Cカップの、少し垂れ気味の乳房が半分ほど露出しました。

「お、奥さん!・・・」

ビックリした彼ですが、その目はぷっくりと膨らんでいる胸を凝視しています。

「さあ、触りなさい!」

ゆっくりと手を伸ばし、パジャマの中に差し入れて触った彼・・・少しだけ動かして感触を確かめていました。

「どう?」
「柔らかいです」
「そう・・・両手で揉んでごらん」

言う通りに、両手で回す様に揉んだ彼。

私はちょっと吐息を漏らしてしまいました。

「気持ちいいんですか?」

コクンと頷く私・・・彼の股間はすでに帆を張っていました。

手を伸ばしてそこに触れると、彼はちょっとビクっとしましたが、気にせずに触り続ける私。

そして、パンツの中に手を差し入れ、直接おチンチンを触った私。

「奥さん!・・・そ、そんなことしたら僕・・・」
「大丈夫だから任せて!」

そう言うと、パンツに手を掛けてずり降ろしました。

顔に似合わず、見事なおチンチンが私の目の前に弾け出て反り返っています。

「あなたって意外に凄いのね!」

右手で握ると、彼の目を見ながらゆっくりとシコる私。

気持ち良さそうな彼。

おチンチンは今にも爆発しそうです。

そこで私は、透明な液体が滲み出ている亀頭の先端を、舌でペロっと舐めてから口に咥えてフェラしました。

「あ~ダメです、出ちゃいますよ~」

気にせずフェラを続ける私。

すると、おチンチンが口の中でドクドクと脈打ち、一気に白い物が口の中に飛び込んで来ました。

しっかりと受け止めた私・・・出終わるのを待って唇を離し、ティッシュに吐き出しました。

「気持ち良かった?・・・出したかったんでしょう?」

コクンと頷く彼。

「じゃあ、今度はあなたが気持ち良くさせる番よ!」

そう言うと、浅めに座り直して足を広げ、自分で股間を擦りました。

「さあ、ここ触ってごらん!」

ゆっくりと手を伸ばし、パジャマの上から触った彼。

「違う!違う!・・・下着の中に手を入れて直接触りなさい!」
「でも、そんなことしていて、係長さんが起きて来たらどうするんですか?」

彼はその事がずっと気になっていた様です。

「大丈夫よ!・・・あの人は一度寝たら起きないから・・・それに今日は酔っていたし・・・」

それを聞いて安心したのか、下着の中に手を差し入れてクリトリスを触りました。

私が「ああっ!」と言って、身体をピクンとさせたのが面白かったのか、手を小刻みに動かす彼。

顔を歪めて喘ぎながら彼を見つめる私。

「ねえ、脱がして!」と私が言うと、パジャマと下着に手を掛け一気に脱がしました。

おマンコからは、すでに滴が垂れ落ちています。

自分でおマンコを広げて、「ねえ、舐めてよ!」と、クンニのおねだりした私。

すると、ソファーの前で正座して股間に顔を埋めた彼。

あまり慣れてない様子でしたが、下着の匂いを嗅いでいたほどですから、最初におマンコの匂いを嗅いでからクンニし始めました。

しばらくそのまま舐めて貰ってから、ソファーの上で四つん這いになった私。

お尻を彼の方に向け、片手をお尻の上に回してアナルとおマンコが良く見える様に広げながら、「もう一度舐めて!」と訴えました。

自分でも、そんなはしたない事をするなんて信じられませんでしたが、日頃のうっぷんが溜まっていたのか、もともと淫乱な性格だったのか・・・。

とにかく、そんな事がしたくなった私。

彼が下から覗き込むような感じでクンニし始めると、「アナルも舐めて!」と要望していました。

言われた通りに、おマンコもアナルも舐めてくれた彼。

その日は、それで終わりにして眠りにつきました。

翌朝、何事も無かったように振舞う二人。

彼が家を出る時、履いていた下着を脱いで、主人に気付かれない様にそっと渡しました。

夜になって主人が帰って来た時に、彼の様子を聞くと、

「会社に着くなりトイレに駆け込んでいたので、腹でもこわしたのかと思ったよ」

と教えてくれたので、嬉しくなっちゃいました。

今度機会が有ったら、おマンコに入れさせてあげようかなと考えています。