私は、パートの女性に手伝って貰いながら、設計事務所をやっています。

今度、新たにパートの女性が必要になり募集したところ、事務所の前のマンションに住んでいる女性が応募して来ました。

35歳になる絵美さんという人妻さんです。

交通費が要らないし、何か有った時に直ぐ呼び出せると思って採用しました。

また、結婚前に同じ様な仕事の経験が有った事と、2時間くらいなら残業も可能だと言ってくれた事も彼女に決めた要因です。

スタイルが良く、笑顔が絶えない所も良かったですね。

絵美さんが働き始めて一週間が経った頃、皆が帰宅してからいつもの様にエッチ動画を見ながらオナニーをしていた私。

机の上に足を広げて座り、横に置いたモニターでエッチ動画を見ながらオナっていました。

するとその時、忘れ物を取りに来たのか、絵美さんがドアを開けて入って来たのです。

いつも鍵を掛けてオナっているですが、その日に限って直前に電話が有り、自分では鍵を掛けたつもりになっていたのです。

私がオナっている姿を見て、慌てて出て行った絵美さん。

明日どう釈明しようかと思い悩みました。

「変な事をしている人がいる会社では働けません」

・・・と、言われても仕方が無いと半分諦めていました。

しかし、絵美さんは普段と変わらない態度で接してくれましたし、何も言って来ません。

それどころか、その日以来、私の顔を見る度になんだか笑っている様な気が・・・。

ちょっと安心しましたが、しばらくは絵美さんの目が気になって気になって・・・。

それから4~5日経った頃の夕方、取引先から1~2時間後に資料を送って欲しいと頼まれてしまいました。

ただ、私一人では時間的に無理です。

それで絵美さんにお願いしたところ、
「今日は主人が出張で帰って来ないので構いませんよ」
・・・と言ってくれたのです。

おかげで、19時頃にはメールする事が出来ました。

帰る支度をしている絵美さん・・・私は思い切って声を掛けました。

「買い物はどうするの?」
「主人もいないし、どうしようかと思ってます」
「今日は暑かったし良かったら一緒に生ビールでも飲まない」
「いいですね~私は構いませんよ」
「よし!・・・それじゃあ美味しい焼き鳥でも食べに行こう」

それで、バタバタ片付けてから、歩いて7~8分くらいの所に有る焼き鳥屋へ。

二人掛けの席に向かい合って座り、まずは生ビールで乾杯です。

そして、焼き鳥を食べながら、私が絵美さん自身の事を聞いたり、絵美さんが私のプライベートに関する事を聞いたりしていました。

でも酒が進むと、絵美さんが思い出し笑いをしているのに気付いた私。

「何、どうかした?」と尋ねてみました。

すると、「いつもあんな事をしているんですか?」と絵美さん。

「あんな事って?」
「とぼけないでちゃんと答えて下さいよ~」

何を聞きたいのかは分かっていた私・・・「たまにしてるよ」と正直に答えました。

「軽蔑するかい?」
「そんな事はないです・・・元気なんだから仕方ありませんよ」
「ありがとう、ご理解して頂き嬉しく思います(笑)」
「でも、凄い格好でびっくりしましたよ~・・・いつもああやってしているんですか?」
「あんな風に、足を開いてぶっ放すと気持ちいいんだよ~(笑)」
「そうなんですか~・・・女には分からない事ですね」
「でも、女性にはたくさん気持ち良く感じる所が有るしね・・・」
「内の旦那もたまにしてるのかな~?」
「どうしてそう思うの?」
「それは~私が拒否してるから・・・」
「えっ、そうなの?・・・どうして?」
「いろいろあって・・・」

少し暗い表情の絵美さん。

「君の方は我慢出来るのかな?」

そう言ってから、
(ちょっとマズい質問だったか?)
と気になり、絵美さんの顔を見た私。

すると、ニヤリと笑って恥ずかしそうに下を向いた絵美さん。

それからは話題を変え、しばらく話し込んでから帰る事に。

事務所の方へ向かって歩き、絵美さんのマンションの前に来たので立ち止まった二人。

顔を見ると「寄って行きませんか?」と絵美さん。

「いいの?」、
「旦那は帰って来ないし構いませんよ」

そう言うのでお邪魔する事にしました。

私は、「寄って行きませんか」を「エッチして行きませんか」と言う意味に捉え、期待して一緒にエレベーターへ。

絵美さんの部屋は5階に有り、3LDKの綺麗な部屋でした。

「今、お茶を入れますね!」

そう言って台所に行った絵美さん。

私は彼女を追いかけ、後ろからお腹の辺りに手を回して抱き付きました。

「お茶はいいよ!」
「でも・・・」

首筋にキスし服の上から胸を揉む私。

顔を上にそむけ「あ~~」と吐息を漏らす絵美さん。

顔をこちらに向けさせキスすると、振り向いてから腕を絡ませ、彼女の方からキスの催促です。

唇を吸い合い舌を絡め合って、しばらくはずっとキスしていました。

「どうする、ベッドに行く?」
「うん」

頷いた絵美さん・・・寝室へ連れて行き、ベッドに一緒に寝転ぶとまたキスをせがみます。

「後悔しないね?」

軽く頷き「抱いて下さい」と絵美さん。

着ていたシャツを脱がせブラを外すと、小ぶりな乳房が露出。

子供を産んでいないので乳首も小さ目でした。

でも、綺麗な色をしていて、舌で舐めてあげると「はあ~~ん」と可愛い声。

左右の乳首を舐めてから、首筋や耳たぶ、脇の下まで舌を這わせ、それから下へ降りて行きました。

横腹やおへそ辺りを舐め回し、スカートに手を掛けて脱がす私。

下着は絵美さんが自分で脱ぎました。

陰毛は、旦那とエッチしていないと言う割にはキレイに揃えられていて、他に見せる男が居るのかもと思った私です。

クリトリスはやはり感じるみたいで、指で触れる度に「ああっ!」と声を上げます。

そのクリトリスを見てみようと思い、両足を持ち上げて覗いたところ、小豆くらいの大きさでピンク色をしているのがはっきりと分りました。

それを舌先でチョロチョロとクンニすると、「はあ~~ん、ダメ~っ」と言って喘ぎ、更に口をすぼめてチュウチュウ吸い上げると、「あ~ん、気持ちいい~、あ~ん」と、身体を反らせて悶えました。

そのまま指を入れ込み、ゆっくりと出し入れしてから激しく手マンすると、「はああああ~~っ!・・・も、もうダメ~~・・・いっちゃういっちゃう~はあ~~!」と声や身体を震わせながらイッてしまった絵美さん。

ぐったりしていたので、しばらくしてからチンポを差し出すと、乱れた髪を直しながら起き上り、手に取ってから口に含みました。

ねっとりとフェラしてくれましたが、やっぱり人妻のフェラは最高ですね!

途中で目がイヤらしくなりますし、涎を垂らして舐める姿は、普段とのギャップが有って堪りません。

愛おしくなってしまい、髪を掻き上げてあげ、そのまま舐めている頬に手を添えていました。

黙っていればずっとフェラしていそうな絵美さん・・・止めさせてから挿入する事に。

マンコは十分に潤っていたので、生でもすんなり挿入出来ました。

入れ込んだ途端、「はあっ!」と声を上げ、腰に手を添えて小刻みに動かすと、動きに合わせて「あんあんあんあん」と鳴く絵美さん。

その顔がまた可愛くて、喘ぐ顔を見ているだけでも発射出来そうです。

最後は、ゆっくりと奥深く入れ込んでは出す動きを続けてから、一突き一突きズドンズドンと突き刺しました。

すると堪らず、声にならない声を張り上げながら昇天した絵美さん。

私も射精する手前で抜き取り、彼女のお腹の上に出しました。

それから、絵美さんがお風呂の準備をしてくれたので、洗い流してから部屋を出た私。

翌朝、顔を合わせるのが照れくさい気がしましたが、普段と変わらなく接してくれた絵美さん。

その後も、旦那が出張で居ない時にお世話になっています。