私のエロい話聞いて下さい。私は大学2年生です。男友達が失恋して落ち込んでいると風のうわさで聞いていたので、先日メールしたんです。すると今友達と話しているんだけど、失恋したのは私が原因みたいな話になったというのです。私がいるから彼女が嫉妬したとかなんとか。もう意味が分かりません。私はちょっとそれは違うんじゃないかと怒鳴りこみに行きました。すると、友達の部屋には友達の他に男子が2人いて、飲んでいました。
結構な酔っぱらいぶりです。これは場違いな所にきてしまったと思った時にはもう遅かったのです。友達の部屋は何度か行ったがありましたが、男3人で部屋はいっぱいなほど、足の踏み場もありませんでした。私はアルコールの独特な匂いとタバコの煙が立ち込める狭い部屋で、酔っ払い相手に闘っていました。
「祐奈のこと、ずっと好きだったんだよ、こいつは」
「何言ってるんだよ、祐奈は幼馴染なだけで、そういうんじゃない」
「いや、幼馴染って自分を納得させてるだけで、ずっとあんたを想ってたんだ」
「こいつら酔ってるから、気にすんな」
私は男3人があーでもないこーでもないと言ってるけど、思いのほか楽しそうだし、張本人はまんざらでもないなと思いました。風のうわさでは落ち込んでるということでしたが、久しぶりに見た男友達は2人の男子に囲まれて落ち込んでいる感じではありませんでした。
「それで祐奈はどう思ってるわけ、こいつのこと」
「小中って一緒だったけど、高校で別々になって、まさか同じ大学に行くとは思ってなかったけど、大人になってからまた再会して、いい男になったなって思ってるよ」
「うぇ~い!良かったじゃないかよ、好きだって」
2人の男子は男友達に肘でちょっかい出してたり、指でツンツンしたりして、楽しそうでした。好きなんて一言も言ってなかったのに、酔っ払いにはいい男=好きらしい。
「俺のこと好きなのか?」
「好きだなんて言ってないじゃん、いい男になったって言っただけだよ、酔っ払いたち」
「おほほ~ご馳走様です。熱い熱い。オレ達は退散しようぜ」
もう全然聞く耳を持ってないようです。私は肩をすくめて帰ろうとしました。すると一人が「待って!」と私の肩に手を置きました。
「せっかくこれから付き合おうってことなんだから、帰らないで」
「そんなこと言ってないし、明日授業があるからもう帰る」
「じゃあ、仲直りのキスだけして」
「俺たちなんも喧嘩してないし、してたとしても何でお前らの前でキスせないかんのよ」
「雨降って字固まるってあるでしょーアレアレ」
「あーそっか」
男友達もなんでか腑に落ちてます。もう訳が分からない、みんな相当酔っぱらっているようです。一人がタバコに火を点けました。すると「はい、キッス、キッス、キッス」と手拍子が始まりました。
「ちょっと待って、俺は祐奈のこと好きだからいいけど、祐奈はみんなの前でキスしちゃっていい訳?祐奈がいいって言うならしちゃうけど?」
「いい訳ないじゃん。しらふの時に告白してよ、それも二人だけの時に」
「そうだって、明日ちゃんと二人の時に告白するから、はい解散!」
男友達がそう言ったのですが、あとの二人は納得していません。
「俺たちはこいつが今まで頑張った分、幸せになって欲しいんだよ。それを見届けたいだけなの。だからキスして欲しい、キスて欲しいって言ってんの」
目が座ってます。もう何を言ってもダメだと思いました。私は男友達にキスしました。ほっぺにチュっとしました。すると「おぉ~」と男の声で歓声が上がります。男友達は鳩が豆鉄砲食らったように、目を真ん丸にさせていました。
「ほっぺはダメ~唇に。唇にキスしたら、俺たちも納得できる」
「そうだそうだ」
「お前たちしつこいぞー」
そう言って男友達は目を閉じて唇を突き出しています。私はどうにでもなれーと唇目掛けてキスをしました。さっき会ったばかりの男性二人に囲まれて、幼馴染とキスしました。キスしながら心臓がバクバクいってます。男友達はキスしながら、私を抱きしめてきました。私の体がビクンとなり、体を固くさせていました。私が体を離そうとしても、男友達は私を離そうとしません。抱きついた体がピッタリくっついているので、下半身が大きくなっていくのが分かりました。
私は唇を重ねるだけでなく、舌を絡めてきたので、男たちが見ている前でディープキスをしていました。「離して~」と言おうとしましたが、舌を吸われて言葉になりません。私は男友達がギュッと抱きしめて私にキスしているその顔が、間抜けでバカ面だな~と冷静に見れる自分がいました。それでも男友達が長い時間ディープキスをしているので、他の男子は私のお尻を触りだしました。私は後ろ手に触られているお尻から手をどかそうと、払いのけようとしました。
そしてもう一人は、少し男友達が私から離れた隙を狙って、私の胸を後ろから揉み始めたのです。これじゃあ1対3じゃないか。今まで何人かの男性とは経験したことがある私でも、複数の男性からいやらしいことをされるのは初めてです。どうすればいいのかと思っていると、畳んでいた布団の上に押し倒されました。男性3人に私一人。
「お願い、やめて。こんなことしないで」
「ごめん祐奈、こいつらの言うことどうしても聞かなくちゃいけなくて」
何かやむを得ない事情があるのでしょうが、男友達のことはそれほど嫌いじゃないけれど、状況が残念過ぎる。私はといえば男性二人に両肩を掴まれ、脚には男友達がのっています。身動きが取れず、諦めました。服をはぎ取られ、ブラジャーもむしり取られてしまいました。男たちが私の乳首を両方から舐めると、私は何も考えられなくなりました。
3人の男性が乳首を舐めたり、私のおまんこを舐めたりしています。勝手に涙が流れて、もうどうにでもなれと思いました。男友達がおまんこに舌を這わせ、クリトリスを吸って指を出し入れしていると、声を漏らしてはいけないと唇を噛みしめました。
「ほらほら、声を出していいんだよ。気持ちいいからもっとしてって」
「祐奈ちゃん、君は借金をチャラにしてもらうために、売られたんだ」
「本当ごめん、許してくださいとは言えないけど、ホントごめん」
唇を吸う人がいれば、クリトリスを吸う人もいる、乳首を吸う人もいる。段々犯されているというのが頭が痺れてきて、何が何だか分からずにいました。クリトリスに吸い付いている人は指を高速で出し入れして、私は歯を食いしばっていかないようにしたのですが、結局はいってしまいました。
そのうちチンチンが目の前に出されると最初は顔をそむけていましたが、鼻を摘ままれ口に入れられていました。フェラはそのうちイマラチオになり、むせていました。口ではフェラをして下の口では男友達のチンチンを入れられています。
「ああ、ダメ、やめて。許して、痛くしないで」
とお願いしました。しばらくするとおまんこに違う男性のチンチンが入ってきて、今度はあまりの大きさに「痛い痛い」と叫んでいました。最後の男性のチンチンが入ると、不覚にも気持ち良くて、また唇を噛みしめていました。頭の中では「気持ちいい、もっとしてもっと」とお願いしています。
その後何度も口にザーメンを出されたり、おまんこに中出しされて、妊娠したらどうしようと思いました。
知らない男性を含め、3人の男性に犯されて、最後は気持ちいいと思ってしまうほどの淫乱女です。結局妊娠しなかったのは幸いでした。その後男友達から謝罪のメールもなく、男友達は風のうわさで大学を中退したそうです。