私は40代の男性です。エロ話はいくつかありますが、不倫の話もたくさんあります。皆さんは不倫を悪だと思っているかもしれませんが、好きになってしまったら我慢するのは苦しくなりませんか?私は相手の家庭を壊さないで不倫をしています。不倫のエロい話を書くのですが不快に思ってしまったらごめんなさい。不倫のエロ体験談の方がドキドキ、エッチができます。それでは不倫のエッチな話を書いていきます。相手の女性のプロフィールから紹介しますね。名前は美夏ちゃんです。年齢36歳で旦那がいます。美夏ちゃんの容姿は顔が普通レベルで、和風系の顔です。目は切れ長で鼻は高いです。髪は黒髪のロングで、後ろ側で縛っています。性格は優しくて、大人しいです。どこで知り合ったかは前の会社です。美夏ちゃんの仕事と私の仕事は介護職員として一緒に働いていました。私は転職して美夏ちゃんと別れてしまったのですが、電話番号を聞いていたので、LINEでつながりました。何気に美夏ちゃんにLINEをしてみたら、長くLINEのやりとりをすることができました。半年間LINEのやりとりをして、いつの間にか仲良くなって、お互いの介護の仕事の話や美夏ちゃんの旦那の愚痴を聞くようになりました。美夏ちゃんからLINEでハートマークがくるようになり、私もハートマークを返して、LINE内でラブラブな関係になっていきました。まさか美夏ちゃんにフェラされて、私も美夏ちゃんのおまんこをクンニしてクリトリスも触ることができるとはこの時は思ってもいませんでした。エッチしたい気持ちはもちろんありましたが。ある時に、冗談で「美夏ちゃんとごはん行きたいなあ」とコメントしたら「いいよ」と返信がきたので、ご飯を食べに個室で会うことになりました。久しぶりに会ってみて、容姿がかわっていなく、痩せていたので、美夏ちゃんの身体をエッチな目で見てしまいました。美夏ちゃんは胸が比較的大きいので、おっぱいを触りたいと思いながら、ご飯を一緒に食べていました。何回かご飯と食べにいき、美夏ちゃんから、プレゼントをもらうことができたので、私は「エッチができる」と思うようになり、LINEで「美夏ちゃんと会った時にイチャイチャしたい」とコメントしてしまいました。美夏ちゃんから返信がきて「私もイチャイチャしたい」とコメントが返ってきた時はガッツポーズをしてしまいました。すぐに「いつ会える?」とコメントして「来週なら大丈夫」と返信してきて、ラブホテルに行くことになりました。まさかラブホテルにスムーズに行くと思っていなかったので、かなり緊張しました。一緒に働いていた子の身体を見ることができるのは興奮してしまいます。待ち合わせをして、すぐにラブホテルに行きました。比較的安いラブホテルを選んで部屋に入った時、現在のラブホテルは安くてもゴージャスな感じでいい雰囲気でした。すぐにエッチがしたいので、私からお風呂に入りました。美夏ちゃんにフェラされる、おちんちんを綺麗に洗い、お尻の穴も一応洗っておきました。お風呂から出てから、美夏ちゃんがお風呂に入り、私は部屋でスマホを触ってエロ動画を観ていました。 エロ動画を観ていると、勃起してしまい、我慢汁も出てしまっていました。美夏ちゃんがお風呂から出てきて、一緒に布団の中に入りました。エッチのタイミングをどうしようか迷っていたら、美夏ちゃんから手を繋いできてくれたので、私からキスをしました。最初は軽いキスで、私から舌を出して美夏ちゃんにも舌を出して欲しいことを伝えてベロチューをしました。キスを激しくした後、私は美夏ちゃんのおっぱいを触ったら、柔らかくて感触がよかったです。美夏ちゃんの乳首は立っていて「おちんちんみたいに勃起しているよ」と言ったら恥ずかしがっていました。私は乳首を丁寧に舐めてから、下半身に手をやり、美夏ちゃんのおまんこを触りました。膣を少し触っただけで、濡れていたので「いやらしい液が出ているよ」と耳元でささやいてからクンニをしてあげました。クンニしながらクリトリスも一緒に触ってあげて私は美夏ちゃんを気持ちよくさせたくて一生懸命に舐めてあげました。手マンもしたかったので、指をおまんこの中奥深くに入れて、指を動かしたら美夏ちゃんは喘いで「気持ちいい」と言ってくれた時は最高でした。フェラされたくて、寝ている美夏ちゃんの顔の前に、おちんちんを持っていき、口の中におちんちんを入れてフェラしてもらいました。口の中に全部おちんちんを入れるのは、可哀そうなので、先の方だけ口の中にいれてフェラしてもらいました。美夏ちゃんから「もっと綺麗に舐めてあげるから横になって」と言われて、私は横になりフェラを受けることになりました。フェラされながら、睾丸の方も触ってくれて、私は「幸せ」と心の中で強く思い、美夏ちゃんのおっぱいを触っていました。そろそろ入れたくなったので美佳ちゃんに「入れてもいい」と聞いたら「今日は駄目」と言われてしまい、ショックでしたが、お口で抜いてくれると言ったのでフェラで我慢してくれました。激しいフェラをしてくれて私は気持ちよくなってしまい、美夏ちゃんの口の中に精子を出してしまいました。美夏ちゃんに本当は精子を飲んでもらいたいと思っていたのですが、無理やり精子を飲ませて嫌われたくないと思ったので、「手に精子を出して」と言って美夏ちゃんの手に精子を出してもらったら、濃い白色の精子が出てきました。かなりたまっていたので、たくさん精子が出たと思っています。美夏ちゃんとエッチした後、ハグをしてお互いの肌を触っていました。その後美夏ちゃんとは本番までいくエッチをすることができましたよ。もちろん相手の家庭を壊すことはしません。私の方も家庭がありますが、美夏ちゃんも私の家庭を壊すことはしてきません。お互い、癒されたい気持ちがあるから、エッチができたと思っています。以上、不倫のエロ体験談を書いていきました。不倫に対して不快に思ってしまった方はごめんなさい。しかし、不倫してお互い家庭を壊さないで癒されて人生が楽しければいいと私は思っています。他の人には不倫することは、おすすめはしません。理由はどっちかが本気になってしまったら家庭を壊す危険性があるからです。お互いの家庭を絶対に壊さない自信があるなら不倫してもいいと思いますよ。