私はSNSを今年からフル活用して毎日介護の投稿していきました。そうしたらフォロワーがすごく増えて介護職員の女性から好かれるようになりました。私は40代で今まで複数の女性とのエロ話があります。風俗体験談のエロい話や不倫したエロ体験談や出会い系サイトでのエッチな話です。SNSでのエロ体験談は今年に入ってからです。まさかSNSで女性と出会いエッチができてフェラやクンニしてクリトリスも触ることができるとは思ってもいませんでした。それでは出会った女性のプロフィールを紹介します。名前は凜々花ちゃんです。仕事は介護職員をしていて年齢34歳です。容姿は髪がストレートヘアのセミロングで目が大きくて華奢な体つきをしていますが、下半身はムチムチしていてエッチな身体です。胸は小さいのですが私は顔が可愛ければ胸の大きさは気にならないです。凜々花ちゃんと待ち合わせはお互いの中間点の駅で出会いました。LINE交換をしていて電話でも話していたので、凜々花ちゃんは安心して私と出会ってくれました。毎日介護について投稿している内容も真実で真面目にしていたから信用性もあったのは間違いないです。駅近くの喫茶店に入りご飯を食べました。その日はご飯だけで、別れました。比較的近い距離に住んでいるので、いつでも出会えると思っていました。可愛かったので私はまた出会いたくなり、凜々花ちゃんに「また会いたい」と伝えました。凜々花ちゃんは予定をつけてくれて後日会うことに成功しました。フォロワーが多くなると、女性は錯覚して私のことをファンになってしまい、好きになる傾向があります。私は凜々花ちゃんが私に好意があることは伝わっていたので、エッチできるのではないかと考えるようになりました。実際に会いまたご飯を食べてから私は駅近くを一緒に散歩している時に凜々花ちゃんの手を握って手を繋いで散歩しました。私は「これはエッチができる」と確信して凜々花ちゃんに「イチャイチャしたい」と言ってラブホテルに誘いました。凜々花ちゃんは「うん」と小さな声で恥ずかしがり答えてくれて、近場のラブホテルを検索してからホテルに向かいました。私はエッチができると思うと興奮してしまい、勃起した状態でラブホテルに向かいました。ホテルに到着してから、私はすぐにお風呂に入り、シャワーを浴びました。浴槽にお湯を貯めてゆっくりお風呂に浸かり凜々花ちゃんとのエッチできることを考えながら、おちんちんを触って軽くオナニーをしていました。エッチをする為に身体を綺麗にしないと思い、おちんちんに石鹸をたくさんつけて、身体を洗いました。お風呂から出てから、私はベッドの中で待ち、凜々花ちゃんがお風呂に入っていきました。コンドームのある位置や部屋の中を物色して、凜々花ちゃんがお風呂から出てくるのを待っていました。お風呂から出てきた凜々花ちゃんをベッドの中に誘いキスをしてエッチを開始しました。まずは軽くキスをしてから濃厚なキスにかえました。可愛い顔をしている凜々花ちゃんに「可愛い顔をしていてタイプ」と言ってあげた時はすごく喜んでいました。 濃厚なキスを長時間してから頬やおでこにキスをして私は胸を触りました。小さなおっぱいが見えてきて乳首は黒くなくて赤でした。私は黒い乳首が正直好きでないから赤い乳首で安心しました。乳首をたくさん舐めてあげて、小さなおっぱいを揉んであげた時に凜々花ちゃんから「私は胸が小さくてコンプレックス」と言ってきたから「可愛いおっぱいだよ」と頭を撫でてあげて乳首を舐めておっぱいをたくさん揉んであげました。フェラして欲しかったですが先にクンニしてクリトリスを触りたくて、おまんこを舐めてあげました。膣を舐めてからクリトリスを触って舐めてあげた時に凜々花ちゃんはかなり気持ちよくなっていて「気持ちいい」と言ってくれたから嬉しくなった私は、一生懸命にクンニして手マンをしてあげました。かなり濡れてしまっていて私は音を立ててマン汁を吸ってあげました。凜々花ちゃんは「恥ずかしい」と言っていましたが、「大丈夫」と声をかけてクンニを長時間してあげました。私も気持ちよくなりたいのと、おちんちんがかなり大きくなっていたので「こっちを舐めて欲しい」と言ってフェラをお願いしました。凜々花ちゃんは「うん」と言ってくれておちんちんを舐めてくれました。梨々花ちゃんのフェラは最初に軽くおちんちんを咥えてから口と手を動かしてフェラしてくれました。特によかったのは睾丸を舐めてくれている時に私の顔をみて竿の方を手こきしている時は最高でしたね。フェラを長時間やってくれた後に私から「舐めっこしたい」と言ってシックスナインをしました。凜々花ちゃんのお尻の穴が見えましたが綺麗だったので気にならなく、おまんこを舐めてあげました。凜々花ちゃんを気持ちよくさせたいと思って一生懸命に舐めてあげたら、凜々花ちゃんも私のおちんちんを丁寧に一生懸命に舐めてくれました。そろそろ入れたくなってコンドームをはめて正常位の体位で挿入しました。最初いれる時、私はおちんちんにたくさん唾をつけて、入りやすいようにしました。本当はローションをつけて挿入したかったのですが、最初のエッチでローションを使うことに抵抗がありローションは使用しなかったです。入れてから子宮がおちんちんにギュッと締め付けてきてくれたからすごく気持ちよくなって徐々に激しく腰を動かしました。可愛い顔をしている子とエッチできるからキスを耳元で「気持ちいい?凜々花ちゃんのあそこすごく締まっていて気持ちいいよ」と言ってあげたら、おまんこが濡れているのがすごくよく分かりました。私はバックに体位をかえて、後ろからバックで入れておっぱいを揉んであげてキスもしました。後ろから支配できて私は至福の瞬間を味わいながらエッチを楽しんでいました。我慢できなくなり入れたまま「いくいく」と言って精子を出してしまいました。おちんちんをおまんこから出してコンドーム内を見た時に精子がたくさん出ていました。凜々花ちゃんと最高のエッチができて本当に幸せな気持ちになりました。SNSで出会いを求めていなかった私は今回の体験をしてしまったせいか女性との出会いをSNSで求めるようになってしまいました
よ。美味しい体験談を今後も積み重ねていきたいと考えています