私は出会い系サイトを長年やってきてたくさんのエロ話を作りました。友達も出会い系サイトをやっていてお互い出会い系サイトで女性とやったエロい話をしています。1回出会い系サイトを辞めようと思ったのですが、エロ体験談を何回も作った私は辞めることができずに今もやっています。今回のエッチな話は出会い系サイトで知り合い比較的早くエッチした話を書いていきます。サイトを使っている時に女性の写真を見るとフェラされている光景が沸いてしまいます。私はクンニしてクリトリスを触ることや舐めることをして女の子が気持ちよくなっている顔をみるのが醍醐味です。まずは女性のプロフィールを紹介します。名前は里香ちゃん、年齢29歳。職業が看護師でバツイチの女性です。身長162cmあり巨乳のスレンダーです。顔は目が細いですが私はエッチができればそれ程可愛くなくてもいいと思っています。肌が色白で巨乳ですからすごくいやらしい身体をしています。出会い系サイト内で私はバツイチの女性を狙いました。理由としてバツイチの女性はすごく寂しい思いをしています。私は介護の仕事をしているのですがバツイチ女性がたくさんいて、メンタルを壊して寂しがっている方が多いからバツイチの女性の気持ちがよく分かるのです。里香ちゃんとはサイト内で、信頼を構築するまで何回もメールのやり取りをしました。すぐにLINE交換を迫ってしまいますと女性は男性のことを怪しい人と思ってしまいすぐに連絡が途絶えてしまいます。ここを耐えて私は1か月ぐらい出会い系サイトでやり取りをしてからLINE交換しています。里香ちゃんも同じような感じで1か月やりとりしてからLINE交換しました。LINE内は無料ですから1日に3回ぐらいやりとりをして趣味や仕事の話をしていました。里香ちゃんは寂しがり屋で必ずLINEの返信は早くて私は「会える」と確信しました。私の期待通り里香ちゃんから「会いたい」と言ってきてくれました。私は即答で「会おう」と言って近場だったので近くのコンビニで待ち合わせをしました。写メを交換していなくて出会ったのですがスタイルはいいのはわかっていたので顔を見るまえ不安でしたが、実際に顔を見て許容範囲内だったので安心しました。ご飯を食べにいくことになり、イタリアンレストランで食事をしました。里香ちゃんは胸が大きいので洋服の上からでも目立ちました。ご飯を食べていても胸を気にしてしまいエッチな気分になってしまい私は勃起しながらの食事でした。1回目でエッチをしようと思っていなくてご飯だけにしました。別れ際に私から「今日は楽しかったからまた会いたい」と言って手を握り笑顔で別れました。その後LINE内で毎日やり取りをして今度は私から里香ちゃんに「また会いたい」と言って会うことになりました。2回目のデートでエッチをしようと思っていた私はドライブをしてコンビニで購入した飲み物とサンドイッチを食べて夜の公園で話をしていました。ある程度会話してから私はもうエッチしたくなってしまい、 里香ちゃんの手を握って「キスをしてもいい?」と聞いたら「うん」と答えてくれました。2回目のデートでキスはお互いの親密感がないと拒否されてしまいます。私と里香ちゃんはかなり親密感があったからキスができたと思っています。手を握り、目を閉じた里香ちゃんの唇にキスをしてみたら里香ちゃんから舌を絡ませてきました。かなり積極的にキスをしてきたから私は驚きと嬉しさの両方がありましたが、積極的なキスをしてくれたから期待に応えないといけないと思い舌を絡ませて濃厚なキスをしました。濃厚なキスをして里香ちゃんの洋服の上からおっぱいを触り上着を脱いでもらいブラジャーを外して大きなおっぱいが出てきました。私は巨乳で形が整っている胸をまずは優しく揉んでから乳首を吸ってあげました。里香ちゃんは乳首を舐めると興奮して「そこいい」と言って感じていたので、もっと気持ちよくなってもらいたいと思い唾を乳首につけて軽く噛んで舌で激しく乳首を舐めました。おっぱいを触った後に下半身に手をやってスカートの中に手をいれてパンティーの上からおまんこを刺激しました。クリトリス付近も触ってあげてからパンティーの中に手をいれてみた時にもうかなり濡れていて、私は一気にパンティーをおろして手マンをしてあげました。手マンした時に「クチュクチュ」と音が鳴って気持ちよさそうにしていたから嬉しくなって激しく手マンをしてしまい、クンニもしたくなり車の助手席のシートを倒しておまんこを舐めてあげました。最初に膣の中を舌で舐めてからクリトリスを舐めて10分間ぐらいクンニを続けていました。私も気持ちよくなりたくなってしまいズボンとトランクスをおろしてフェラしてもらいました。車の中でフェラされて外の風景をみるのはすごく興奮してしまいました。睾丸の方も舐めて欲しくて「こっちも舐めて欲しい」と言ってみたら里香ちゃんは黙って睾丸を舐めてくれました。舌で睾丸を舐めるとくすぐったさと気持ち良さの両方がありましたよ。コンドームを購入してあったのでコンドームをはめて、助手席に里香ちゃんを寝かせて挿入しました。おまんこはかなり濡れていたので入りやすくて締まりもよくキスをして腰を徐々に激しく動かしていきました。車の中ですと狭いからいろいろな体位はできませんから、正常位で精子をだそうと考え、集中して私は「ハアハア」言いながら息を里香ちゃんの耳元にかけて腰を激しく動かしました。かなり気持ちよくなって「いくいく」と言って精子をおまんこの中に出しました。コンドームをはめているから妊娠の心配はなくて精子が最後まで出るまでおまんこの中におちんちんを入れていました。おまんこからおちんちんを抜いて大量の精子があるコンドームを縛って、里香ちゃんはお掃除フェラを自分からやってくれました。すごく丁寧にお掃除フェラをしてくれて私はこの子とエッチできてよかったと心の底から思いました。その後は定期的に会ってエッチをしています。出会い系サイトを今でもやっていて他の女性と会うために頑張っていますよ。鬼畜と思われるかもしれませんが、せっかく生まれてきて気持ちのいいことができるから私は出会い系サイトをこの先を使っていき女性とエッチを楽しんでいきたいと思っています。