以前あった、エロい話します。
私は小さな会社で事務をしています。会社に時々配達に来る男性のことが気になっています。最初は秋で肌寒くなってきたのに半袖を着ていたのを見て、いつも急いでいて寒いなんて思っていられないのかなと思っていました。それが冬になって、コートやダウンを着る季節になっても、まだ半袖だったのです。初めの取っ掛かりは不憫に思ったと言ってもいいです。
「寒くないですか?」
「ええ、寒くないですよ」
配達の男性は初冬なのに、まだ薄っすらと日焼けした肌で、私に事務的に答えました。配達の男性は中年で、身長は私と同じくらい、体型はがっちり、頭は帽子をかぶっていたので分かりませんが、ロン毛ではなさそうです。ちょっと考えてから、言葉を続けました。
「ああ、半袖だから、ですか?」
「もう12月ですけど、寒くないかなって、すみません、変なこと言って」
「体動かしてると、すっかり寒さを忘れてしまって」
男性は照れ隠しに帽子を頭から外して、気になっていた髪型は頭頂部が薄い感じの短髪でした。
それ以来というもの、私しかいない時には配達の男性とちょっとおしゃべりをするようになりました。毎日自宅と仕事場の往復で、職場には若い男性や上司のおじさんもいますが、私とは業務連絡で話しをするぐらいでした。父を早くに亡くしたので、母と二人暮らし。母はスナックで夜働いているので、私とはほとんど顔を合わせることがありませんでした。
ある日、男性は片手に小さな紙袋を持って来ました。荷物がないのを確認してから、私にその紙袋を手渡しました。
「え、何ですか?」
「開けてみて…」
私は素直に、小さな紙袋から小さな箱を取り出しました。小さな箱はどう見ても宝石が入っているような頑丈な物で、その箱を開けると、想像通り宝石のケースが出てきました。私はもう一度本当に開けていいのかと目で訴えると、男性は力強く首を縦に振りました。ケースを開くと、小さい粒ではありましたが、ダイヤモンドの指輪が埋め込まれていました。私はビックリしていると、男性が言いました。
「時々この会社に来てあなたと話しをしていてとても楽しかったです。話しているうちに、あなたとずっといたいと思いました。正直、私はいい年をしてこれまで女性と付き合ったことがありません。でも、あなたと年を取るまで一緒にいたいということは、結婚したいということだから、結婚を前提に私と付き合って下さい」
まさか、結婚指輪を貰うことになるとは。私はこれまで男性とは何人かとお付き合いしたことがあります。その中でもプロポーズされたことも何度かありましたが、この人だ!という確信を得ることができず、別れてしまいました。言ってはいけませんが、今プロポーズしてきた男性よりイケメンだし、私の好みのタイプでした。でも、私は分かりました、結婚って、好みのタイプよりもずっと一緒にいたい人だって。
ハゲかかっていようが、イケメンではなかろうが、話していて楽しい人なら何とか人生やっていける気がします。いつもの私なら”少し考えさせてください”と答えをズルズルと引き延ばしていたことでしょうが、私はすぐに返事をしていました。
「こんな私ですが、よろしくお願いします」
そう言って頭を下げていました。私たちはその場でメールアドレスの交換をして、別れました。何度もメールをやり取りして、今度同じお休みの日にデートをすることにしました。そう、頂いたダイヤモンドを右薬指につけて。小さくてもダイヤモンドは私の指に光り輝いていました。
孝さんは海を見に行こうと車で迎えに来ました。言ってはいけないのかもしれませんが、孝さん、顔に似合わず車はスポーツカーでした。私は驚いてつい、この車を買ったのはローンで、ですか?って聞いてしまいました。すると
「親戚で自己破産した人がいるからローンとか嫌いでね。だから現金で」
私車が好きなのでそれなりに値段は分かりますが、この車1台で、国産車が2台は買えるはずの値段です。ダイヤモンドといい、スポーツカーといい、孝さんはもしかしたらお金持ちの人なのかもしれない、と思うようになっていました。住まいを尋ねると都内の高級住宅街を言いました。でも親と同居しているから、結婚を機に独立したいと言いました。私は玉の輿に乗ったのかもしれないと思いましたが、これ以上詮索するのは止めようと思いました。
打算は失敗の元って誰かが言ってました。
車は海沿いの道を走り、しばらくすると車は止まりました。別荘が立ち並ぶ一角の敷地内で車を降りると、孝さんは遠慮しないで入って下さい、と言って高そうな別荘の中に入りました。私は慌てて後に続くと、高台に建っているそのお宅は、やはり孝さんのお父様の別荘でした。家の中はどこを見ても素敵で、私はクラクラしてしまいました。リビングからは海が一望出来て、1枚の絵を切り取ったかのようでした。
孝さんはどこからかシャンパンと華奢なグラスを持って来て、私についでくれました。私は今まで味わったことのないセレブの風に当たりっぱなしで、もうどうしていいのか分かりませんでした。乾杯をしてシャンパンを一口飲むと、今まで飲んでいたのシャンパンと称した物が嘘のように飲みやすくて美味しい物でした。
私はフカフカのソファーに座り、シャンパンを飲み、いつの間にか眠っていました。気が付くと一糸まとわぬ裸で、体が全然言うことを利かない状態でした。薄っすらとした意識の中、多分ウォーターベットみたいな物に寝かされていて、視線を足元にやると、孝さんが私の大事な所に顔を埋めています。

えっ、私の体どうなったの?私そんなに飲み過ぎたの?記憶が無くなるほど飲んだ記憶もないのに。

また意識が薄れていきました。
気が付くと今度はどう考えても、男性の物が私の中を貫いている、そんな感覚で目が覚めました。私の中にいるのは誰?!もちろん孝さんのはずですが、何も分からないままこんなことになるなんて。私は感じたことのない研ぎ澄まされた状態で、いつもの何倍もの気持ち良さに包まれていました。
男性のおチンチンが私の中で何度も出し入れされると、私は体の中が解放されたような状態になり、すぐに果ててしまいました。ガクガクっと体が震えて、くずれおちました。孝さんはいつもの孝さんではなく、めちゃくちゃカッコいい男性に見えました。イケメンで、私の好みの男性が私に「フェラしてくれよ」と言いました。私は喜んでおチンチンをフェラしました。大きなおチンチンをパックリ咥えて、喉の奥の方まで入れると、すぐにむせてしまいました。
でもむせた後に私の顎をクイッと上げて私の涎だらけの口にキスをしてきました。どう見ても孝さんではないイケメンが、イマラチオを要求したのです。シックスナインの状態でクリトリスを吸われると、体がビリビリと痺れて、また果ててしまいました。何度も繰り返す気持ち良さに私は疲れることなく、今度は四つん這いになり、後ろからおチンチンをアソコに入れられました。少し入れられるだけで、また果ててしまいました。
「私に何をしたの?」
口から出る言葉は、そのようには聞き取れませんでした。でもイケメンがニヤリと笑って言いました。
「知りたい?媚薬だよ。まさかこんなに効くとは思わなかったよ。おかげで僕も楽しいよ」
そう言って、何度も何度もいやらしいことが続きました。媚薬を飲むと体の感覚や視覚までもがいつもと違う状態になることを知りました。疲れることもなく、ずっと私はおもちゃにされ続けました。