この前あったエロ体験談します。結婚を控えた25歳の女性、仮名マツコといいます。私は1年付き合った彼氏に先日結婚を申し込まれて、もうすぐ入籍します。彼は私と同い年ですが、どちらかというと彼は年上に見られます。なんでだろうと考えたら、髪の毛が薄いからかもしれません。でもそこが私、好きなんです。好きになる人は髪の毛が薄い人ばっかりです。あと、彼は優しくて…そしてエッチが大好きな人です。会うと必ずエッチします。どこでもいつでも私を求めてきます。そこが彼のいいところなのかもしれません。
彼は私の初めての人です。私はそれまで男性と話すのが苦手で、もちろん付き合ったこともありませんでした。なので友達に紹介すると言われた時も初めは断っていました。だって、男性と何を話せばいいのか…でも彼は違いました。彼と会った時に趣味が一緒だってことが分かったので、気を遣わずに話すことができました。
私は子供の頃から電車が好きです。オタクとまではいきませんが、電車が好きで、いろんな所に乗りに行きました。彼は立派なオタクなので、彼が電車の話をしていれば私はただその話を聞いていて、話しに行き詰まることもありませんでした。彼はすごいエッチなんです。…精力がありあまっているというか、元気があり過ぎるというか…とにかくすごいんです。そのことについて話したいと思います。
彼に処女を捧げた時から、彼は私をとても大事にしてくれました。私のことを一番に考えてくれて、私はいつも彼に愛されているなーって感じています。
「マツコ可愛いね~大好きだよ」「どうしてそんな目で見るの?僕がチューしたくなるじゃないか」「いい子だね、マツコ。おっぱいが触ってって言ってるじゃないか」
いつも私にじゃれてきます。私は他の男性を知らないので、男性とはこういうものなのかと思っていましたが、友達と話していて、付き合っている彼がいつまでもそんな風にじゃれてこないというのを知り、彼はエッチが好きなんだろうなって思います。
最近は忙しくて週に2度しか会えないのですが、毎回私の体を求めてきます。生理であろうが関係ありません。タオルを敷いて血だらけになったこともあります。この前はいっぱい舐めたいと言って、私に甘えてきました。
「ねーねーマツコ、いっぱいクンニしたいから、おまんちょのお毛毛剃ってもいい?」
私は目を真ん丸にして、開いた口がふさがりませんでした。
「えっ?あそこの毛を剃るの?」
「そうだよ、毛があると舐めにくいでしょ?それにマツコのおまんちょよく見たいから、いいよね?僕が剃ってあげる」
「恥ずかしいから嫌だ」
「お願い、一度でいいからパイパンやってみたかったんだよ」
「切れたらどうするの?大事な所」
「ゆっくりやるから、絶対切らないから」
「そんなに剃りたいの?今回だけだよ、もう次はやらないからね」
「嬉しい!ありがとう、大好きマツコ!」
そう言って彼は私にキスしてきました。剃毛する前に一度セックスしました。
「毛がある今、一度写真を撮っておいて、剃った後にも一枚写真を撮ろうよ」
と言われました。でも写真だけは断りました。写真は死んでも嫌です!

私が一度挿入された後でグッタリしている所に、彼は剃刀を持って来ました。T字の小さなかみそりでした。普段は電気カミソリで髭を剃っていると聞いたことがあったので、このためにわざわざ用意したようです。私と会う前に剃毛することを考えていたのでしょう。ベットに横になったまま、髭剃りの泡を毛の上に載せられると、慎重に剃り始めました。
私は自分の見えない所で毛を剃られるという、初めての経験にドキドキしていました。彼は丁寧に私の毛を剃ってはティッシュでふき取りを繰り返しました。
「あー毛がなくなってきたよ、ヤバい!マツコのおまんちょ可愛いよー」
おまんこの周りも手を当てながら、切らないように慎重に彼は剃っていました。明るい所で何度も見られながら剃られるのは、とても恥ずかしかったです。真剣になるほど、彼の鼻息が掛かって、興奮しているのかな?と思えました。
「ほらー出来たよ!パイパンだ」
私はその言葉で一気に恥ずかしくなり、顔を隠しました。「ほら触ってごらん」と言われたので、そっと触ってみると、ちょっとジョリジョリした感じが残っていましたが、さっきまでの毛がある感じはありませんでした。
「何にもないね、ジョリジョリ」
「見てごらんよ、鏡で」
私は抱き上げられ、ユニットバスの鏡を見に行きました。裸の私がおっぱいとおまんこを出したままで写っています。おまんこに毛はありませんでした。その後ろで彼が鏡を見ながら私に愛撫してきました。
「マツコの裸を見ながら、おっぱい揉んでるよ。いやらしいね、毛がないなんて」
私の耳元で囁きながら、乳首を摘まんでいました。耳たぶをしゃぶりながら、後ろからクリトリスをグリグリと触ってきました。私はさっき入れられたばかりで、敏感になっているあそこがもう感じてしまって、声を上げられずにはいられませんでした。
「ああん、ダメ。毛がないから感じちゃう」
「気持ち良くなっていいんだよ、ほら、あっちに行こう。舐めてあげるから」
私をベットに連れいていくと、毛が無くなったクリトリスをチュパチュパと吸い始めました。気持ち良くて、クリトリスを舐められながら、あそこに指を入れられると、私はまたイキそうになりました。
「またイっちゃう!」
「いっぱいイってごらん、淫乱なマツコが好きだから」
「私淫乱じゃないもん。そんなこと言わないで」
「僕は淫乱なマツコが好きなんだ。パイパンのマツコがいやらしい声で鳴くのがそそるんだ」
彼はいやらしくて、スケベで、言葉責めも好きでした。私もそうやって彼に言葉責めをされるのが好きで、いじめられるほど、おつゆが溢れてくるのでした。
「毛がないから濡れているのが丸見えだぞ!ツルツルのおまんこがマン汁でヌルヌルだぞ。マツコはセックスが好きなんだね~」
「恥ずかしい!私そんなに濡れてるの?」
「ほら触ってごらん、こんなに濡れてるよ」
私はツルツルになったおまんこを触ってみました。いつもより濡れています。グチュグチュしたおまんこを触っていると、早く入れてもらいたくなりました。
「お願い、もう我慢できないの…」
「何が?どうすればいいの?ちゃんと言わなきゃ分からないよ」
「もぉーいじわる!お願い、入れて」
「何を入れればいいの?」
「おチンチン頂戴!お願い、入れて」
「どこに?可愛いな、恥ずかしがってるマツコ可愛いよ」
ズブリとおチンチンを入れてくれました。私はあまりの気持ち良さにまた、ブルブルッと震え、イってしまいました。
「気持ちいい!もっと、もっとして~」
「しょうがないな、淫乱マツコはいくら入れてあげても、もっと頂戴だもんな」
「恥ずかしい!私は気持ちいいからもっとって言ってるだけよ、そんなズルい」
「それはマツコが悪いんだぞ、こんなパイパンになって、可愛いおまんちょ過ぎる」
「やだ、恥ずかしい。そんなに見ないで~」
「毛のないおまんこにチンチンが入ってるのが見えるのは、いやらしいね~」
私たちはそれから何度もクンニとフェラを繰り返しました。その日はいつになく何度もセックスをしたのは、彼が剃毛をしてとても興奮したのかもしれません。それにしても、毛がないあそこは、そこだけ見ると幼稚園児とか小学生みたいな感じで、こんなことしていいのかなって思いました。もしかしたらそういうのも彼の趣味なのかな、と思わずにいられませんでした。