実際にあったエロい体験談

実際にあった体験談を広く集めたエロ体験談のまとめサイト! ナンパで中出し、彼女とのハメ撮り、処女喪失、近親相姦、出会い系、社内での不倫・浮気でのエロ体験、イケナイ関係とわかっていながらも人妻との濃厚なエロSEX(セックス)体験、ナースとのエロ体験、学生時代の乱交etc、エロい体験談満載です。是非、ご堪能下さい❤

ネットに投稿されたエッチ体験談のまとめサイト! ナンパ、ハメ撮り、姉・妹との近親相姦体験、不倫・浮気での エッチ、人妻とのSEX(セックス)、ナースとのエロ体験、乱交etc、エロい体験談満載です。是非、ご堪能下さい♥

【OLのエロ体験談】

社会人なりたての僕が、23歳の女性先輩社員に貸切風呂で中出ししてしまったエッチな体験談


僕は当時、まだ会社に入って1年のフレッシュマンでした。何とか仕事も覚えて先輩たちとも仲良くしていた時のエロ話です。

ゴールデンウィークを使って旅行に行こう、と25歳の男性先輩からの話がありました。僕は断る理由も無くオーケーを出したのですが、その時に他に参加するメンバーが女性の先輩二人です。どちらも23歳。

男女混合の旅行に緊張と楽しみが混合していたことを覚えています。

元々その男女の先輩たちは仲が良くて、女性の先輩のうちの一人は男性先輩のことを好きなんだろうなと内心思っていたのです。

まあ旅行中に二人が何かありそうかなと変な妄想もしながら当日。男性先輩の車で現地のホテルまで行きました。



旅館の手続きなどは先輩たちでやってくれたので、僕はついていってお金さえ払えばいいらしいです。部屋は二つ取っていたので、男と女に別れてチェックインしました。

「あのさー、4時から1時間の貸切風呂も予約したからさ、あとでそれ行くぞ!」
男性先輩からの一言。当時の僕は何も考えていませんでしたが、今思えば男二人で貸切風呂って…怪しいですよね。

当時はもちろんその先輩を「ホモじゃないか」なんて考えていませんでした。



そして4時になり、先輩が貸切風呂に向かいます。しかし先輩は忘れ物をしたという事で部屋に戻りました。
「わりー、すぐ行くから先に風呂入っててくれ!」
「わかりましたー」

僕はその時貸切風呂が初めてで、ちょっと楽しい気分になっていたのです。こんな贅沢な露天風呂が貸切とは!興奮気味です。

そこに先輩がお風呂に到着、扉を開けて入ってきた先輩に一言。
「お疲れです…え!!?」
そこにいたのは女性の先輩の一人、ミユキでした。
「え、え?ミユキさん?なんで??」
「なんでって。貸し切り風呂だし」

僕は困惑です。見た瞬間にタオルで上半身を隠しながら来たから違和感がありましたが、そんなことになるとは。

ミユキは体もモデルのように整っていて、普段は髪をアップにして色っぽさのある人ですが、髪を下すと本当にお姉さまという感じでした。
「と、と、というか、先輩は?」
「あー、今頃二人でイチャついてるんじゃない?」

よく状況が飲みこめないまま、ミユキはタオルをとって湯船に入る僕に身を寄せてきました。
「こうなることを待っていたんだ、私」
無防備な僕の股間の近くに手を置くと、ミユキは耳元で囁いてきました。そしておもむろに僕に抱き付きキスをしてきます。
「この旅行は私たち二人のためのものだから…」

ミユキは舌と同じくらい体を絡ませてきます。キスと同時に手では僕のカチカチのムスコをしごいてきて、僕は完全に身を任せるしかありませんでした。
「ミユキさん…先輩に見られたら…」
「もう…来るわけないじゃない。私たちがこんなことしてるの知ってるから大丈夫よ」

僕は気持ちよくなりながらも状況が分かってきました。ただそれでも僕は真面目でミユキに逆らうことはできなかったため、興奮しているミユキの言われるがままになっていたのです。

「時間が無いからね、体洗ってあげる」
ミユキに手を掴まれて洗い場に連れていかれる僕。ボディーソープを全身に泡立てているミユキは、洗い場で座る僕の後ろから抱き付いて、再びムスコをしごいてきました。

「ボディーソープで滑りが良いから気持ちいでしょ」
「は、はい…すごく…」

ミユキの胸の感触を背中で感じながら、僕はこの状況で興奮がマックスになりつつあり、ミユキに頼みごとをしてしまいます。

「ミユキさん…パイズリして」
「えー、私のおっぱいでパイズリなんて生意気ね」

そんなこと言いながらも、ミユキは僕の前に回ってきて推定Eカップの胸でムスコを挟んでくれます。
「気持ちいい?」
「最高です…」
「嬉しいな、ねえ、舐めてあげるね」

ミユキはシャワーでムスコの泡を取ると、しゃぶってくれて激しくフェラしてくれました。当時はここまで激しくしてもらったことが無いので嬉しさもあってか、すぐにイってしまうのです。

ミユキの口に大量の精子が注入されて、どうやら飲みこんだようです。
「もう…早いなーイクの…」
「だって、気持ちいいから…」
「でもまだ若いから、まだイケるでしょ」

ミユキは再びボディーソープをつけて僕のムスコを両手でヌリヌリと。するとすぐに僕のムスコは起ちを復活しました。
「やっぱり若いなー、さて、今度は私の番ね」

僕は洗い場に座らされて、ビンビンのムスコの上にミユキが乗ってきました。そして腰を動かして感じているミユキがいます。
「あああん…これすごい…気持ちいい…」
「ミユキさん、僕またイっちゃいますよ!」
「あん…いいよぉ…今日は大丈夫だから…中に…」



最後はミユキに中出しして、貸切風呂の時間が終わってしまいました。部屋に戻るともちろん部屋割りは僕とミユキが一緒ということになっています。

そこでベッドでもう一回ヤルこととなります。次の日、男性先輩が僕らに向かって無言で親指を立ててきました。最初から僕とミユキをくっつける目的だったという事です。

会社の同期女性と打ち上げセックスをした時の体験談

去年の年末に、会社の同期の女性と社員寮でセックスをした時の話です。

僕の会社では年末になると若手社員が忘年会で出し物を行うことが恒例となっていました。
そして、僕と同期の女性が中心となり、他の若手社員たちと何をやるか相談をした結果、寸劇を披露することになったのです。

その後、その寸劇のための台本を僕と同期の女性で作成をすることになりました。
しかし、忘年会までの時間がほとんど無いため、仕事終わりで台本の作成を行うのが難しく、さらに台本作成を1人に丸投げしてしまうと、偏った台本になってしまうと二人で話し合い、その結果、僕が彼女の社員寮に行き台本の原案を考えることになったのでした。

彼女とは何度も同じ案件で仕事をしていましたので、特に嫌がられることもなく、金曜日の仕事終わりに彼女の社員寮に向かいました。
その途中にあるスーパーで、弁当と飲み物を購入して彼女の部屋に入りました。

その後、買ってきた弁当を食べつつ二人で最近の話題のネタなどを調べながら寸劇に盛り込み、全体的な流れを話し合い、一時間半ほどで台本は仕上がりました。
そして仕上がった台本をプリントアウトしようと、PDFに変換したファイルをUSBに移して近所のコンビニに向かいました。
その時彼女が、台本の見直しが終わったら打ち上げをしようと、お酒とつまみを購入。

再び彼女の部屋に戻り、プリントアウトした台本のチェックを終えると、彼女と二人で部屋飲みが始まりました。
そして1時間ほど飲んだ後、僕が帰宅をしようとしたとき、なぜか分かりませんが、僕のあそこがギンギンになってしまったのです。
それはズボンの上からでもわかるほどで、当然彼女にも、何、大きくなってるのと言われるほどでした。

僕も彼女に対して、なぜかは分からないけれど急に勃起してしまったと言い、このまま電車に乗るのはまずいので、おさまるまでここにいさせてほしいとお願いすると、彼女も構わないと言ってくれました。
しかし、お互いに酔いが回っていたせいもあり、彼女は、その勃起は出せばおさまるのかと聞いてきたので、僕も、多分出せばおさまると言い、冗談半分でおさめてくれるか聞いてみました。
すると彼女は、どうしたらいいのかと聞いてきたので、とりあえずズボンの上から、僕のアソコを擦ってもらうことにしたのです。

そして彼女は、僕の股間に手をあてズボンの上から僕の棒を擦り始めましたが、僕の棒はおさまるどころか一向に硬くなるだけでした。
さらに、彼女の手にも脈打つ僕の棒の感触が伝わったらしく、次第にその刺激が強くなって行きました。

その後、彼女は手コキを続けていましたが、僕は、このままの状態で発射をしたらズボンと下着が汚れると言うと、彼女は僕のベルトを外しズボンと下着を脱がせ始めました。
そして、彼女に生の肉棒を擦り続けてもらっていましたが、僕はこのままでは発射できないので、彼女に舐めてくれれば多分イケると言うと、少し間をおいて彼女は僕の棒を咥えてくれたのです。

すると、彼女も興奮してきたようで、僕の棒を咥えながらもいやらしい声が漏れてきたため、僕は彼女の胸に手を伸ばし、少しだけ胸を揉んでみました。
それに対し彼女は、拒否をしてこなかったので僕は彼女のブラウスのボタンを外し、ブラの中に手を忍び込ませたのです。
彼女のフェラチオも徐々に激しくなり、僕も彼女も胸を揉み乳首を刺激しました。

そんな事をしているうちに、気持ち良くなった僕は彼女の口の中で発射。
彼女もコンビニの袋に僕の精子を吐き出しましたが、僕のアソコはまだギンギンの状態でした。
それを見た彼女は、まだおさまらないのかと聞いてきたので、僕も完全にスイッチが入っていたために、まだおさまらないと答えました。

しかし、彼女はもう口が疲れたと言ってきたので、今度は僕の上に乗って欲しいとお願いをすると、挿入はしないという約束で素股でヌイてくれることになりました。
そして彼女が僕の上に乗り素股を開始しようとしたのですが、彼女も下着が汚れるのを気にして、お互い生の状態での素股となりました。

そして彼女が僕の上で腰を前後に動かし、お互いの陰部を擦り合っていましたが、彼女も次第に興奮してきた様子だったので、僕は彼女を抱き寄せブラを外しました。
その状態で素股をしたままキスをした後、体を起こした彼女の両胸を揉みしだいたのです。

その後、再び彼女が僕の方に倒れ込んできたために僕は我慢ができなくなり彼女を抱きしめ、そのまま彼女のアソコに挿入をしてしまいました。
彼女は焦り、抜いてほしいと言ってきましたが、僕はしばらくその状態を維持しつつ彼女にキスをした後、少しだけ腰を動かすと、彼女も僕の腰の動きに合わせてゆっくりと自分の腰を上下に動かし始めたのです。

そして、流石に中出しはまずいと思い、彼女のアソコから棒を引き抜き彼女のお腹に射精をしたところで僕のアソコもおさまりました。

合コンで知り合ったイケメンと一瞬でイカされたエッチな体験談

当時の私は31歳で、婚活中でした。絶対に33歳までに素敵な人と結婚するのを目標に頑張って出会いを探していました。

でも、もともと好みがうるさくて、なかなか出会うことができていなくて、なかば諦めていました。そんな時、友人の誘いで男の人と一緒に4人で食事に行くことになりました。また、期待外れなんだろうと思いながら参加しました。居酒屋で先に始めてるとのことで、個室に後から入っていくと、すごく素敵な男性が座っていました。

彼とバッチリ目が合って、なんだかそらせませんでした。軽く自己紹介をすませると、一歳年下ということがわかりました。顔はジャニーズ系で、背も高くて、正直、すごくときめきました。一目惚れとかあまりしないので、自分でもびっくりしました。飲んでいると、友達ともう1人の男の人がたまたま同時にトイレに行きました。2人きりになって、ドギマギしていると、彼がこちらをジッと見て、「綺麗だね」といってくれました。低い声が素敵で顔が真っ赤になってしまいました。私も、彼に「かっこいいですね」と返しました。ちょっと慣れてるのか?と疑ってしまいました。話していると、彼がバツイチで子供を元奥さんが育てていることがわかりました。「そういう、気になる?」と聞かれて、正直少し戸惑いましたが逆にこれだけ素敵で、結婚していない方が変だと妙に納得しました。

それから連絡先を交換して、その日は終わりました。それから、彼かられんらくがきて、2人で飲みにいく約束をしました。当日はお店の前で待ち合わせて、緊張しながら、店にはいっていきました。少し酔っ払って、楽しく過ごしました。その帰りに公園にいって花見をしました。公園はカップルだらけで、自分たちもそんな風に見えてるのかなと少し嬉しかったです。

彼から耳元で、「僕のうちに特別に招待してあげる」と言われました。少し迷ったのですが、彼のことがもう好きだったので、一緒に彼の家に行くことにしました。なんと彼の家は公園の前のマンションでした。計画?したのかな?と思うと少し戸惑いました。彼のうちに着くと飲み直すために彼がカクテルを作ってくれました。飲み始めるとびっくり、すぐに電気を消されてしまいました。

「えっ?何?どうしたの?」と驚くと、彼は「わかってるでしょ?僕のこと嫌い?」と甘い声で耳元で囁いてきました。私はお酒が入っているのと、彼の甘い声とでクラクラしてしまい、「ズルイ」といいながらも、もうオッケーの状態でした。彼が「僕は好きだよ」と囁いて、ディープキスをしてきました。キスが気持ちよくて、トロンとなってしまいました。そのあとうえのブラウスのボタンを外されて、ブラのホックを外されて、マジマジと胸を見られました。

「恥ずかしいからやめて!」というと反応を楽しむかのように、「大きいね、脱ぐまでわからなかった」といって、胸を鷲掴みにして揉みしだき、そのあと優しく乳首を舐め回しました。私はもう興奮で声が漏れてしまい、彼にされるがままになっていました。「そんなに感じてるの?好きだね」と意地悪なことを言いながら彼は私の陰部へ手を伸ばし、触り始めました。

どんどん濡れて行くのが自分でわかるほど気持ちよくて、「早く入れて、お願い」と彼に頼みました。彼は「まだ、だめだよ。今度は僕の番でしょ?」と彼の大きく反り返ったものを私に加えさせました。私は彼のそれをすごく興奮してフェラしました。「すごく気持ちいい」彼も声が漏れていました。いよいよ我慢できなくなったのか、彼は「入れていい?」と聞いてきました。私はもう我慢できなくて、彼に頷くのがやっとでした。彼が私の陰部に挿入して、すごく激しく正常位で腰を動かしました。私は今までに出したことのない喘ぎ声を出しながら彼の腰振りに合わせて動きました。そのあと2人とも果てて、抱き合って眠りました。彼とはそれっきりです。

とても素敵な人でした。できるなら、もう一度したかったです。

エリートな彼との濃厚なエッチ

当時付き合っていた彼とのエロ体験談です。彼は30代前半でエンジニアをしています。誰もが知っている大手の会社に勤めていました。家族全員が上場企業に勤めていて、頭も良くてしっかりとしている家庭です。彼も有名大学出身で、頭が良い人でした。背は低くて、細身でしたが、ガリガリではなく細マッチョな感じです。彼は上品で、一見エロいイメージはありません。しかし、それは間違いでした。彼はエッチが大好きでした。しかも少し変わったエッチが好きです。初めて彼とエッチした時は、普通にエッチしてきたので、ノーマルな感じでした。ただし、疲れていたようで、入れてからは2分くらいでイってしまいました。次のエッチは、私の誕生日と重なっていました。この日は、私をイかせることをプレゼントとしていたようです。 はじめは、あっさりとしていた前戯が、とても長いんです。入れて欲しくても、全然入れてくれません。初めのエッチでは、舐めてくれなかったのに、ずっとクンニをされて、それだけで2回くらいイカされました。そのあとは手マンです。はじめは正常位で、そのあとバックからと向きを変えて何度もされました。しかも長いんです。もう汁が泡っぽく真っ白なのにやめてくれません。もちろん何度もイキました。やっと入れてくれたかと思ったら、この日は彼が元気だったようで、全然イきません。正常位、バックなど色々な体位を楽しみました。そして、「誕生日の特別コースだよ。」と満足そうに一緒に行きました。彼は、前戯が大好きだったのです。多分、入れてからはそんなに長くなく、あっさりとイってしまう感じなので、女性を前戯で散々イかせておくエッチが好きなようです。誕生日で彼の性癖がわかってからは、遠慮なしに攻められます。しかも、明るい時から平気でエッチしたいようで、昼ごはんが終わるとそのままエッチしたり、お風呂や明るい部屋でのエッチが好きでした。感じている顔をみるのが好きなようで、「エロい顔してるよー。」と言葉でも攻めてきました。当時、彼が住んでいる部屋は、ロフトが広くて、そこにベッドがありました。 いつもベッドでエッチをするのですが、昼にエッチする時は、部屋のカーテンを閉めてくれません。2階なので、外から見えないかとヒヤヒヤしていたのですが、彼はロフトは外からは見えないから大丈夫と思っていて、カーテンを閉めてくれませんでした。今思えば、カーテンを閉めると部屋が暗くなるのが嫌だったのだと思います。女性上位など、私が上になっていると、私からは外の様子がカーテン越しに見えていたので、心配でしたが、彼はそのドキドキが好きだったようです。いつも以上に興奮して、たくさん攻められて、感じている声が外に漏れないように、必死に我慢していました。それも彼にとっては興奮していたようで、いつも以上に念入りにクンニしてきました。お風呂でエッチした時は、隅々まで洗ってくれたのですが、感じてしまい汁が出てしまいます。彼は「汚れが取れないよ」と私のアソコをもっと洗うので、ぐちゃぐちゃです。お風呂ではアナル攻めが好きでした。浴槽に手をつかされて、四つん這いのようになると、後ろからお尻をぎゅっと掴まれました。そして、お尻を広げられて、顔をお尻に間に挟んでアナル攻めです。明るいし恥ずかしいのでやめて欲しくても、照れている様子が可愛いとやめてくれません。アナルをずっと舐められて、四つん這いなので、足がガクガクしていました。そのまま手マンをされたり、クリを攻められて、立っているのも必死でした。そしてそのまま挿入です。後ろからガンガン突かれてすぐにイってしまいました。もう一度体を洗って、そのまま二回戦突入です。ベットに寝かされて全身を舐められました。 またベッドで何度もイカされて、挿入されて一緒にイきました。大人のおもちゃもたくさん知っていて、バイブだけでも何本も使いました。太いものから、イボイボのものまで次々と試しました。彼は、私がイキそうになる寸前でいつも一旦ストップします。それが興奮するようです。感じている姿を、エロい顔でじっと見られて恥ずかしさと、気持ち良さで私は病みつきになりました。しかも、彼は私のマン汁をチェックしていて、量が少ないと感じていないとか、わざと指ですくって味を楽しんだり、パンツを舐めたりしていました。ベトベトになったバイブを綺麗に舐めていました。その姿を私に見せつけて、反応を楽しんでいました。本当に、彼は変わったエッチが好きで、普通に薄暗い部屋のベッドでのエッチでは物足りないようです。何も知らない人から見たら、しっかりとした家庭で育った、育ちの良いおぼっちゃまで、勉強もできて、いい仕事について真面目に働いている好青年に見えますが、エッチ中の彼は、変わった性癖で変態という言葉がお似合いのギャップのある男でした。

同期入社の男友達と泥酔して3Pをしてしまったエッチな体験談

一度だけ泥酔して失敗してしまったときのことを書きます。

その時は3年間つきあっていた彼氏と別れたばかりでした。

別れた原因は彼氏が浮気していて、しかも相手は私の友達でした。

そんなことがあって落ち込んでいたときに同期入社の飲み会があって、いつもはそんなことないのについ飲みすぎてしまいました。

何軒かはしごして、気がついたら普通のマンションの部屋で同期の男友達2人と飲んでいました。

その男友達の部屋でした。

結構長い時間、そこで飲んでいたみたいなのですが、よく覚えてなくていつの間にかそんなところまでついて行ってしまったみたいでした。

途中でハッと気がついて「あれっ?、なんかちょっとやばくない?」みたいには思ったのですが、酔っていたのと、まあ二人とも同期入社の良く知っている男友達だったのもあって「大丈夫でしょ」みたいな感じで飲んでました。

たぶんもうその時にはすでに泥酔に近かったかもしれません。

次に気づいたというか、なんとなく意識はあるのですが服を脱がされている最中でした。

「ダメ」って頭では思っているんだけど、なんだか力がはいらなくて「だめだめ」とか言ってるんだけど、どんどん脱がされてブラとショーツだけになっていました。

だんだん覚めてきて、下着だけはと抵抗したんだけど一人に後ろから両腕を抑えられてもう一人にブラとショーツを脱がされてしまいました。

こういう風に書くと、完全にレイプみたいな感じがするかもしれませんがやっぱり私の抵抗がたいしたことないので「大丈夫だろ」みたいな感じが二人にもあったかもしれません。

そんなに乱暴な感じではなくて「いいからいから」とか言われながら、なし崩しに脱がされてしまったというか。

でも全裸にされてからは絶対にダメって思って少しは強く抵抗したんだけど、仰向けにされてバンザイをしたみたいにされて、一人が頭のほうから両腕に脚をのせるようにして抑えてきて、もう一人に両脚を手で持たれて肩のあたりまで全開にされてしまいました。

もしかすると思いっきり泣けば、やめてくれたかもしれなかったと今では思います。

でも何故か涙とか出てこなくて、彼氏の浮気のこととかが頭の中でグルグル回っていて少し、ヤケになっていたかも。

頭のほうにいて両脚で私の腕を抑えていた奴が、下半身に手を延ばしてきて私の恥ずかしい部分の襞に指をあてて押し開いてきました。

「すごい格好だな、まさか佐和子のおまんこやお尻の穴をこんなふうに見られるなんて思わなかったよ」そう言われたときに、なんだかどうでもよくなってしまって抵抗をやめてしまいました。

知っている男二人に全部見られて、ものすごく恥ずかしいっていう気持ちと元彼氏へのあてつけみたいな感じで、好きでもない男達とセックスしてしまうのに「どうでもいいや」みたいな感じになってせめて一人ずつ別々にしてほしかったけど。

二人同時に一人が乳首を、もう一人が恥ずかしいところを舐めてきて、最初は全然何も感じなかったんだけど途中で「もういいや好きにして」ってあきらめたら、なんだか感じて濡れてきてしまいました。

一人に抑えられたまま入ってこられるのは本当にレイプされているっていう感じがしたので、「お願い、してもいいから一人ずつ普通にして」って言ったらジャンケンを始めたのを見て、なんだかおかしくなって笑ってしまいました。

ゴムはなかったので生でされてしまいましたが、ちゃんと外に出してくれました。

「佐和子とできるなんて夢みたいだ」とか言われながら、正常位だけではなくてバックや横になって片脚をあげさせられてされたり、彼氏とはしたこともない体位でも何回もされてしまいました。

男友達とセックスしてしまっているというのも、ありえない感じでしたがそれよりも、もう一人にセックスしているのを見られているというのがありえないくらいに恥ずかしかったです。

異常なシチュエーションに途中から私のほうも気持ちよくなってしまって何回もイカされてしまいました。

二人目の男友達にお腹の上に出されて、終わったころにはクタクタになってしまっていました。

そのあと二人にフェラをしてほしいとお願いされて(本当に土下座されてお願いされた)「もうここまでしちゃったらいいか」みたいな気持ちになって言われるままに舐めてしまいました。

二人目の男友達のを舐めているときに、さっき舐めてあげていたほうの男友達が後ろから入ってきて、いれられながら舐めていましたが気持ちよくなってしまってフェラのほうは途中で、ただ咥えてるだけになってしまったかも。

朝、目がさめたら二日酔いで頭がガンガンしたけど、また二人に土下座でお願いされて、今度は酔っていないしかなり迷ったのですが、結局させてしまいました。

起きた時も全裸のままだったので断れる雰囲気じゃなかったし。

昼ころまでセックスし続けて、家に帰ってから段々と後悔の気持ちがわいてきて夜は「なんて馬鹿なことしちゃったんだろ」ってずっと泣いていました。

会社に行くのはものすごい勇気がいりました。

二人には会社であったけど恥ずかしくて目もあわせられなかったです。

二人ともその後で、つきあって欲しいって言ってきたけど、あんな風に3人でしちゃったのに本当につきあいたいのかな?って思ったし泥酔していなければ、そんなことしたいと思う相手ではなかったので断りました。

実は一晩にあんなにたくさんセックスしたのは初めてでした。

好きでもない男の人として、あんなに感じてしまうなんてすごい自己嫌悪です。

二人の顔を見るたびに、あの晩のことを思い出して後悔の気持ちで一杯になりました。

結局はそれから2ケ月で会社は辞めました。

人生のなかで彼氏でもない男とセックスしたのはあの時だけです。

最初のうちは思い出すたびに後悔で気持ちが悪くなったりしましたが今はだいぶぼんやりした思い出になってきました。

でもあれからは飲み会ではソフトドリンクしか飲まなくなりました。  

彼と彼の上司と無理やり3Pさせられたえっちな体験談

私が一番記憶に残っているえっちな体験は、彼氏の友達に見られながらのセックスです。

その当時の彼氏はとてもえっちでいろいろなシチュエーションでセックスしていました。 続きを読む

私の看護師友人が経験したエッチ三昧な夜

これは私の友人が経験したエッチな話です。その友人は20代の女性で、周りから見ると、わりと真面目そうで、清楚な印象を受ける感じ。でも実際は全然そんなことはなく、むしろエッチ大好きという感じの女性なのです。続きを読む

夜はキャバクラで働いてる受付嬢と濃厚なエッチをした体験談

受付兼事務みたいな感じで会社に入ってきた娘との話。続きを読む

会社の上司のマンションで、生でハメられたしまった私

最初に勤めた会社で初めて彼氏ができて、初エッチもして、半年くらいたってから、会社の飲み会でずるずると他部署の上司につきあって、最後までしてしまいました。続きを読む

ナンパで知り合ったの年下の彼と温泉エッチ旅行の話(実話ですw)

いつも若く見られる私・・・。続きを読む
広告
広告