実際にあったエロい体験談

実際にあった体験談を広く集めたエロ体験談のまとめサイト! ナンパで中出し、彼女とのハメ撮り、処女喪失、近親相姦、出会い系、社内での不倫・浮気でのエロ体験、イケナイ関係とわかっていながらも人妻との濃厚なエロSEX(セックス)体験、ナースとのエロ体験、学生時代の乱交etc、エロい体験談満載です。是非、ご堪能下さい❤

ネットに投稿されたエッチ体験談のまとめサイト! ナンパ、ハメ撮り、姉・妹との近親相姦体験、不倫・浮気での エッチ、人妻とのSEX(セックス)、ナースとのエロ体験、乱交etc、エロい体験談満載です。是非、ご堪能下さい♥

【近親相姦エロ体験談】

漫画家の姉と話しているうちに…

26歳の俺は3人きょうだいの末っ子だ。38歳の上の姉は結婚して普通に主婦している。次の姉は33歳になるが独身で一応、漫画を描いている。作品はほとんど読んだことないが、エロ系で、レディコミとか同人誌などに載せていて、けっこう稼いでいるようだ。
3人は別々に住んでいるが、たまに行き来していて、一緒に飯を食ったり、だべったりという仲だった。
上の姉はけっこう美形で若いころからモテていたが、次の姉は地味で、小学校のときから「漫画クラブ」に入っていたりして、卒業アルバムにも「将来の夢は漫画家」と書いていたが、本当にそうなってしまった。見た目は、お笑いコンビ「ニッチェ」の片方の近藤くみこという人に似ていると言われる。

そんな次の姉から「今度の土曜日、ご飯食べにおいでよ」とLINEがあった。給料日間近で金もなくなっていたので、姉のマンションにいくことにした。
仕事場兼住まいの2DKの築30年ぐらいのマンションに行くと、姉はすでにパスタをゆでたり、手作りのパンを焼いていた。漫画同様、職人気質の姉は、なんでも凝るところがあった。
パスタもパンも、サラダも美味かった。イタリアにいる専門学校時代の友人から送ってもらったワインも、よくわからないが高そうな味がした。

食後もワインを飲みながら、俺は「ところで、急に何なの」と訊いた。
姉もいい感じで出来上がっていて、「まあ、いろいろとね」と言う。「仕事、順調なの?」と訊くと、「それがなかなかね」と天井をあおぐ姉。「ネタ切れ?」と訊くと「そうかな」と。
姉が描いているのは、エロい漫画で、最初はそうではなくて、純愛ものみたいなのが主だったようだが、途中から路線を変えたようだ。漫画家として生き残るためらしい。
「だってさ、人のセックスとかって、そんなにバリエーションあるわけじゃないし。いつかネタ尽きるっしょ」
僕の言葉に姉はうなずき、「そうよね、尽きるよね」とため息をついた。
そもそも、姉は恋愛経験があまりないはずだ。いや、誰かと付き合ったという話は聞いたことが無い。
「姉貴さ、経験がそんなにないのに、よく描けるね?」。無言でワイングラスを見つめる姉。
しばらくの沈黙の後、姉が口を開いた。「だから教えて欲しいわけよ」
姉はそれまでの女性読者だけでなく、男性読者もターゲットにしようとしているとのことだった。
それからは、姉に訊かれるままに、どういう描写が男は好きかとか、どんな設定が興味を引くかとかなどについて、俺なりに答えてみた。
おのずと話はエロい方向に行ったが、俺はまじめに姉の仕事のためにとの思いで答えたつもりだった。
しかし、きょうだいであっても女である姉を前にして、「体位がどうだ」とか「挿入の描写がどうだ」とか言っていると、やらしい気分になってくるのは当然だった。
目の前で真剣に聴いているぽっちゃり体型の姉の、大きな胸のふくらみが目に入った。

そんなとき、姉が口を開いた。「あのさ、悪いけど協力してくれない? 体位描くときの参考に……」。姉は酔っていたが真剣だった。男女の体位を描くときによりリアルに仕上げるために、自分と俺とで体位の真似をしてそれをスマホで撮影したいという。
「マジか」。俺は一瞬たじろいだが、姉は姿見を持ち出して来て準備を始めている。「きょうだいなんだから、あやまちはないっしょ」
俺はしぶしぶ、姉と体を合わせた。仰向けの姉の上に覆いかぶさる俺。密かに硬くなっている股間を姉にさとられないように全力を傾けた。
姿見に移る2人の姿をスマホで撮る姉。
今度は、仰向けになった俺の腰の上に姉がまたがってくる。「エロい顔の角度ってある?」。姉に訊かれて「喉をそらして、首傾けて……そう、も少し」と言う俺だが、固い股間の上に姉の股間を感じ、気が気ではない。
さらには「バック」。四つん這いの姉の尻に触れるか触れないかで自分の股間を近づける。もうギンギンだ。姉は俺の苦しい胸の内を知ってか知らずか、熱心にスマホを姿見に向けている。
俺はもはや限界だった。ひどい姉、とんでもない姉だと思った。こんなことさせて。
「姉貴……俺、もう無理」
そう言うと、姉のジーパンを脱がしにかかった。「ちょっ、なに、やめて」。抵抗する姉。歯止めを失った俺は力づくで姉のジーパンに続いて、ショーツに手をかけ、引きずりおろした。
怯えて股間を両手で隠す姉。俺は容赦なく、姉の脚をがばっと開かせると、姉の割れ目の辺りに、つかみ出した肉棒の竿をくっつけた。我慢汁が垂れて姉のマン毛に付いた。
「やめて」。姉は本気で嫌がっていた。なぜか俺の脳裏に父や母の顔が浮かんできた。
俺は自棄になって肉棒を姉の割れ目にこすり続けた。やがて大波がやって来て、ドピュッと出た。姉の白い腹にたくさんかかった。
あれ以来、2番目の姉とは連絡を取っていない。

近親相姦がまさか我が家で・・②

健が廊下に出るのを待ってから、母親はそっと目瞼を開きました。まだ高まった緊張がしずまらずに、何度も彼女は肩で息をつきました。続きを読む

近親相姦がまさか我が家に。。

息子の健が自分に異常ともいえる関心を抱いているのは彼女も常々気づいていました。大学生になった息子が、母親をまるで異性をみるかのような顔つきでみるようになったのは、この数年のことでした。続きを読む

実の姉がJKだった頃にもろ濃厚なエッチをした話

私立高校に通う2つ年上の姉が、風邪をひいて2日程学校を休んで、寝ていた時のことでした。続きを読む

妹と夜通しでゲーム、負けたら罰ゲームする事になった

俺は23歳で社会人フツメン。

妹はちょっと歳が離れてて14歳の中学生。

おっぱいはハッキリ言って大きくないが、顔は可愛い方だと思う。

で、俺達兄妹は歳が離れてるせいか結構仲が良い。

続きを読む

中3の妹とやっちゃったんだが…

初めて投稿します。実は、自分も皆さんと同様近親者と関係を持っているものです。続きを読む

【男性の投稿】エロいとこ

中学二年の時に一個下のいとことした初体験の話です。



  



昔から仲良かったけど異性としては見ていなかったのですが下ネタ話してるといとこが擦り寄ってきて変な雰囲気になってしちゃいました。



いとこ

『まだしたことないんだー?したくなーい?』


おれ

『そりゃしたいけど相手居ないし!』笑


いとこ

『あたしとか?』笑


おれ

『ふつーにしたい!』笑


冗談のつもりで言ったのに


いとこ

『ほんと?いいよ?』


おれ

『またまたー!』笑


いとこ

『いいよ…』


ディープキスされてそのまま押し倒されて服の上から下半身触られた。


いとこのオッパイ触ったらいとこは俺のを生で触りながら耳元で


いとこ

『ちんちんすごくおっきー…』


おれ

『あ、ありがと…』


かなり恥ずかしくて仕方がなかった。


服脱がされて手でされた。


いとこ

『本当おっきーね、いっぱい1人エッチしたの?』


おれ

『かなりした…かも…』


いとこ

『あたしオカズにしたことある?』


おれ

『言えない…』


まったくしたことなかったけどこの状況でまったくないとは言えない。


いとこ

『あたしはしてたよ。こんなにチンチン大きいと思ってなかったけど…』


おれ

『小さいと思ってた?』笑


いとこ

『うん』苦笑


おれ

『なんでー?』笑


いとこ


『エッチした人、翔(俺)よりも体大きかったけど翔よりチンチン小さかったから』笑


おれ

『へー、どのくらい?』


いとこ

『ここくらいかな…』


カリの下を指差した。


他の男よりもチンコがでかいと言われて嬉しくてフル勃起した。


いとこ

『また大きくなったし』笑


恥ずかしさもなくなりすごくムラムラしてきた。



  



フェラしてもらったらアゴ限界って言われてすぐ終わった。


すぐ上に乗られて挿入がはじまった。


なかなかはいらなくててこずった。いとこは痛そうに顔をしかめて


いとこ

『太くてはいらない』苦笑


今思うと手マンもしてないしはいるわけない!


いとこ

『チンチンちっちゃくしてよ』笑


おれ

『ばか!』笑


スルッとはいった。


いとこ

『あ、痛気持ちかも…』


激しく動かれて出そうなった。


おれ

『で、でる!』


いとこ

『ァンァン、ピッ、ピル、飲んでるから中で、ァンァン』


そのまま抜かないで三回くらいイかされた。いとこがイって抜いた。


いとこ

『つ、次、翔が上!』


おれ

『無理無理!』


いとこ

『元気じゃん』笑


確かにチンコはカチカチ


結局やった。


気づいたら血と精液がすごいことになってた(笑


セフレみたいな関係になり今もそんな関係…




                 

近親相姦

俺は(18)のフリーター母親と二人暮し、親父は九州に単身赴任中、
母親(41)は近くのスーパーで働いている。

 そんな母親と犯ったのは先月のことだ、土方のバイトが終わり、
家に帰るとクーラーもつけず、暑い、暑いと母親がキャミソール一枚で、
 団扇をあおいでリビングでテレビを見ながら休んでいた。

 俺もビールを持って近くに座ると、 「あっ、おかえり暑いねぇ~ふぅ」とバタバタいわせてる。

薄いブルーのキャミの下はノーブラで乳首まではっきり見えた。
 「下着くらいつけろよ!」俺がそう言うと、
母親は 「えぇ~、だって暑いんだもん、、
ハッ、、あんたなに見てんのよ」 「乳首全開じゃねぇかよ」
団扇をあおぐたび揺れる母親の 巨乳に俺の息子は、元気になってしまった。

 「別にいいわよ、息子なんだから」俺は膝立ちになって
「俺も一応おとこなんだぜ、子供じゃないんだぜ」というと
 母親は俺の股間に目を向け 「いやだぁ、あんた、お母さんで大きくしちゃったの?」

 とからかわれたので、「ウルセェッ」と言って襲いかかり 母親を丸裸にし、
俺も服を脱ぎ目の前に仁王立ちした。

 向き直った母親は、 「なにし・・・えっ?・・何?・・なんなのよそれっ!!」 いきり立った、

俺の20センチ砲を凝視しかたまった。 俺はビンタをかまし、一気に母親に襲い掛かった。

激しく抵抗し俺の顔にビンタをしたが、往復ビンタを見舞って
、床に羽交い絞めした。なおも抵抗しようとするので、
 腕をねじり上げ大人しくするように言うと、 「イ、、イタイ、、やめてタケシ、、大人しくするから」
俺は、息子を握らせ、ディープキスをしながら、あそこに 指をつっこんだ。

母親は、鼻を鳴らし身をよじらせ始めた。

次に、フェラをさせると上目遣いで俺を見ながらしゃぶり
 「じゅっ、じゅるっ、じゅっ、、げっ、ゲホッ」と咳き込んだ。

 「何だ、続けろよ、奥まで飲み込めよ」 「こんなおっきいの、苦しくて半分も入んないよォ」
仕方なく俺は、母親をソファに放り投げ、ひっくり返し 足を開いて暫くクンニをした後、
指を突っ込みあそこを かきまわした。母親は、狂ったように乱れ二度逝った。

指を抜き、ぐったりした母親の両足を持ち上げ、息子を あてがうと、俺の下腹にてをあて、 「あっ、、だめっ、タケシ、、それはダメッ、、」 俺は構わず母親の手を払いのけ、一気に押し込んだ、 「ああぁっ、ダメェェ~~~」 根元まで入れて動きを止め見下ろすと苦しそうに 「ハッ、、ハッ、ハアァ~ッ、だめだよぉ~タケシィ~ ヤ、、ヤバいよォ~、マズイよォ~ねぇ、おねがい、 ぬいてェ」 「もうおせェ~よ」と、俺は腰をうごかした。

 「も、もぅ動いちゃだめェ~変になちゃうよォ~」 俺は絶頂感を感じ始め、
「んん~いきそうだぁっ」 「ああぁっ、中はダメッ、中はだめよぉ~~」


そんな言葉は、耳に入らず俺は溜まったモノを全部中に 吐き出した。
息子を抜くとドロドロと精子が流れ出した。

 泣きながらティッシュで股間を拭う母親にまた欲望がわいてきて襲い掛かった、

結局4回母親を犯し続け毎日ヤッテいる 今では、母親の方が毎晩俺の部屋にやってくる。
              
広告
広告