実際にあったエロい体験談

実際にあった体験談を広く集めたエロ体験談のまとめサイト! ナンパで中出し、彼女とのハメ撮り、処女喪失、近親相姦、出会い系、社内での不倫・浮気でのエロ体験、イケナイ関係とわかっていながらも人妻との濃厚なエロSEX(セックス)体験、ナースとのエロ体験、学生時代の乱交etc、エロい体験談満載です。是非、ご堪能下さい❤

ネットに投稿されたエッチ体験談のまとめサイト! ナンパ、ハメ撮り、姉・妹との近親相姦体験、不倫・浮気での エッチ、人妻とのSEX(セックス)、ナースとのエロ体験、乱交etc、エロい体験談満載です。是非、ご堪能下さい♥

【職場でのエッチな体験談】

会社の先輩とラブホテルに行ったエロ体験談

去年の9月中旬の金曜日に会社のプロジェクトチームのメンバーで飲みに行きました。参加者は、僕、4歳年上の女性先輩、1歳上の男性先輩、チームリーダーの男性上司の4人でした。

そして飲み会が始まり、皆それなりに酔っ払って来た時に、やや下ネタの話になりました。勿論、その場に先輩女性もいた為、あまりどぎつい内容では無かったのですが、そのまま、話題が風俗店のソープランドの話になりました。

先輩もチームリーダーも風俗店を利用した事が無いとの事で、基本的に否定的な意見が飛び交っておりました。しかし、僕にも話が振られた為、数か月に一度位の頻度で店に行っていると言いました。

すると、先程まで否定的だった先輩達や、先輩女性までもが、そういうお店ではどう言う事をするのかなどの質問をして来た為、料金やサービスについて、過度な表現は避けて入店から最後までの流れをザックリと説明をしたのでした。

その後は、飲み会も通常の話に戻り、2時間半ほどで飲み会が解散。その後、僕と女性先輩は、同じ駅だった為2人で駅に向かいました。

その途中に先輩女性が僕に、お店に行ってお金を出してまでそういう行為をしたいのかと尋ねてきました。そして僕も、普通のエッチだけならそんなに頻繁には行かないが、気持ち良いサービスが多いので、頻繁に利用をしていると答えたのです。

すると、その先輩は酔っていたのか、立て続けに、お店に行くくらいなら自分が相手になってもいいと言って来たのです。勿論、最初は冗談半分だったようですが、僕は先輩の酔いが冷めないうちにこのままホテルに行ってしまおうと思い、じゃぁ今からホテルにでも行きますか、と言ってみました。

その問いに対し、先輩も行くと返事をしてきたので、そのまま僕らは、駅から少し離れたラブホに向かう事にしました。ですが、その途中、僕は先輩が既婚者と言う事を知っていましたので、流石に、今からではまずいのではないかと聞きましたが、旦那さんは出張が多い仕事なので問題は無いし、共働きの為、子供もいないとの事でした。

その後、ラブホに到着すると部屋を選び清算を済ませて、部屋に向かったのでした。

部屋に入ると、一通り部屋の中を見回した後、まず、お風呂で汗を流そうと言う事になりました。その時に先輩は、僕のソープでの話を覚えていたらしく、2人で入らなくていいのかと言って来たので、僕も一緒にお風呂に入る事にしたのです。

そして、お風呂に入り湯船にお湯が溜まる間に、僕が先輩の全身にボディソープを付け、僕も先輩にボディソープを付けてもらい、お互いに全身を愛撫し合うように洗いました。そうしているうちに、気持ちが良くなってきたので、先輩と密着をしてお互いの体をこすり合わせた後にシャワーでボディソープを洗い流しました。

その後、2人で湯船に浸かり、僕が先輩の背後から肩揉みを始めました。そしてしばらく先輩の背中、首、肩をマッサージしていましたが、徐々に胸の方に手を伸ばし、先輩の胸を指でなぞる様に刺激をしました。

しばらくすると先輩の息遣いが徐々に荒くなってきたので、そのまま先輩の胸を軽く揉み、乳首を刺激ました。その後、右手を先輩の陰部にあてがい、指でこする様に刺激をしたのでした。

そして、少し間先輩の陰部を刺激した後に、先輩を湯船の淵に座らせ僕が先輩の陰部を舐めつつ、さらに指を入れてほぐした後に、僕も湯船から出て、先輩の背後から挿入をしました。

最初は挿入をしたまま、先輩の胸を揉んだりしていましたが、ゆっくりと腰を前後に動かして先輩の背後から突きはじめ、そのままイキそうになった為、モノを引き抜き、先輩の背中に発射をしてフィニッシュとなりました。

その後、先輩の背中を洗い流し、部屋に戻ったのです。そこから、2人でベッドに腰掛け少しの間話をした後に、僕が先輩の腰に手を回しキスをして、ベッドに横になりお互いの胸を触りはじめました。

そして、ベッドで僕が先輩の胸を揉みながら舐めた後に、先輩に僕のモノを咥えて舐めてもらいました。その後、先輩が僕のモノを咥えつつ、僕の顔に陰部を向けてきたので、僕も先輩の陰部を舐めまくりました。

その後に僕が仰向けに寝たまま先輩が僕に跨り、ホテルに備え付けてあったゴムを僕のモノに装着して、先輩が上に乗り挿入。先輩の動きに合わせて僕も下から先輩を突き上げるように腰を動かしつつ、先輩の両胸に手を伸ばしました。

そして、一旦体位を変えて先輩を仰向けに寝かせて正常位で再び挿入。そのまま激しく先輩を突き続け、射精しました。

その後、更に先輩の陰部の中の前面を手で刺激すると、先輩から透明の汁が吹き出し、潮吹きまでさせて、お互いにスタミナ切れで終了となったのです。

そして、ベッドの上で少し休憩を取った後に、2人でお風呂に行き、軽く汗などを流した後にホテルから出て、そのまま駅に向かい終電ぎりぎりの電車で帰宅をしたのでした。

実際にあった会社でのエッチな出来事※24歳の女上司とヤってしまったエッチな体験談

以前私が働いていた会社で先輩女上司と会社でエッチをしてしまったというか逆レイプみたいな感じになった出来事について話します。

当時私は21歳でまだその会社に入ってから2年目ぐらいでした。当時新入社員だった頃からずっと私に仕事を教えてくれていたのがその先輩女上司でした。事が起きたのは仕事終わりで私とその先輩女上司しか残業をしている人がいませんでした。

私達はいつも通りに会社で愚痴をいったりしながら普段通りに接していました。先輩とは意外にも4つばかりしか歳が離れていなくよくお互い恋愛の話などで盛り上がっていて本当に話がよく合う人でした。私達は普段通りにデスクに向かいパソコンで仕事をしていました。

しかし、私はなんだかその日だけ先輩を本当に上司ではなく1人の女としてなんだか気になりつつありました。普段お互いに仕事をしている時はそんなことはありません。ですがなんだか今日に限っては先輩がいつもよりもスカートを短くしている気がして仕事に身が入らず先輩の足をチラチラと見てしまい自分自身なんだか変な気分でムラムラとしてきました。すると私がチラチラ見ているのを察したのか先輩はなんだか足を組み始めその仕草をみた私はなんだか自分を抑えるのにいっぱいいっぱいでした。

すると先輩が急にねーちょっとこれ見てくれないといい私は先輩の横に行きパソコンの画面をみると急に先輩がさっきからジロジロ見ててそんなに私の足が気になると言われました。私はあ、いや、と図星を突かれまともに返答ができず、次の瞬間先輩が私の手を取り自分の太ももに持っていき触っていいよと言いながら私の手を太ももに押し付けていました。

そしてそこからが一瞬の出来事でいきなり私の口にキスをしてきて私はビックリしいや先輩まだ仕事中ですよ、と言うと先輩はじゃあ仕事が終わったらいいのかしらといい、私は黙ってしまいそのまま先輩に襲われるかのように会社の仕事場で先輩と一線を超えてしまいました。

私は初めてではなかったのですがあまりの先輩の慣れている手つきや口遣いにあっとうされ本当にこういう女性って世の中にいるんだなと先輩に言われるがまましてしまいました。その時はあまりにも気持ちがよくまたいつも1人でやっている時とは違いかなり興奮してしまい今いる場所が会社という事を忘れてしまうぐらいに先輩と激しくやりまくりました。

そして私が逝ってしまい終わったかと思うと先輩はまだもの足りずに私のアレをなかなか離してはくれずに私にまさかこれで終わりじゃないよねといいながら口でやってくれて次第に私はまた興奮してしまいそのまま二回戦をしてしまいました。

そして今度は先輩も逝き満足したみたいで、終わった後私の正直な気持ちはやってしまったーという心境でした。その時時刻は朝方の4時くらいで私達は大分長い時間エッチをしていたんだなと思いました。そのまま私達は会社で一緒に軽く休みそのまま次の日の仕事を迎えました。そして出社してきた人からおはようの後に昨日と同じ格好じゃないと軽く言われドキッと私はしてしまいました。

まさか先輩と一線を超えさらに一緒に会社で一晩を過ごしたとは言えるはずがなく私は洗濯する暇がなかったからと嘘をつきその場をしのぎトイレへと顔を洗いに行ってトイレから出たら先輩女上司が待ち伏せをしていて私に今日も残業するつもりなんでしょといいその場を去っていきました。

私はそれから残業をするたびに先輩とこっそり会社で激しくストレスを発散するかのように燃え尽き先輩とは付き合いはしないものの体のお付き合いという関係になっていきました。そしてその一年後私は会社を辞め違う仕事についていますがその先輩とは今も月に5回は会ってホテルでかなり激しくお互いの体を求め合っている状態です。しかし最近では先輩から連絡があってもお互いの将来のためと思いなるべく先輩を避けている自分がいるのも事実です。

バイト先のエロいGカップの先輩の身体を全身舐め回してイカせたエッチな体験談

これは2年前。僕が22歳だった頃に、北海道のオシャレな居酒屋でアルバイトをしていた時の体験談です。

5つ上に結衣さんという、身長が低くて胸が大きくて、広末涼子似のとっても可愛くて美人な先輩がいました。
その人は前の仕事はスナックを経営していて、男性との会話やスキンシップはお手の物。転がされる男のお客さんを数多く見てきました。でも、ガードの固い人でした。僕にも平気でカッコイイとか好きだよ〜とか言ってくれますし、酔っ払うと持ち帰って優しくしてね♡なんて事を冗談でいいますが、実際にそういう事はしない本当にあざとい人でした。でも可愛くて僕もまんざらでもない感じでした。普通に二人でお食事や飲みをした事もありますが、バイト先の先輩な故、やましい事は一つもありませんでした。ましてや僕にも彼女がいて、その人にも彼氏がいて。まさかあんなことになるとは思いもしませんでした。

ある時、お店が忙しかった時です。アルバイト後に、私が奢ってあげるから飲みに行こうよ!と言ってくれて、彼女との予定もなかったのでOKしました。1件目は居酒屋へいき、2件目はカラオケに行きました。僕は歌にはわりと自信がある方で、結衣さんのリクエストに応えて色んな歌を歌っていました。すると、突然結衣さんが酔っ払っていたのか寝ぼけていたのか分かりませんが、僕の膝の上に頭をちょこんと乗せてすやすやと寝初めたのです。どうせこんな事も慣れてるんだろうなあざといなと思いつつ、内心はドキドキ。歌うのを辞め、とりあえず頭を撫で撫でしました。「結衣さんの頭小さいですね。髪の毛もサラサラだし、良い匂いしますね。笑」というと、いきなり腰に手を回して抱きついてきて「〇〇君も良い匂いするよ〜ずっと嗅いでた〜い」と鼻をクンクンさせていました。なんとか理性を保ちながら、「こんか可愛い人にこんなことされて、これでも今俺内心ドキドキなんですよ。」というと「可愛いね〜〜」と、僕の頭を撫で撫でしてきて、そのまま「私もドキドキしてるし、こんな事〇〇君にしかしないよ」と言ってフレンチでキスをされました。頭の中は真っ白でした。こんなにも可愛くて身長が低くて巨乳で。

男の扱い方をしっていてあざとくて。男なら誰もが惚れるであろう人と、自分は今キスをされてこんな状況になっている。 もう僕も理性がなくなりました。「後輩だからって俺も男ですから。知らないですよ。」といいながらディープキスをすると、結衣さんも舌を入れて返してくれました。すると結衣さんの方から僕の手を自分の胸に当ててきて、「触って?」と言いました。Gカップの胸を揉みしだきます。僕も股間に結衣さんの手を持ってきました。すると、いくら見た目は幼くても27歳。年上の貫禄というか、大人のエロさを感じました。

カラオケで散々いちゃいちゃした後、もちろんそのままラブホテルへ。それでもまだビビりだった僕は、「結衣さん引き返すなら今ですよ?」と尋ねると、「私結婚するんだ。彼氏のところに行くから、東京にいくの。〇〇君の事は、ずっと可愛くてイケメンだと思っていたの。だから1回だけ思い出作らせて?」と言われ、もう止まりませんでした。

結衣さんの下着姿に興奮しながらも、いよいよ大きな胸とご対面。とっても綺麗でした。巨乳なのに感度も最高。舐めると「あっ、、」と喘ぎながら「もっと?」と返してきます。無我夢中でむさぼりつきました。肌も白くて、全身長い時間舐め回していたと思います。結衣さんのフェラも手つきも舌使いも、その見た目には似合わずエロくて、すぐイキそうになるのを堪えながらのプレイでした。

パイずりも気持ちよくて、騎乗位が一番最高でした。今まで味わったことのない滑らかな腰使い。Gカップの揺れる胸。遊んでないので締め付け感の良いアソコ。正常位での乳揺れと可愛い顔文字最高で、ずっとキスをしていました。まるでホントの恋人のような、夢の時間でした。イク寸前、結衣さんに「好きだよ。〇〇君。さようなら。」と言われました。もう興奮なのか悲しいのか辛いのか分からず、「俺も好きでした。結衣さん。」と言いながら、激しく腰を振って、二人で果てました。結衣さんは東京で結婚しました。

そんな淡くエロい1夜の体験談でした。

先輩とドキドキな経験をすることになりました

会社の先輩とエッチ手前の体験をしました。
私が新卒で入社した時の話ですが、営業職に配属された私はある女性社員の先輩に毎日同行をしてもらいながら仕事を覚えていました。
その先輩は私より2年上なのですが、可愛らしい顔をしていて私より年下にみられることもしばしばありました。スタイルも幼児体型と言いますか、それほど良いわけではありませんでしたが小柄なところも含めて魅力的な女性でした。
性格は見た目のわりにはキツ目で言いたいことははっきりと言うタイプです。私もできていないことがあると容赦なく叱られていました。それでもその言っていること自体には間違っていませんし、それ以外のところではいろいろとフォローしてくれたり優しくしてくれたりと良い先輩でした。
よく気が付くし、仕事もできるタイプだったのでお客さんからの信頼も厚かったです。だからこそまだ3年目なのに新卒の研修を任されているというのもありました。
ところがそんな仕事ができる先輩も弱点があります。かなり無防備なのです。
そんな男慣れしていない先輩なので、隙が非常に多いです。同行研修も次第に夏の暑い時期に入っていましたが、そのころになると胸元がゆるい服を着ることが多くなっていました。本人からすると暑さ対策でしょうし、意味はないのかも知れませんが、胸もそれほど大きくないので前かがみになると隙間から下着が見えるということはしょっちゅうありました。私はこの人は誘っているのではないかと本気で考えたものです。
そのくせスカートはピッチリしたものを好むので、こちらはいつもお尻のラインを気にする羽目になります。白っぽいものを履いている時など下着がうっすら透けるくらいです。むしろお色気営業で稼いでるのではないかと疑ってしまう先輩のなんとも言えないエロさに私は毎日ドキドキさせられながら過ごしていました。
そんな私の欲求不満がたまりつつあったころ、事件は起こりました。8月の暑い日でいつものように先輩と二人で外回りをしていました。その日の先輩は白のブラウスを着ていて相変わらずチラチラ隙間から下着を覗かせています。
その日最後のアポイントは6時を過ぎており、そのまま直帰の予定となっていました。一通り商談を済ませてお客さんの会社からでると空が非常に暗く今にも雨が降りそうな気配です。そこの会社は駅から15分ほど離れていましたが、私たちは急いで帰ろうと話をして駅に向かっていました。
すると丁度真ん中くらいまで来た時でしょうか、大きな雷がなり雨が降り始めました。周りに避難するところがないまま降り始めてしまいましたので、すぐに私たちはダッシュをして屋根を探します。なんとか雨宿りをできる場所を見つけた時には二人ともずぶ濡れになっていました。
そこで先輩の姿をみると、白いブラウスが雨で透けて下着が丸見え状態です。さすがに今回は本人も気がついているようで、恥ずかしそうに胸元を抑えています。私はその普段見られない姿に興奮しましたが、視線をそらして「止まないですね」などと当たり障りのない言葉を口にしていました。
雨は本当になかなか止まず、濡れた身体も段々と冷えてきました。先輩もしきりにくしゃみをするようになっています。身体を拭きたいねという話をしていると、私の目にホテルの看板が映ってしましました。非常にベタな展開ではありますが、見えてしまったことでどうしても私の意識はそちらに向いてしまいそうになります。慌てて別のところに視線を移しましたが、先輩も私の挙動不審に気がついてしまったようで、赤くなっています。
私が大きなくしゃみをしたところで先輩が決心しました。あそこでシャワーを浴びようと。ホテルまでは走れば1分ほどで着けそうです。
二人で走ってホテルのエントランスまで行きます。早々に部屋を選んで中に入ると、コテコテのラブホテルといった内装です。
先に先輩にシャワーを使ってもらいましたが出てきた先輩は下着もビッショリなのでタオルを巻いているだけです。私はなるべく見ないようにしてそそくさとお風呂に向かいましたが、明らかに自分のものが立っているのがわかります。あの姿を見て冷静でいろというのは無理な相談です。どうにか気持ちを落ち着かせてシャワーを終えて部屋に戻ると先輩はベットの中で包まっています。
私は思わず先輩の側に近付くと、一緒に入っていいかと訊きました。先輩は一瞬目を見開きましたがうなずきました。
この異常なシチュエーションに私はどうしていいかまったくわかりませんでしたが、ここで事を起こしてはいけないと自分に言い聞かせ我慢し続けました。
服もそれなり乾いて部屋を出るまで気を紛らわそうと二人はいつも以上に饒舌でした。手を伸ばせは先輩の肌に触れられる状態で何もしなかった私を他人はチキンだと責めるでしょう。
それでもこのエピソードは私の中で濃い思い出として残っています。

パート主婦さんとの体験


パート主婦さんとの体験あれは大学2年の秋頃だった。 おれは高校生の頃からスーパーのレジでアルバイトをしていた。 ある夜、1人のパート主婦さんから着信があった。「今、パート仲間で飲んでるんだけど来れる?」あまり行く気はしなかったが、その中になおこさんが居るのを聞いて一気に行く気が湧いた。なおこさんは惣菜部門で勤務している主婦で、ぽっちゃりだか胸はGカップ以上はあり、あの胸を密かに狙っていた。到着した頃にはみんな結構飲んでおり、下ネタトークをしていた。 おれが狙っているなおこさんはぴったりしているニットにロングスカートという服装だった。ぴったりしているニットが胸をさらに強調していてそれだけで勃起していた。 「この後どうやって誘うか」「でもこの近くはホテルないしな…」 と考えていたら飲み会はお開きになった。駅に向かう途中、大チャンスがやってきた。 なおこさんと横に並んで2人で話す機会がきた。 おれ「良ければ解散なった後、酔い覚ましに〇〇緑地散歩しません?」 なおこ「行こ行こ」 おれ「そしたら他のパートさんにバレたらあれなので解散後先に〇〇緑地の入り口で待ってますね」 なおこ「オッケー」無事最寄駅に着き、解散後ダッシュで〇〇緑地の入り口に向かった。 そして散歩が始まった。なおこはお酒のせいかテンション高めで、いきなり下ネタトークが始まった。 「旦那と全然してないんだよね〜」「最近新しいおもちゃ買ったんだ♪」などなど歩きながら話しこれはいけると確信した。そんなこんなで自販機の前に立ち、おれ「何か飲みます?奢りますよ♪」なおこ「優しいね♡」近くのベンチに座った。 なおこの腰に手を回した。なおこは嫌がるどころか、おれに身を委ねた。そして見つめ合ってこう囁いた。なおこ「初めからしたかったんでしょ」この言葉で一気に理性は崩壊した。 なおこの唇を奪った。そして何度も何度も熱い口づけを交わした。おれは念願だったなおこの胸をニットの上からわしづかみにした。そして激しく揉んだ。 「あっ…あっ…もっと」ニットの中に手を入れた。凄く柔らかい。 乳首を指で遊ぶとさらに吐息が漏れた。 「早く脱がして舐めたい」そこでなおこから提案してきた。 「障害者用のトイレに行かない?」もちろん即OKしてトイレに移動した。 移動してすぐになおこがニットを脱いだ。情熱的な赤のブラジャーが目に入ってきた。 ブラジャーを外すとずっと拝みたかったおっぱいが登場した。 47歳ということもあり垂れていたがそれがさらにおれの欲情を掻き立てた。 すぐにおっぱいに飛び込んだ。そして乳首を舐めると、なおこは声を出すのを我慢しながらも声が漏れていた。おれ「どこが弱いの?」なおこ「乳首も感じるけど、クリちゃんも触ってほしい」ロングスカートを脱がし、赤いパンティーを脱がすとトイレの中でなおこは裸になった。 そしてなおこの指示通りクリちゃんを軽く触っただけでなおこはイッてしまった。 なおこのクリちゃんを触り、時には舐め、そして指を入れる…これだけでなおこは何回イッただろう。 おれ「こんな気持ち久しぶり?」 なおこ「何年振りだろう…〇〇君も脱いで」 おれは上のシャツを脱ぐとすぐになおこがおれの乳首を舐めてきた。 舐めながら片方の手でおれのあそこを撫で始めた。 なおこは乳首からどんどん下に移動していきあそこにたどり着いた。 その頃にはおれも素っ裸になっていた。真夜中のトイレの中で20歳の男と47歳の女が求め合っていた。 なおこ「〇〇君の我慢汁美味しい」と言いながら乳首と同じ感じでゆっくりそして時に激しく舐め始めた。 おれが「挿れたい」と言う前に…なおこ「あたしの下の口に挿れて」おれが便器に座り、その上になおこが乗った。なおこはぽっちゃりで少し重たいと感じたがそれ以上に気持ち良さが勝っていた。 なおこは激しく動いた。なおこ「〇〇君のおちんちん、なおこのまんこに入ってるよ」おれはその言葉を聴きながら、なおこの垂れたおっぱいをむしゃぶりついていた。 なおこ「ほら入っているとこよく見て」 トイレの中が妙に電気が明るく、おれのあそことなおこのあそこがくっついているところがよく見えた。そしておれはなおこの中で果ててしまった。 なおこも満足そうな感じだ。1〜2分も経たないうちになおこが再び舐め始めた。そしたらおれのあそこはすぐに回復した。それからトイレの中で正常位、バック、再び騎乗位と計4回求め合った。 おれ「今日はありがとう!」なおこ「こんなに気持ちよかったの何十年ぶりよ」なおこが寂しそうな目で…「1回きり?」おれ「これからも定期的に会おう」と言うとなおこが満面の笑みと共に軽くキスをしてくれた。もう時間は3時を過ぎていた。 この日の後もおれとなおこは車の中やホテルで何回も求めあった。現在でも関係は続いている。おれ 28歳なおこ55歳

職場の同僚の女性とカラオケ店の部屋でセックスしたエロ体験談

私は広告会社に勤めていて女性社員も多い会社でした。続きを読む

コンパニオンのバイト時代のお客さんとのエッチなリアルな体験談

私はコンパニオンの仕事をしていたことがあります。この仕事はちょうど転職を志していて、無職の間、つまり仕事と仕事の間の繋いでしていたコンパニオンのバイトだったのです。お金はないけれど、時間はあるという時だったので、会社の社長から呼ばれたら、すぐにでも仕事に行けるという感じで働いていましたね。 続きを読む

新入社員の同期の女と対等ではいられなくなった燃えた夜の話

オレ♂

長身、筋肉なしのヘタレ、バイク乗り



M子♀

160cm未満、色白もちはだ、黒髪肩ストレート続きを読む

胸デカくて若い派遣の女のコとヤっちゃいました

前の会社で派遣のコとやっちゃいました。

初めに見かけたときは、胸デカくて若くてやりてーなーって印象でした。
隣の部署に派遣されてきたんだけど、きっかけは忘れたけど挨拶程度の会話はするようになって、なんか理由つけてケータイの番号ゲット。

続きを読む

会社の同僚OLとセフレになるきっかけになった出来事の話

数年前の夏の週末、会社の同僚(A子)に呑もうと誘われた。


当時俺は独身で、彼女は居たがあまりうまくいってない感じ。


A子は身長が高く性格は明るい方で、胸はマナ板(スマン

あまり気の進まない呑み会だったが、暇だった為行く事にした。続きを読む
広告
広告