翌日は小雨だった。

雨の日の練習は中止かな?とも考えたが、少し期待して温泉へ向かった。

(先生、来るかなあ?)

実は雨は僕にとって好都合だった。

雨の日にプールに入る人はほとんど居ない。

しかも月明かりが無いので暗い。

普段からあまり人目を気にしなくていいプールだったが、雨なら美咲先生も、より気楽に泳げるはずだと思った。

4日目のこの日も、僕はかなり早めにプールに入り、一人でゆっくり泳いでいた。

天候のせいで、7時を過ぎると辺りは結構暗くなっていた。

7時半頃、美咲先生が現れた。

フェイスタオルを手にプールサイドを歩いてきた。

いつもはサッとお湯に入ってしまうのに、この日の先生はちょっと大胆な印象だった。

「こんばんは修先生、今日もご指導よろしくお願いします」

美咲先生はニッコリ笑って、プールサイドから僕に挨拶してくれた。

何も身に着けていない美咲先生の伸びやかな肢体は、暗闇の中、神々しいまでの美しさを感じさせた。

先生の泳ぎはずいぶん上達しており、試験はもう心配なさそうに思えた。

二人で30分ほど泳ぎ、一段落した。

「あの、先生・・・」

「なに?」

「あの・・・、昨日の女の子にも亀頭があるって話ですけど・・・」

僕は思いきって切り出してみたが、肝心なことがなかなか言えずにいた。

「クリトリスとか女性器の話ね?」

「はい」

「それがどうしたの?」

「ええと・・・、保健の教科書で見たんですけど、断面図だけなので、よく判らなかったんです。で、家の百科事典でも調べてみたんですけど・・・」

百科事典にはモノクロ線描の詳細な図が載っていた。

その図は割と毛がびっしり生えていて、黒っぽくてグチャッとした印象だった。

昨日チラッと見た先生のその部分とは、あまりに違う感じだったのだ。

「あ、ちゃんと勉強してきたんだね?偉い偉い」

そう言って美咲先生は僕の頭を撫でた。

(くそっ!また子供扱いしてるな)

「あの・・・、それで・・・」

短い沈黙の後、美咲先生が思わぬことを言った。

「・・・見たいの?」

図星だった。

胸がドキドキしてきた。

「はい」と言ったつもりだったが、声にならなかった。

僕は頷くのが精一杯だった。

「本で見てもよくわからないから、実物を見たいんでしょ?」

先生はいたずらっぽい笑みを浮かべて、そう言った。

「み、見せてくれるんですか!?」

僕は上擦った変な声になってしまった。

「何興奮してんの!修くんは!真面目に勉強したいんでしょ?そういうことなら、ちゃんと協力するよ。水泳、あんなに一生懸命教えてくれたんだから、私もちゃんと教えなきゃね」

予想外の返答に僕はびっくりした。

絶対断られると思っていたからだ。

「そのかわり、絶対に秘密だよ」

「はい!」

「私だって本当は恥ずかしいけど、もうお尻の穴まで見せ合った仲だもんね。水泳の練習中も見てたんでしょ?私のお尻もあそこも」

美咲先生はいたずらっぽい表情で僕をからかうように言った。

「はい、本当は見てました。暗くてよく判らなかったけど・・・」

「じゃあ、今日は明るいところで見せてあげるね」

僕たち二人は昨日のシャワー室へ入った。

美咲先生は丸椅子の上でしゃがんで、両膝をグッと広げた。

僕は正座して、先生の股間に顔を近づけた。

「ね、何が見えるか、言ってみて」

おへその下を目で辿っていくと、ほとんど縮れていない薄い毛が生えていた。

幼い頃見た自分の母親の“亀の子タワシ”とは、まるで違う。

美咲先生が普段着ている競泳水着は、当時主流だったかなりのハイレグタイプらしかったが、剃り跡らしいものは見えなかった。

そして、その下にはやや濃い肌色をした薄い唇が、スーッと縦に走っていた。

さらにその下には可憐な肛門が見えていた。

肛門は控えめなしわが綺麗に集まっていて、その中心は、周囲よりほんの少し色素沈着していた。

肛門の右側1センチほどの位置に5ミリほどの小さいほくろが見えた。

(美咲先生、こんなところにほくろがあるんだ・・・。自分でも見たことないかも・・・)

「修くん、わからないの?」

美咲先生の声に僕は我に返った。

「先生、すごくきれいですね」

「えーっ!?『気持ち悪い』とか言われると思ったよ。修くんはお世辞が上手だね」

「いえ、本当にきれいだと思います」

(触りたい・・・舐めてみたい・・・)

でも、そんなことはとても言えなかった。

「そんな風に誉められると、なんだか恥ずかしくなっちゃうな」

美咲先生はそう言いながら脚を下ろして膝を閉じてしまった。

「もうこれでおしまい!」

(えーっ!?そんなー!?)

「だって修くん、じーっと見てばっかりで答えないんだもん。勉強する気あるの?」

先生は恥ずかしさを隠すために、わざと怒っているようにも見えた。

「すみません、ちゃんと勉強します。もう一度お願いします」

「しようがないなあ。それにしても修くん、今日もすごく元気だね」

美咲先生は笑いながら僕の股間を指差した。

「またおへそにくっつきそうになってるよ」

美咲先生のあの部分を見せてもらった興奮で、僕のちんこは小刻みにピクピクし続け、皮を被った尖端からは、よだれがタラタラ流れ出ていた。

「あっ、これは・・・」

僕はなんとか興奮を静めようとしたが、為す術がなく、うろたえてしまった。

「元気なのはしょうがないよ。健康な証拠だから大丈夫だよ」

美咲先生の言葉に僕はホッとした。

「じゃあ、もう一度ね」

美咲先生は丸椅子の上でしゃがんで股を開いた。

「何が見える?」

「ええと・・・」

「これは?」

「陰毛です」

「ここはわかるよね?修くん、いつもジッと見てたから」

「・・・肛門です」

僕は恥ずかしさのあまり、耳がカーッと熱くなるのを感じた。

「じゃあ、これは?」

美咲先生は、まっすぐなタテ割れを指差した。

「ええと、大陰唇です・・・か?」

「これは、小陰唇。大陰唇はその外側のところ」

(そうか、これが小陰唇なんだ・・・)

「こうして股広げても、ぴったり閉じているでしょう?お風呂のお湯なんかが身体に入ってこないようになってるんだよ」

(なるほどー。ところで、クリトリスってどこにあるんだろう?)

「ここ、少し尖っているでしょう?」

美咲先生は、小陰唇の上というか、前側の部分を指差した。

確かにそこは、鳥のくちばしのように少し尖っていた。

「これがクリトリスですか?」

「ここは、陰核包皮っていうの。修くんの被ってる皮と同じだよ」

「ということは、この中に・・・」

「そう、この中にクリトリスが包まれているの」

(見たい、見たい・・・、クリトリス、早く見たい)

僕は喉がカラカラになっていた。

その時、美咲先生は突然脚を下ろし、立ち上がってしまった。

「はい!じゃあ、これで今日の授業は終わり!」

(そんなー!まだクリトリス見てないじゃないか!)

<続く>