もうだいぶ昔の話だが、俺の彼女がスナックでホステスやってた。

ちなみに俺は今、40歳の中年。

曖昧な記憶だが、確か俺が23歳くらいの頃だったと思う。

その店のママが拝金主義って言うのかな?

とにかく金になればなんでもOKって感じのママだった。

だから、酒癖の悪い客でも出入り禁止にしなかった。

当然、触ってくる客も居る。

だから、彼女が嫌がっても一切注意しないどころか、笑って見ている酷い人だった。

そんな環境の店で働いてたから、危ないとは思っていたが、案の定、彼女は客に犯られてしまった。

その客は下ネタは元より、店の子をよく触ったりしていらしいのだが、常連で金は良く使ってくれる。

バブルの頃だから尚更だ。

ママにとってその客は上客だから、客がアフターを望めば行かなければならない。

彼女は嫌だったらしいが、ママの業務命令では断るわけにはいかない。

辞めれば良いのにと思っていたが、割とお金が良いから彼女は我慢して辞めずにいた。

ある日、店が終わって客とアフターした。

その時に彼女は犯られた。

ビデオがあるわけでもなく、見たわけでもないから描写はわからんが、俺がその話を彼女から打ち明けられたのは、最初に犯られてから3ヶ月も後だった。

でも話を聞いて、怒りの反面、自分でも意外だったが俺の下半身はビンビンになっていた。

今にして思うと若かったんだな。

一度セックスしてしまうと、その客は店に来る度に彼女の身体を求めるようになった。

彼女も俺と会う予定以外の日に誘われたら、ほぼ毎回体を提供していた。

酷い時は店に来ない日も誘われて抱かれていた。

彼女は乳が結構デカかったので、良くその客に触られていた。

俺が一般の客を装って飲みに行ってた時に彼女が乳を揉まれているのは何度も見ていた。

怒り心頭だったが、怒るわけにはいかないから相当我慢してたよ。

その客は一人で来てる時もボックス席に座っていた。

だから、飲みに来る度に何人か居るホステスが必ず席につく。

金を沢山使ってくれるから、ママは必ず女をつけていた。

周りのお客も、その客が金払いが良いから仕方ないと思っていた。

その客は、「明美は良い乳してるよな」とか言って彼女の生乳を揉んでいた。

隣に居る明美の肩に手を回して、上からブラの中に手を突っ込んで生乳を揉んだり、指で胸元を引っ張って中を覗いたり、殆ど風俗みたいな感じだった。

大体いつも明美がついてる時は、右手で乳房を揉みながら左手にグラスを持って飲んでいた。

普通ならありえない光景だ。

会話も卑猥でエッチなものばかり。

初体験は何歳だとか、経験は何人だとか。

そんな状態でも笑って接客しなくちゃならないのだ。

機嫌を損ねるとママに怒られるからだ。

ある日の夜、店で大量に飲まされた状態で閉店後にアフターでどこかに連れて行かれ、そこでも飲まされた。

足腰が立たないくらいに飲まされて泥酔状態にされ、そのままホテルへ連れ込まれてしまった。

酔ってしまった明美は殆ど抵抗できなかった。

そのまま犯られてしまった。

目が覚めたのはお昼に近かったとか。

頭の痛みに目を覚ますと、隣に客が裸で居たそうだ。

それで、泥酔して連れ込まれ犯られた事を思い出した。

客は既に目は覚ましており、泥酔して寝てる間に2回犯った事を言われたそうだ。

焦ったらしいが、明美も全裸状態。

しかも2回犯られてしまった事実はどうにもならない。

全裸で逃げようにも逃げられない。

再びその客が上に乗っかってきて攻められまくり。

どうしようかと考えたが、店にとって上客なので逃げられないなど、頭の中が交錯したそうだ。

彼女は観念して犯られてしまった。

男と女の関係になってしまった客と明美。

客の態度はもう完全に自分の女のような感じだったそうだ。

明美はこれっきりにしてくれと頼んだらしいのだが、客はOKする筈がない。

拒否するなら今後一切店には行かないと恫喝してきたそうだ。

もし本当にそんな事になったらママに怒られてしまう。

高い金を貰える職場もクビになってしまう。

俺の存在を伝えたらしいのだが逆効果で、「別れろ!!」と命令されてしまう始末。

更に、店の客に彼氏が居ることを暴露すると再び恫喝。

店に来なくなってしまっても困るし、周りの客に彼氏の存在を暴露されるのも困る。

どっちにしても明美にとって不利な状態。

更に極めつけなのは、寝てる間に使い捨てカメラで全裸状態の写真を撮られてしまった事だった。

その写真を俺に見せられても困るわけだ。

こうして明美は八方塞がりになってしまった。

こうなってしまっては言いなりになるしかなかったのだ。

それでも何とか交渉して、せめて俺に写真を見せない事。

他の客に彼氏の存在を言わない事。

彼氏である俺と会う日はセックスに応じないという事で納得した。

一度、明美を抱いた客はますます明美を気に入ったらしい。

明美は色白でグラマーなので、客の好みだったのだ。

その日以降、客の言いなりになるしかなかった明美は、俺に内緒で多い時は週に4回も抱かれていた。

その客は当時36歳くらいだったが、今の俺は既に40歳。

36歳でよくあんな最低な飲み方ができるもんだと今でも呆れるばかり。

40歳になった俺だってもっと紳士的に飲む。

そうして客の言いなりになって抱かれてたのだが、避妊にゴムは使わず、マイルーラだった(当時はピル解禁じゃなかったからな)。

マイルーラはゴムに比べても避妊の確率は落ちる。

酔った勢いでマイルーラを入れず、中出しも何度かされていた。

マイルーラでも中出しされたら危ないのに避妊なしで中出しされていた。

そうして関係が3ヶ月を過ぎた頃、とうとう明美はその客の子供を身籠ってしまった。

妊娠1ヶ月だった。

妊娠してやっと俺に打ち明けたわけだ。

当時はショックだったよ!!

明美も罪悪感で俺を裏切り続ける事が出来ず、黙ってるわけにはいかなくなってしまったのだろう。

要するに、明美は都合の良い性欲処理の肉便器だったって事だ。

もし明美が身籠らなかったら、ずっと俺に隠していて、もっと長い期間その客に抱かれ続けてただろうな。

しかし週に4回じゃ、俺とセックスしてる回数よりも多かったって事だ。

俺は何も知らず、明美を心配しながらも信じていた。

結構間抜けだったな。

まったく油断も隙もありゃしないって事を知ったよ。

その客は精力絶倫だった。

一晩に何回もセックスするそうだ。

当時の俺でも最高記録は一晩で5回。

5回もするとチンポが痛いだけだがな(笑)

更に5回もしてしまうと次の日は1回が限度。

その客は36歳にもなって一晩に5回して、次の日でも3回くらいする奴だったそうだ。

一緒に居る時やセックスの最中に何度も、俺と別れて自分の女になれ!!と言われたそうだ。

不思議なもので、そんな明美も、客との関係が半月も過ぎた頃には彼氏である俺への罪悪感を覚えながらも、情が移ってきていた。

最初に犯られた次の日から、セックスする度に俺と別れろとか、好きだとか言われ続けたから無理もないかもしれない。

妊娠が発覚し、俺に打ち明けた段階で俺が激怒してたら、そこで明美とは終わっていたろうな。

その客は好き者なので、明美に風俗嬢の様なプレイまでさせていた。

ソープランド嬢のサービスみたいにな。

3ヶ月ちょっとの間にだいぶ仕込まれてしまった。

結局、明美は俺に客との関係と妊娠を打ち明け、子供は堕ろす事になった。

当然と言えば当然だがな。

妊娠しないでいたらずっと関係は続いたろう。

そうなったら、完全に明美を獲られていただろうな。

考えられるシュチエーションは、明美が俺に好きな人が出来たと言って別れ話を出すパターン。

俺は、事の詳細や事情を何もわからず終わっていただろう。

子供を堕ろす際、俺と明美は客を呼び出して、堕胎費用を出す事、今後は明美に手を出さない事、そしてこれからも店には客として来続けるという事で話はまとまった。

もちろん出会い頭に文句を言ってやったよ。

DQNな客は文句を言うと、逆に俺が明美と別れろと言い出し、怒鳴り合いになったが、彼女が止めに入ったのと周りの事を考えてお互いに抑えた。

その客にたっぷりと仕込まれ、体を貪られた明美。

嫉妬と興奮から、しばらくはその客に明美が抱かれてるのを想像しながらセックスしたよ。

今までにないくらいに興奮して俺のチンポは硬くなった。