正月、義母がうちに来ていた。

2日に嫁が、「友達と初売りに行く」と言って出掛けた。

義母も一緒に行きたがっていたが、混んでいるし疲れるからやめた方がいいという話になって(というか、俺がそういう話にして)、義母と二人きりで留守番をした。

朝から二人でほろ酔い気分でこたつに入っていたのだが、パジャマのままで肌を上気させている義母に欲情し、思わず押し倒してしまった。

義母は本気で抵抗してきて、俺はさんざん殴られ引っ掻かれたけれど、俺は俺で義母を文字通り引きずり回してパジャマはボロボロ。

泣きながら床を這いつくばって逃げる義母に、さらに劣情を催してしまった。

上からのしかかって、なんとか股間に指を突っ込んで、あそこをグリグリ弄ったのだが、「やめてー、やめてー」と泣くばかりで濡れる気配も一向に無かった。

それでも構わずどデカいクリトリスを弄り続けていたら、ようやく喘ぎだして、俺の手を邪魔する義母の手も本気モードじゃなくなっていった。

それでも「やめてー、やめてー」と言い続けるので、「やめていいんか?やめるぞ?」と言ってみたところ、弱々しく「やめないで」と。

いや、これには参った。

義母が墜ちた瞬間、というのを感じたね。

ちんぽ入れると、よく言えば豊満、率直に言えばデブな義母の肉がたぷんたぷんと揺れて、これまたたまらんものがあった。

「やめてー、やめてー」と言い続けながら喘いでいる義母に中出ししたら、白目を剥いて痙攣していた。

こりゃいいわと、しゃぶらせてはヤり、しゃぶらせてはヤりを繰り返していたら、いつの間にか夕方になっていて、慌てて着替えさせたものの、義母の顔には涙の跡がくっきり。

嫁が帰ってきて、「なんかあったの?」と怒られる怒られる。

本当のことなんか言えっこないけど。

その後は襲うチャンスもなく(嫁がずっと家にいたので)、昨日、家に俺が車で送り届けてきたのだが、車から降りるなり玄関へ猛ダッシュ。

『お茶でもどうぞ』なんてセリフは期待してなかったが、ありゃ相当怒ってるな。

嫁も“まさか”と“もしや”の間みたいな顔してるし、この先どうなりますことやら。

嫁とヤヴァイことになっていて、義母ともヤヴァイことになっている・・・。

正月以来、嫁はほとんど口をきいてくれない。

この前、久しぶりに会話したと思ったら、「お母さんと何があったの?」という話だったし。

こっちはしどろもどろだけど、一応、「孫をせがまれたのだけれど、んなもん授かり物だし約束できないと会話をしているうちに口論になって、義母を泣かせてしまった」と言っておいたのだけど・・・。

よく言って半信半疑、まあ、義母を俺が犯したなんて信じたくないから、こんな嘘でも騙されておいた方が気が楽、という感じなんだろうな。

んで昨日、仕事に出ると言って家を出て、義母の家に行ってきた。

一応口裏は合わせておいてもらわないとお互い困るだろうし、ああも乱暴にしたことについては謝っておきたかったからな。

最初、義母は玄関を開けてくれなかったのだが、「謝りたいから」と言ったら渋々家に上げてくれた。

土下座して謝って、義母の説教を延々と聞かされた。

曰く、「どうしてあんなことをしたのか?」「嫁のことを愛していないのか?」「私(義母)が娘の顔をまともに見られないようにしてくれて、どうするつもりか?」・・・云々。

いちいちごもっともなので、下げた頭を上げられなかったけどねぇ。

でも俺もアホなんだけど、頭下げながら目は義母の太ももに釘付けだったんだよね。

ああいう豊満系の熟女って、やっぱ俺のストライクゾーンなんだよな。

何十回目かに、「どうしてあんなことしたの!?」と詰問されて、思わず顔を上げて、「お義母さんが魅力的だったからです、欲しかったんです」と答えてしまった。

「嘘おっしゃい!」

そう言われて、火に油を注いだようになってしまったけれど、涙目で怒ってる義母の顔見てたら、また堪んなくなっちまってなぁ・・・。

ま、俺としては謝り続けるしかなかったわけだが、途中から義母の太ももにムラムラ来ていた、と。

んで俺、正直にそう言ったんよ。

「レイプしてごめんなさい。でもお義母さんを女性として魅力的だと思ったし、肉体的にひとつになりたいと思ったのも本当です」

義母は激怒というか、呆れるというか、呆気にとられるというか、涙目で俺を見ていたよ。

その表情がまた堪らなくって。

途中から、謝ると言うより、頼み込むという感じになってた。

レイプじゃなくて、普通に男女の関係を結びたい、と。

嫁は愛しているし、幸せにしたいと思っているけれど、嫁を愛した部分を義母は持っていて、義母の魅力的な部分を嫁が持っていないという現実を受け入れて欲しい、と。

嫁を不幸にしない範囲で、義母とそういう関係を続けていきたい、と。

そのうち義母はがっくりとうなだれて、なんにも言わなくなっちゃった。

チャーンスと思って、義母を押し倒そうとしたのだけれど、「今日はやめて」と言われた。

「今日は」ですよ?「今日は」。

じゃあ、今度だったらいいのか?ってハナシデスよ。

お義母さんの手を握って、「キスさせてください」と言ってみたら抵抗しなかったもんね~。

軽くチュッとして、「いつか、きっと、もう一度ひとつになりましょう」と言って帰ってきた。

来週ホテルに呼び出す予定。

一応部屋は取って、嫁には泊まりで出張と言ってある。

義母に『部屋まで来てくれ』とメールを打つつもりなのだが、どうしようかな?

当日打とうかな?

なんか、前もってメールして、変に考え込まれても嫌だしな、と思うんだが。

火曜日の夜に、ホテルへの呼び出しメールを打った。

その晩は義母から返信なし。

翌日、やっぱ来ないよなあ~、と半分諦めつつホテルにひとりでチェックインしたところ、義母から電話が掛かってきた。

ホテルには来れない、と。

が、きちんと話をした方がいいと思うから、家に来るのは構わない、と。

(そういう話になるまで30分ぐらい掛かっているけど、縮めて書くとこうなっちゃう)

とりあえずホテルを出て義母の家へ。

この間話し合った部屋で、再び義母と向かい合って座った。

義母はさめざめと泣いていたね。

「どうしたらいいのかわからない」と言っていた。

この間の話の繰り返しになったのだけれど、とにかく俺としては、義母とやりたいという気持ちでいっぱいいっぱい。

そこで、「今晩だけ、俺が娘の夫であることを忘れて欲しい。お義母さんを、一度だけでいいからちゃんと抱きたい」と言ってみた。

義母はついに、「それで諦めてくれるのなら」と。

(ここまでに2時間はかかってる)

「先にシャワーを使ってちょうだい」

そう言われてシャワーを浴び、部屋に戻ると布団が敷いてあった。

義母がシャワーを使っている間、俺、なんか童貞に戻ったみたいにドキドキしながら、布団に入ったものか、畳の上に正座して待っているものか、アホみたいに悩みながら、文字通り右往左往していた。

義母がシャワーから出てきても、二人してどうしていいのかわからずオロオロ。

バスタオルを巻いただけの義母と俺二人で、畳の上に正座して向かい合って黙りこくっていた。

本当に、いい年こいて処女と童貞みたいな感じ。

我ながらアホだなと思うけど。

そのまま数分座っていたら、さすがに寒くなってきて、「お義母さん、寒くないですか?」と。

義母がコクリと頷いたので、布団を捲って、「どぞ」と誘ってみた。

二人で布団に入ってからは、もう一世一代の大勝負ですわ。

1時間以上は愛撫してたかな?

バスタオルを脱がすまでだけで、たぶん20分以上かけたと思う。

唇から、足のつま先まで、キスしなかったところは無いってぐらい丁寧に愛撫した。

クンニしたら義母がイキそうになるので、クンニしては全身愛撫、全身を愛撫してはクンニを繰り返し、ついに義母に、「お願い、おちんちん入れて。イキたいの」と言わしめた。

(やった!)と思ったねぇ、その瞬間は。

んで、しゃぶってもらって挿入。

ほとんど入れたと同時に義母昇天。

仕方がないのでゆっくり腰を動かしながら義母再起動を待ち、それから本格的に攻めて、最後はほぼ同時に昇天させていただいた。

結局もう1回戦。

今度もじっくりと愛撫してから合体して、ほぼ夜明けまでやりっぱなしの一夜を過ごさせてもらった。

終わってから腕枕をしている時に、「どうでした?」と聞いた時の義母の表情は本当に可愛かった。

真っ赤になった顔を俺の腕に埋めて隠そうとするんだもの。

「嫁より先にあなたに会っていたら、あなたと結婚していたかもしれませんね」とクサいセリフを吐いてみたところ、「あたし、どうしたらいいの?」と。

「嫁は大切にする。だけど、あなたへの想いをこのまま封印することは俺にはできない」

そう言ってみたものの、『じゃあセフレでいましょう』と義母が言うはずもなく、とは言っても、義母としても俺とこれっきりになれるはずもないぐらいのセックスはできたかな?という自負もある。

今後も、嫁に隠れて義母を抱くことになるのかな?というところですな。

以上、ご静聴ありがとさんでした。