私達夫婦は娘の“出来ちゃった婚”で二人だけの暮らしになりました。

私(中野勇二・48歳・サラリーマン)と、妻(有里・42歳、160cm、84-58-86)は、ポッカリと空いた毎日に会話も少なくなっていました。

そんな生活に刺激を・・・と、長年の夢であった他の男を交えたセックスを妻に提案したのですが、貞淑な妻はいい返事をするわけがありません。

妻はバストは大きくないですが美乳で、若い頃のスタイルを維持しており、娘と姉妹に間違われるほどの美人です。

教育者の両親に育てられ、真面目な性格もあいまって処女で私と結婚したのでした。

結婚後、少しずつではありますがフェラやバイブでのオナニーを教え、私好みの女に育て上げましたが、複数プレイに関しては拒否します。

妻に理解してもらうためにネットを開いては複数プレイのサイトを何度も妻に見せました。

最初は嫌悪感を感じる表情で眺めていた妻ですが、毎日、何度も見せられ表情も変わってきました。

サイトを2人で覗いてからセックスするのが習慣になった頃、セックス中に妻が「他の男の人達とセックスするってどんな感じかなぁ?」と言ったのです。

「有里、してみたくなった?」

「3Pなんて刺激があり過ぎて・・・」

「一度だけ経験してみろよ」

「そうね。・・・それより、もっと激しく突いて・・・」

「他の男にこんなふうに突かれたい?」

「嫌っ~、怖いわ・・・」

「有里は四つん這いにされて、チンポを咥えさせらながら後ろから犯されるんだよ」

「ダメ~!イヤッ・・・イヤッ・・・イヤッ・・・犯されるぅ~」

妻は、自分が男達に犯されるの想像して感じています。

「男が有里の腰を持って激しく突いてるよ」

私もペースを上げて有里にピストンします。

「ダメ~壊れちゃう~」

「ほら・・・男が入れ替わって違うチンポを入れようとしてるよ」

「あなた・・・助けて・・・また、犯される~」

妻は完全に擬似3Pにハマッているようです。

「有里~、太いチンポが出たり入ったりしてる・・・」

「ああっ・・・逝きそう・・・ダメ・・・逝っちゃうぅ~イクッ・・・イクッ・・・あ~あっ~イクッゥゥゥゥゥ~」

私もピストンを早め、妻の背中に射精しました。

セックスの後も私達は抱き合ったまま舌を絡め合いました。

妻も私も初めての擬似3Pの余韻を楽しむように・・・。

「ねえ・・・あなた・・・」

私を覗き込むように口を開きました。

「世の中には3Pやスワップを実践してるご夫婦もいるのは分かったわ。でも、私達に向いてるか分からないと思うの。私がどんなに声を出して乱れてもあなた、私を嫌いにならない?今と変わらない気持ちでいてくれるなら、あなたの思うようにしていいわ。でも、一度、やってみてお互い嫌な事があったら止めようね」

「有里、ありがとう」

「お相手はどうするの?知り合いだとか友達なんて嫌よ。恥かしいから・・・」

「そうだな・・・いざとなったら困るね。サイトで探してみるよ」

その夜から男性探しが始まりました。

こちらの希望は30代の結婚されてる身元の確かな2人組です。

偶然、スワップ希望のコーナーに希望通りの方を見つけたのでメールしてみました。

翌日に返信がありました。

何度かのメールのやり取りの後、私だけ彼らに会ってみることになったのです。

彼らの住む地域は我が家から高速で2時間かかります。

私は2時間かけて待ち合わせ場所のファミレスに行きました。

初めて会う2人に不安を感じましたが、話してみると2人の真面目な性格と、ユーモアを交えた話術に引き込まれて行きます。

辻岡君夫婦と、森下君夫婦は4人とも学生時代からの友達で、なんと結婚前から3Pやスワップを実践してきたらしいです。

結婚後、お子さんが生まれたりして4人揃ってのプレイが無理になったそうです。

今回の事も奥様方は了解されているようです。

彼らに初めての複数プレイで失敗は許されない状況を説明し、有里の写真を見てもらいました。

全裸の有里を見た彼らは・・・。

「綺麗な方で安心しました。奥様の気が変わらないうちに会いたいですね。土曜の夜だったらいつでも2人で行きますよ」

“彼らなら心配ない”と思った私は、週末に彼らを自宅に招く約束をしたのでした。

我が家に帰ってデジカメで撮った辻岡君と森下君を見せ、話の経過を聞かせました。

「ドキドキしてきた・・・」と、妻は顔を赤く染めます。

落ち着かない時間が流れ、土曜日になりました。

約束の6時が迫ります。

テーブルに酒の準備を済ませた妻が、ソファーで時計ばかりを気にしてます。

辻岡君からの携帯が鳴りました。

我が家の前まで来たみたいです。

迎えに、妻と2人出ました。

妻を紹介してリビングに戻りました。

2人に来客用のソファーを勧めて、私達は一人がけのソファーに並んで座りました。

4人で飲み始めました。

最初、ぎこちない会話でしたが、すぐに彼らの話術に魅了されていきます。

彼ら夫婦のエッチな話や、スワップ・3Pを面白おかしく聞かされ、妻も笑顔が絶えません。

辻岡君が妻の服装を褒めます。

「有里さん、今日の服装は色っぽいですね。いつもなんですか?」

「そう?」

ピンクのブラが薄く透けている白のキャミソールに、赤い短めのミニスカートです。

森下君も続きます。

「肩から覗いてるピンクのブラ紐とチラチラ見えるピンクのショーツにクラクラしてますよ」

「エッチ~」

妻が笑顔で返します。

「有里、2人の間に座ってお酌してあげたら?」

2人にアシストです。

「そうね」

有里は2人の間に割り込むように腰を掛け、二人にお酌します。

私はリビングの照明を暗くして、3人の会話に耳を傾けます。

3人は身体を密着させ、エッチな話に夢中でした。

ふと、気付くと二人は妻の膝に手を置いています。

会話を続けながら素足の脚を広げていくのです。

妻は恥かしさから俯いて、顔をあげられません。

その時、辻岡君は妻の顔を両手で挟んで、彼の方を向かせました。

軽く唇を合わせます。

続いて、森下君も軽くキスしました。

2人で奪い合うように妻の唇を舐めます。

「ああっ・・・」

妻の唇から吐息が漏れました。

2人の舌の侵入を許した妻は、2人に胸を揉まれ、ブラが見えるほどキャミソールが捲れています。

森下君の手はすでにショーツの中に入っていました。

2人の強引な愛撫に妻は身を任せているのです。

「お願い・・・シャワーさせて・・・」

妻の願いを聞き入れた辻岡君は、妻の手を引いて浴室に行きました。

残った森下君が「リビングでプレイします。中野さんは三脚にビデオをセットしてソファーで見ていて下さい」と言い残して浴室に消えました。

私は妻が気になり、脱衣場を覗きました。

「ああっ・・・ダメダメ・・・2人とも大き過ぎる・・・咥えられないよ・・・」

私は撮影の準備を済ませ、ソファーで3人を待ちました。

これから始まる妻の淫宴に頭が痺れてきます。

妻の本当の淫乱な姿を見てやろうと心に決めました。