実際にあったエロい体験談

実際にあった体験談を広く集めたエロ体験談のまとめサイト! ナンパで中出し、彼女とのハメ撮り、処女喪失、近親相姦、出会い系、社内での不倫・浮気でのエロ体験、イケナイ関係とわかっていながらも人妻との濃厚なエロSEX(セックス)体験、ナースとのエロ体験、学生時代の乱交etc、エロい体験談満載です。是非、ご堪能下さい❤

ネットに投稿されたエッチ体験談のまとめサイト! ナンパ、ハメ撮り、姉・妹との近親相姦体験、不倫・浮気での エッチ、人妻とのSEX(セックス)、ナースとのエロ体験、乱交etc、エロい体験談満載です。是非、ご堪能下さい♥

エッチ

彼の隣の部屋で友人の女性とエッチしている一部始終を目撃してしまったエッチな体験談

エロ体験談、エロ話と言えるか分かりませんが…私のエッチな話です。エロい話じゃなかったらすみません。
私が23歳の頃の話です。2つ上の職場の先輩とお付き合いして半年でした。私は実家、彼はひとり暮らし。彼のアパートに通っていました。女子校でしたので出会いがなく、初めてお付き合いしたのが、彼でした。
その日は私は出張で、現地に宿泊予定でしたが、仕事が早く終わり、最終便で帰ってきました。彼にその旨何度も電話したのですが、出ませんでした。彼に頼まれていた出張先のおみやげを持ち、彼のアパートに向かいました。
途中のコンビニで、彼の部屋の隣に住んでいる男性に会いました。普段廊下で会ったときに軽く会釈する程度の関係で、会話などしたことはなかったのですが、私の顔を見て驚いた表情を見せました。これから行くの?行かなきゃダメなの?などと、不審な言葉をかけてきました。理由を聞いてもはっきりした返事はなく、どうしても行かせたくない雰囲気でした。私は男性を振り切るように彼の部屋へ向かいましたが、男性が、「何もしないから、まず俺の部屋に来なさい。それから、(彼の部屋へ)行くか考えなさい」と言い、部屋のドアを開けました。戸惑いながらも男性に続いて部屋に入りました。
男性の部屋に入ったとたん、彼の部屋から女性の喘ぎ声が聞こえました。同じく、彼のハァハァした喘ぎ声も聞こえました。ベッドが激しくきしんでいる音もしました。やがて、彼の「イクっ!出るっ!」という声がして、きしんだ音も止まりました。
男性の部屋はきれいに整理整頓されていて、無駄なものがありませんでした。彼の部屋は角部屋で、男性は大人しいのか、今まで男性の部屋からの物音に気がついたことはありませんでした。こんなに薄い壁だと、その日まで気がつきませんでした。彼の部屋は、男性の部屋と反転した構造になっていました。壁一枚挟んで、ベッドの位置が彼と男性とで同じでした。彼と私が気がつかなかっただけで、私達のSEXも男性には聞こえていたことになります。
私は彼が見知らぬ女性とSEXをしていたというあまりのショックと、私達のSEXを聞かれていたことが恥ずかしくて、床に座り込んでしまいました。涙が止まりませんでした。男性がそっとコーヒーを入れてくれ、ティッシュまで横に置いてくれました。
男性は、「君の好きにしたらいいよ。彼の部屋に行ってもいいし、落ち着くまでここにいてもいいし」と言い、パソコンに向かい仕事をし始めました。
私はどうしていいのかわからず、ただ泣いていました。
やがて、またベッドのきしむ音が聞こえ始めました。女性の喘ぎ声が響きます。彼を呼び捨てにしながら、「イヤぁ、ダメぇ!」と言いながらも「もっと突いて!おマンコすごく感じるの!」「あぁん、イクイク!」などと叫んでいました。彼は、「いいからしゃぶれよ」「先に俺をイカせろ」「さっさと股開け」「ケツ出せ」「もっと腰ふれよ、乳首吸わせろ」「おマンコって連呼しろ」「中にいっぱいちょうだいって言え」などと、普段の私とのSEXでは絶対言わない言葉を投げ掛けていました。私には、包み込むような愛情溢れるSEXをしてくれました。
突然、女性が息もたえたえに喘ぎながら彼に言いました。「私のカラダと◯ちゃんのカラダ、どっちがいい?」と。◯ちゃん、私の名前を知っている人?と思うと、なおさら絶望感に襲われました。彼は、同じく喘ぎながらも、「◯に決まってるだろ、この肉便器女」「◯は処女を俺にくれたし、お前と違っておマンコユルくないんだよ」「◯は俺とのSEXしか知らないから、俺好みに育てていってるんだよ」「お前が唯一◯に勝てるとしたら、フェラチオの上手さと、いろんな体位で俺をイカしてくれるとこだけだ。◯はまだ正常位がやっと、バックは最近少しずつできてきたから、騎乗位や立ちバックはまだまだ先の話」「最近、フェラチオ教えているけど、まだまだ下手すぎる」など、私を悪く言っていました。
「◯の話をしていたら、◯とヤりたくなった!◯とヤっているところ想像してイクわ。お前は顔を枕で隠しとけ」「イヤぁ、◯ちゃんじゃなく私とエロいことしてるんだから、私でイって!」「◯、好きだよ、◯、イクよ、◯、◯っ!あぁ、中に出すよ◯!」「イヤぁ!」などと、激しいピストンの後に、彼はイきました。
私はますます悲しくなり、ただ泣いていました。
男性は、そっと抱きしめてくれて、何となく流れで私達もそのまま…。
字数制限でここまでになってしまいますが、男性に優しく抱かれながら、彼に聞こえるように私も喘ぎながら、何度も絶頂を迎えました。男性も、いっぱいハァハァ喘いでいました。様子を伝えられないのが残念です。彼以上に優しく抱かれ、時には激しく突かれ、最後は意識がなくなるくらいに感じまくりました。男性の胸のなかで甘えまくりました。後日談を伝えられず残念です。

ドSの彼氏の毎日調教されたエッチな体験談

ドSの彼に非常階段で虐められた体験談 私は、少しMの気がある女性です。

私がMに目覚めるきっかけになった、ちょっとエッチな話をさせてください。

あれは、今から5年近く前になります。 当時普通に働いていた私は、仕事で知り合った相手と付き合い始めたのですが、その彼がSだったんです。

細身で、どちらかと言えば女性的な感じのある人でしたが、どこか逆らえない雰囲気と妙な色気がありました。 いわゆる調教をされましたが、痛いことはされなかったです。 命令するのが好きで、ご奉仕しろとか、ひとりでしてみせろとか、そういう命令には必ず従いました。

彼の部屋にいる時は、裸でいることが多かったですね。 「脱ぎなさい」と命令されれば全裸にならなければならず、許可が出るまで服を着てはいけませんでした。

ある日の夜、一度脱ぐように言われた後で、ブラウスとミニのタイトスカートだけ身に着けるように命令されました。 そして、そのまま外に連れ出されてしまったんです。 身体にフィットするデザインのブラウスだったので、余計に乳首が目立ってしまうのが恥ずかしく、必死に彼の背中に隠れるようにして歩きました。 夜の遅い時間だったので人通りは少なかったのですが、元々私は恥ずかしがり屋なので泣きそうでした。 しばらく歩いた後、「帰るよ」と言われて心からほっとしたのですが、彼はなぜか部屋ではなく、マンションの非常階段へ。 戸惑う私に、彼は「スカートをまくりなさい」と 「…はい…」と、私はタイトスカートをまくり上げました。

その下は何もつけていませんから、すぐにあの場所が露わになってしまいます。 彼はそこを眺めながら、「もっとよく見せなさい」。 私が少し脚を開くと、「ちゃんと手で拡げなさい」。 戸惑いましたが、私は手を下腹部に伸ばし、その閉じた部分を、おずおずと拡げて見せました。 彼はしゃがみ込むと、「ふーん」と言いながらそこをじっと見つめてきました。 「恥ずかしいの?」「恥ずかしいです…」 彼は私のそこにおもむろに触れ、「恥ずかしいのにこんなになってるの?」と私の顔を見上げました。 誰がいつ通るかもしれない場所で、あの部分を露わにし、泣きそうになるほど恥ずかしかったのに、私のそこはぐっしょりとなっていたんです。 「悪い子だね」「ごめんなさい…」 彼の指にヌルヌルと弄り回される感覚に、私は立っているのもやっとでした。 「悪い子にはお仕置きしなきゃね」 そう言うと彼は、そこに舌を触れさせました。 「あっ…!」「声は出しちゃダメ」 敏感さを増しているクリを舐めまわされ、出そうになる声を必死に抑えます。 すると、表面を弄っていた彼の指が、たっぷりと潤った私の中に入り込んで来ました。
「も…、もうダメです…!」「ちゃんと我慢しなさい」 舐めまわす舌のピチャピチャした音、掻きまわす指のクチュクチュした音が聞こえる中、私は声を殺し続けました。

しかし、クリと中を同時に責められる快感を我慢し続けることは出来ず、声を殺したまま私はイッてしまいました。 ぐったりとしゃがみ込む私に、彼は「声、ちゃんと我慢出来たね」「ご褒美あげなきゃね」。 彼はスッと立ち上がると、履いていたジーンズのファスナーを開け、硬く大きくなった彼のモノを、私の目の前に露わにしました。 「ありがとうございます…」 私は、舌を彼自身に這わせると、それがビクンと動きました。

彼の好きなやり方は教え込まれていたので、その通りにゆっくりと丁寧に舐めまわします。

「しゃぶりなさい」 その声を待っていた私は、さらに硬さと大きさを増していた彼のモノを、口に含みました。 ゆっくりと頭を前後に動かしながら、口の中で舌を絡めます。 「上手だよ」と言う彼の声が快感で潤んでいて、それが嬉しくなった私は、さらに丁寧に奉仕を続けました。

不意に彼の手が私の頭を掴み、グイグイと喉の奥に押し込んできました。 彼はそれが好きで、最初は苦しかったのですが、いつもやらされているうちに、喉の奥に妙な快感を覚えるようになっていました。

彼のモノに深く喉を犯され、息苦しさと快感で頭が真っ白になってきました。 「気持ちいいよ…」という彼の声に、私のあの部分が熱くなり濡れてきているのが、自分でもよくわかりました。 ふと彼が私の口から引き抜くと、私の腕を取って立ち上がらせ、くるりと後ろを向かせました。 「え…」「いいからお尻を突き出しなさい」 仕方なく私がお尻を突き出すと、彼はすぐに中に押し入ってきました。

「うっ…!」「すぐに入っちゃったね」 彼はゆっくりと動き始め、後ろから私の耳元で「また声を我慢するんだよ」と囁きました。 静かな非常階段に、彼が私を突き上げる、グチュグチュと湿った音が響きます。 彼は、喘ぐのを我慢している私を虐めるように、ブラをしていないブラウスの上から、私の乳首を弄り始めました。 「こんなに硬くして…悪い子」「あうっ…!」 彼の指に乳首を強くつままれ、私は思わず悲鳴をあげてしまいました。

「声を我慢しろって言ったのに」「ごめんなさい…」 彼はもう片方の手を私の下腹部へ移すと、今度はクリを弄り始めました。 もちろん、彼のモノが私の中に入ったままです。

「……!」 乳首とクリを弄り回され、さらに後ろから突き上げられ、あまりの快感におかしくなってしまいそうでした。

「イッちゃダメだから」 彼はそう言いながらも、私への責めをゆるめるどころか、さらに執拗に責めてきます。 その快感で、私は無意識に彼のモノを締め上げてしまうので、さらに快感が増してしまうのでした。 「…もう我慢できません…」「イキたいの?」「はい…」 喘ぎ声は必死に抑えていましたが、身体はもう限界でした。 「じゃあ、お願いしなさい」「…イカせてください…」 彼にお願いする私声は、ほとんど涙声でした。

「しょうがない子だね」 彼はそう言うと、より深く激しく、私を犯し始めました。 「あ…あ…!」「静かにしなさい」 激しい快感に叫びそうになる私の口を、彼の手が塞ぎます。 口を塞がれながら後ろから犯されていると、無理矢理されているようで余計に興奮してしまい、グチュグチュといやらしい音がどんどん大きくなってきます。

背中から聞こえる息づかいで、彼も感じてくれているのがわかりました。 「俺もイキそう…」 そう言うと、彼は動きより激しくしてきます。 「イッていいよ」「ありがとうございます…!」 彼は私の奥を思い切り突き始めました。 その強い快感に、ずっと必死で我慢してきた感覚が一気に膨れ上がります。 「あ…もう…イキます!」「俺もっ…!」 私はそのままイッてしまいました。 身体がビクビクと痙攣した後、力が抜けてその場にへたりこんでしまいました。

「イイ子だったね」 彼は、笑いながら私の頭を撫でてくれました。
「戻ろうか」「はい」 彼に支えられるようにして部屋に戻り、一緒にお風呂へ。 彼が優しく身体を洗ってくれました。 その後は、気絶するように眠ってしまいましたね。 彼とは数年付き合いましたが、その間、ごくノーマルなエッチをしたことはありませんでしたね。

彼はSっ気の強い人でしたが、私の嫌がることはしたくないというのがわかっていたので、それでついて行けたのだと思います。 彼と別れた後、数人と付き合いましたが、不思議とSっ気のある人達ばかりでした。 でも、1番相性が良かったのは、やっぱり目覚めさせてくれた彼なんですよ。 別れてからもう何年も経ちますし、もう一度付き合いたいとは思いませんが、彼とのエッチを思い出してひとりでしてしまうことが、時々あるんですよね…。

実体験!童貞な僕と女教師のエッチな授業

これは僕が11歳の時の実体験です。
夏休みのある日、花壇の世話係を拝命していた僕は朝から登校して作業していました。

作業自体は気が進まないものでしたが、仲の良かった当時26歳であった担任の女教師が一緒に作業してくれた為に非常に楽しいものでした。
とりわけ美人というわけではありませんが、愛嬌のある顔でかわいらしい女性です。僕はふと先生の薄着の夏服に目が移り、「ブラが透けて見える」という思考に頭の中が埋め尽くされ、直後に身体に起こった異変に戸惑い軽くパニックになりました。当時の僕は学校でも性教育は深い内容に踏み込んで教えられていなかった為、性的知識は皆無であり勃起についても知らなかったのです。

パンツの中でカチカチになったチンコをなんとかしなければと思い、先生にトイレに行くといって校舎の中に入った僕はトイレに行く時間も惜しみ、夏休みの人気のない廊下で下着ごとズボンを脱いでチンコの状態確認する事にしました。初めて勃起したチンコは巨大化して石柱のように硬く聳え立っており、チンコの付け根には何かが詰まってる感じがしました。拙いニュースで聞き齧ったような知識しかもたない当時の僕は〈石〉と〈詰まる〉いうキーワードから「尿結石になった」という思考をしてしまいました。このままオシッコをしたら痛くなると思い、焦った僕はチンコの根元から亀頭にかけてしごいて詰まってるものを押しだす事を考えました。下半身全裸の僕はチンコが下を向く事で詰まった異物が少しでも出やすい状態にする為に犬のような四つん這いの体勢になり、右手でチンコを根元からゆっくりと絞りだすようしごくと、詰まってるものが徐々に出口に移動していくのが感じられるの同時に、快感が伴っていることに気づきました。僕は呑気にも、自分が廊下にいる事を忘れて「尿結石って痛くないじゃん。すごい気持ちいい」と考えながらチンコをしごく事に夢中になっていました。

この時、なかなか戻らない僕を先生が探しに来てしまい、四つん這いでチンコをしごく姿を目撃されてしまいました。先生は驚きで固まり絶句していましたが、悪い事をしている自覚がなく、羞恥心も薄かった僕は焦ることなく立ち上がって勃起したチンコを見せながら自分のしていた事の説明をしました。僕に悪気がない事を理解した先生は、ズボンとパンツを回収すると近くの女子トイレに僕を連れ込んでこんな事を聞いてきました。

「チンチンが大きくなった時なにを考えていたの?」この質問には答えづらかったのですが、嘘をつくことも苦手であった為に、正直に「先生の服が透けてるのをみてたら大きくなった」と答えました。

先生は「やっぱりね」と小さく呟と、僕に勃起や自慰について詳しく教えてくれました。正しい知識を得た僕は急に恥ずかしくなり、先生に謝るとズボンとパンツを返してくれるように言いました。ところが、先生は「まだ勃起したままね。特別授業してあげる。」といい、僕の後ろに回り込んで前に手を伸ばして僕のチンコを掴んでしごきはじめました。

年上の女性からあたえられる快楽に逆らえるわけはなく、僕はされるがままになってしまい、

「先生、気持ちいい!もう精子でちゃう」と叫ぶと、先生の手の中に初めての射精をしてしまいました。この出来事は二人にとって暑い夏が見せた夢のようなものとなり、それ以来先生も僕もこの一件に触れる事なく、元の仲のいい教師と生徒にもどりました。

出会い系で知り合った生でヤリまくった1夜限りのSEXをしたエッチな体験談

今回はオフパコを使ってみました。

田舎の
地方都市に出張したときのエロ体験談です田舎すぎてやることもなく当時流行っていたービチで出会いを探してみました
続きを読む

20歳の時に、マニアックなSEXを彼女としてしまったエッチな体験談

このエロ話は実際にあった事で今でも忘れられない僕のエロ体験談です僕は当時20歳その彼女も同じ歳で某百貨店の出納係をしていました続きを読む

元彼とのSEXの相性が良すぎて忘れられないエッチな体験談

私はもてるほうだったのと、エッチが好きなのとで、正直、今の旦那と出会い結婚するまでは沢山の人と経験をしました。 続きを読む

男友達に頼まれてヌードモデルを体験したエッチな体験談

これは当時23歳の私が絵画のヌードモデルをした時の話です。
モデル依頼をしてきたのは男友達Nで彼は高校のデザイン科を卒業しており絵を描くのがとても上手でした。続きを読む

夕方の海でギャルとエッチな遊びをした体験談

エッチな体験ができたら良いなあと感じている人は多いのではないでしょうか。続きを読む

会社の店長とエッチしてからセフレになった話

高校を卒業して初めて就職した会社でのことです。私は高校時代から付き合っていた彼氏がおり、それなりに上手くいっていました。続きを読む

友人からセフレへと変わった濃厚なエッチ

わたしには今セフレがいます。そのセフレはもともと友人関係にありました。友人関係といっても凄く親しいわけではありません。親友という間柄ではありませんでした。ただ同じグループで遊びに行くときに、一緒に行って楽しんでいたという友人です。特に異性として気にしたことはありませんでした。続きを読む
広告
広告