実際にあったエロい体験談

実際にあった体験談を広く集めたエロ体験談のまとめサイト! ナンパで中出し、彼女とのハメ撮り、処女喪失、近親相姦、出会い系、社内での不倫・浮気でのエロ体験、イケナイ関係とわかっていながらも人妻との濃厚なエロSEX(セックス)体験、ナースとのエロ体験、学生時代の乱交etc、エロい体験談満載です。是非、ご堪能下さい❤

ネットに投稿されたエッチ体験談のまとめサイト! ナンパ、ハメ撮り、姉・妹との近親相姦体験、不倫・浮気での エッチ、人妻とのSEX(セックス)、ナースとのエロ体験、乱交etc、エロい体験談満載です。是非、ご堪能下さい♥

エロ体験

出会い系サイトで出会った男性と、フェラエッチした体験談

私は、出会い系サイトのマリッシュをやっていました。
その中で、私は43歳の大手証券会社に勤める男性と、メールの交換をすることになりました。 
その人は、顔写真の写メを載せていなかったので、私は、最初、「いいねボタンを押そうかな」と迷ったのですが、プロフィールを見ると、誠実そうな感じがしたのと、趣味がインドア派、休日は、漫画を読んだり、ゲームをしたりしていると書いてあったので、「なんとなく、気が合いそう」と思って、「いいね」を押してみました。
すると、お相手からも、「いいね」が送られてきて、あっという間にマッチングが成立。
私は、他の人とも、マッチングしていたのですが、向こうから、「住んでいるところは、どこですか?」、「お仕事は、何されていますか?」、「休日はいつですか?」、「お休みの日は、何されていますか?」など、いろいろな質問のメッセージが届いたので、それに答える形で、メッセージのやり取りを始めました。
メールのやり取りを始めると、その男性は私に、「君はどんな男性がタイプ?あなたの望みは、僕となら、叶えられますよ」というメールがきました。
そこで、私は、「あなたの顔写真、見てみたい」と、メールを送ると、顔写真の写メが送られてきました。
その写真を見る限りでは、すごく大人しそうで、誠実そうな雰囲気の男性でした。
翌日、その男性は、「明日、急遽、仕事が休みになったので、会いませんか?」とメールしてきました。 
私は、まだ LINE の交換をして、3日目なので、「会うのはちょっと」と思ったのですが、その男性は、「お茶して、ゲームセンターに行くだけですよ」とメールしてきたので、「それならいいですよ」と返事をしました。
翌日、私の住んでいる家の近くのファミレスで、待ち合わせをしました。
すぐに、彼は、私の前に現れました。
その時のその男性に対する私の印象は、「写真とはずいぶん違って、なんかクールな感じの人だな」ということでした。
私は、 彼が好みのタイプと違ったので、「お茶を飲んだら、すぐに帰ろう」と、思っていました。
しかし、彼は、いきなり私に、「マリッシュは、どれぐらいやってるの? 過去にどんな男と会った?その男とエッチした?」とエッチな質問ばかりしてきたのです。
「これはやばい。この人は、やり目の人だ」そう気づいた私は、「どういう理由をつけて、 その場を立ち去ろうか」そればかり考えていました。
しかし、彼は、「俺は、体の相性を確認したい」と言い出しました。
そして、「私がドギマギしている様子を見ていると、面白い」と、ニヤニヤし始めたのです。
その男性は、巧みな話術で、次から次へと、私にいろんな質問を繰り出し、私をなかなか、帰してくれませんでした。 
「この人は、怒らせてはいけない」 そう感じた私は、「今日は、そのつもりがないから、また今度にしようよ」と、言ったのですが、「俺は、仕事が忙しい。休みがないんだ。なので、また今度はない。どうしても、今日エッチしたい」と言い出したのです。
そして、延々、1時間、ファミレスで、粘られました。
私は、とうとう、根負けして、彼とラブホテルに行くことにしました。 
「わかった。でも、エッチしようと誘ったのは、あなただから、ラブホ代があなたが出してね」と私が言うと、「いいよ」とその男性は言いました。
そして、ラブホテルの中に入っていくと、彼は、すぐに裸になりました。
「俺はこんな感じ」 と言われたので、私は「私は、実は、挿入は、ちょっと苦手なので、フェラするね。と言って、20分ぐらいフェラをしてあげました。
すると、彼は「良い。気持ちいいぞ」と声を出し、「今日、ラブホに来てよかっただろうが、奴隷め」と、私に呼びかけました。
私は、内心で、「仕方ないな。この人はとにかくやりたいのだから、30分でも、相手にしてあげたら、納得するはず」そう思って、フェラと全身の愛撫をひたすら、やりました。
すると、「気持ちいいぞ。いいぞと」声を出しながら、その男性は、私の髪を撫でたり、し始めました。
そして、その男性は、のってきたのか、私に、「君は、どう見ても、Mだね。ドMちゃんだ。こういうセフレの女を2、3人作って、ローテーションしたい。君も、他に男を作っていいんだよ。結婚もしていいんだよ。ただし、僕に、一番ご奉仕しなさい」と言いました。
私は、「とにかく、この時間は、この人の言う通りにするしかない」そう思って、「分かりました。ご主人様、ご奉仕いたします」と、言いました。
すると、「いいぞ。とてもいいぞ」と、その男性は、満足した様子でした。 
そんなエッチをして、1時間経った頃、すっかり、彼は、満足して、帰ってきました。

実体験!童貞な僕と女教師のエッチな授業

これは僕が11歳の時の実体験です。
夏休みのある日、花壇の世話係を拝命していた僕は朝から登校して作業していました。

作業自体は気が進まないものでしたが、仲の良かった当時26歳であった担任の女教師が一緒に作業してくれた為に非常に楽しいものでした。
とりわけ美人というわけではありませんが、愛嬌のある顔でかわいらしい女性です。僕はふと先生の薄着の夏服に目が移り、「ブラが透けて見える」という思考に頭の中が埋め尽くされ、直後に身体に起こった異変に戸惑い軽くパニックになりました。当時の僕は学校でも性教育は深い内容に踏み込んで教えられていなかった為、性的知識は皆無であり勃起についても知らなかったのです。

パンツの中でカチカチになったチンコをなんとかしなければと思い、先生にトイレに行くといって校舎の中に入った僕はトイレに行く時間も惜しみ、夏休みの人気のない廊下で下着ごとズボンを脱いでチンコの状態確認する事にしました。初めて勃起したチンコは巨大化して石柱のように硬く聳え立っており、チンコの付け根には何かが詰まってる感じがしました。拙いニュースで聞き齧ったような知識しかもたない当時の僕は〈石〉と〈詰まる〉いうキーワードから「尿結石になった」という思考をしてしまいました。このままオシッコをしたら痛くなると思い、焦った僕はチンコの根元から亀頭にかけてしごいて詰まってるものを押しだす事を考えました。下半身全裸の僕はチンコが下を向く事で詰まった異物が少しでも出やすい状態にする為に犬のような四つん這いの体勢になり、右手でチンコを根元からゆっくりと絞りだすようしごくと、詰まってるものが徐々に出口に移動していくのが感じられるの同時に、快感が伴っていることに気づきました。僕は呑気にも、自分が廊下にいる事を忘れて「尿結石って痛くないじゃん。すごい気持ちいい」と考えながらチンコをしごく事に夢中になっていました。

この時、なかなか戻らない僕を先生が探しに来てしまい、四つん這いでチンコをしごく姿を目撃されてしまいました。先生は驚きで固まり絶句していましたが、悪い事をしている自覚がなく、羞恥心も薄かった僕は焦ることなく立ち上がって勃起したチンコを見せながら自分のしていた事の説明をしました。僕に悪気がない事を理解した先生は、ズボンとパンツを回収すると近くの女子トイレに僕を連れ込んでこんな事を聞いてきました。

「チンチンが大きくなった時なにを考えていたの?」この質問には答えづらかったのですが、嘘をつくことも苦手であった為に、正直に「先生の服が透けてるのをみてたら大きくなった」と答えました。

先生は「やっぱりね」と小さく呟と、僕に勃起や自慰について詳しく教えてくれました。正しい知識を得た僕は急に恥ずかしくなり、先生に謝るとズボンとパンツを返してくれるように言いました。ところが、先生は「まだ勃起したままね。特別授業してあげる。」といい、僕の後ろに回り込んで前に手を伸ばして僕のチンコを掴んでしごきはじめました。

年上の女性からあたえられる快楽に逆らえるわけはなく、僕はされるがままになってしまい、

「先生、気持ちいい!もう精子でちゃう」と叫ぶと、先生の手の中に初めての射精をしてしまいました。この出来事は二人にとって暑い夏が見せた夢のようなものとなり、それ以来先生も僕もこの一件に触れる事なく、元の仲のいい教師と生徒にもどりました。

実の姉がJKだった頃にもろ濃厚なエッチをした話

私立高校に通う2つ年上の姉が、風邪をひいて2日程学校を休んで、寝ていた時のことでした。続きを読む

上戸彩似の先輩の彼女と夢のようなセクロス

持ち帰りじゃないんだけど、サークルで打ち上げがあり2次会、 
3次会と盛り上がり、俺は終電に乗れなくなっていた時間だったので、 
先輩の部屋に泊りにいくことになった。  続きを読む
広告
広告