実際にあったエロい体験談

実際にあった体験談を広く集めたエロ体験談のまとめサイト! ナンパで中出し、彼女とのハメ撮り、処女喪失、近親相姦、出会い系、社内での不倫・浮気でのエロ体験、イケナイ関係とわかっていながらも人妻との濃厚なエロSEX(セックス)体験、ナースとのエロ体験、学生時代の乱交etc、エロい体験談満載です。是非、ご堪能下さい❤

ネットに投稿されたエッチ体験談のまとめサイト! ナンパ、ハメ撮り、姉・妹との近親相姦体験、不倫・浮気での エッチ、人妻とのSEX(セックス)、ナースとのエロ体験、乱交etc、エロい体験談満載です。是非、ご堪能下さい♥

チンコ

職場の人妻はクリトリスが性感帯だったエロ体験談

28歳の男です。ある福祉関係のNPO法人の専従スタッフをしています。
先日、あるミスから、衝撃的な出来事に遭遇することになりました。そのことについて書きたいと思います。
法人には、僕たちのような専従スタッフに加えて、多くのボランティアの人々が参画してくださっています。
そのうちの1人、松尾さんという40過ぎの主婦の方が、何かと僕に話しかけてくるようになりました。その内容は、法人の業務に関することだったり、プライベートな事だったり。特に、中学生になった息子さんの勉強のこととか、学校での生活のこととか、それまでは、僕とはほとんど話をしたことがなかった方なんですが、さまざまな相談をもちかけてこられるようになったのです。僕はその都度、誠実に対応するようにしていました。
そのうち、深夜に電話をもらうようにもなりました。11時ごろです。僕は内心、”どうしたんだろう”と思いました。松尾さんはふだんから控えめでおとなしそうな方だったので、そうした積極的な振る舞いが腑に落ちませんでした。


ある時、僕はスマホのLINEの画面を見ていて、衝撃的な事実に気が付きました。松尾さんに向けて、あるスタンプを「誤送信」していたのです。そのスタンプとは、男の性器をイメージした卑猥なデザインのものでした。
僕はLINEのスタンプに凝っていて、さまざまなスタンプを購入して、友人とか、付き合っている彼女とのやり取りに使っていました。そして、そのエロスタンプも友人に教えてもらって、彼女や心を許せる友人にだけ面白半分に送っていました。

日々を振り返ると、その誤送信があったころから、松尾さんが僕に接触するようになっていったのでした。
僕は、今さら、誤送信について弁解するのも何だし、かと言ってそのまま放置しておくと、自分は変態男と思われてしまうかもしれない、などとあれこれ考えていましたが、その日の夜も松尾さんから電話がありました。いつになく、甘ったるい声でした。
聴けば、松尾さんのご主人は電力会社の技師をしていて、数年来、単身赴任生活をしているとのこと。松尾さんが妻として「寂しい」生活を送っていた可能性が浮上してきました。
おそらく、松尾さんは、僕が松尾さんを口説こうとして、あのようないやらしいスタンプを送って来たと早合点したのかもしれませんでした。
「きょうは事務所にいらっしゃらなかったですね」。松尾さんの甘えたような声を聴いて僕は、”それならそれで利用してしまえ”と思いました。
「そうなんです。きょうは会社回りだったんで。松尾さん、きょう、事務所に来てくださったんですね。会いたかった」
一瞬の間の後、「ほんとう?」と松尾さん。
「本当です。すごく会いたかった」。寝酒のチューハイが後押しして、僕はさらに大胆になっていました。
「言ってはいけないことだと思うけど、素直に言わせて……うれしい」と松尾さん。少し声が震えていました。
僕の股間は急加速的に勃起し、トランクスを突き破らんばかりになりました。「今ね、息子が、すごく成長していて……パンパンになってて……松尾さんになだめてもらいたい」「あぁぁん……私でいいの?」「もちろん」
もうお互いに止まりません。
「僕、ふだんは真面目そうかもしれないですが、超変態なんですよ……」
「ええ? どんなに超変態なの?」
松尾さんの声はキラキラしていて、かなり嬉しそうです。
「それはね、松尾さんを見ていても、『どんな裸してるんだろう』とか『ああ、あそこ見たい。クンニしたい』なんてことを内心考えていたり……」「えええー!」
松尾さんは嬉しそうです。
「そういう松尾さんは、どうなんですか。真面目そうだけど、実際は、変態じゃないんですか」
「そんな……」
「恥ずかしがらないで、裸になってください。見たい、聴きたい、裸の松尾さん」
「ええー!」
しかし、僕の押しに負けた松尾さんは、どんどん本性をあらわにしていきました。
「私ね……オナニー、大好きなの……するときは、毎日でもするの……」「乳首が感じるから……乳首いじりながら、あそこもいじると……気が狂いそうになって……あぁぁぁ」
松尾さんはどんどん変態になっていきました。
そして、僕の求めに応じて、アソコをいじってクチュクチュ音を電話越しに訊かせてもくれました。

数日前まで、全く意識したことがなかった女性と、その日、ホテルにいました。
部屋に入るなり、お互いに裸になり、僕はお姫様抱っこで松尾さんを浴室に連れていきました。
そこでひとしきりディープキスをした後、松尾さんの敏感な体を泡まみれにして洗いまくりました。
すごい感度で、ピクピク、感じまくっていました。
クリトリスの部分に泡をたっぷりつけてヌルヌルにして洗ってあげると、「もうだめー」と言いながら、床面に倒れ込んで、のたうち回っています。
それでも僕は許さないで、あそこの泡を洗い流した後、大クンニ大会となりました。
クリトリスを集中的に舐めまくってあげると、息を切らしながら感じまくる松尾さん。そのうち、松尾さんも僕のチンポを求めてきて、奪うように勃起したチンポをつかむと、飢えた犬のように夢中でペロペロとフェラチオをしてくれました。

その後、ベッドの上で裸で抱き合い、僕は、全く硬度を失うことのないチンポを松尾さんの飢えたマンコの中に入れたまま、言いました。
「あのラインのスタンプ、実は、誤送信だったんですよ」「ええっ!?」。僕のチンポが松尾さんの中でピクピク動きました。
「誤送信って……」「よく分からないんですけど、知らないうちに送ったみたいで。あのエロいスタンプ」「そうなんだ……」
僕はゆっくりとチンポを出し入れしながら事情を説明し、松尾さんは僕のチンポを締めつけながら聴いていました。
松尾さんいわく、僕が誘惑していると思ったそうです。僕のことは、会った時から、”いいな”と思っていたそうですが、あんなスタンプを送られてきて、すっかりその気になってしまったと。
そして、僕のことを思い浮かべながら、何度かオナニーしてしまったと。
僕はその話を聴いて、よけいに興奮してしまい、松尾さんをズコズコ突いてしまいました。

「結果的に、こんなことになったので、うれしいです。よかったです」。僕が最高に深く入っていきながらそう言うと、松尾さんがギュッとしがみついてきました。
「私、はずかしい……」。松尾さんが顔を赤らめてそう言います。
「僕だって恥ずかしいですよ。あんな卑猥なスタンプ、いきなり送り付けたんですから……でも、お互い、恥ずかしい者同士、もっと恥ずかしいことしましょう」
僕は、松尾さんの脚をカエルのような格好で開かせ、結合部分をまじまじと凝視しながら、突き込みました。松尾さんは、アンアンよがります。
「見て見て、入ってるよ、僕のチンポが、松尾さんの……千佳子さんの、熟れて、やらしくて、貪欲で、ドスケベなマンコに、たくさん入ってるよ、ほら……ほら……ほら……ほらっ!」「あぁぁぁぁぁ!」
松尾さんは積もりに積もった欲求不満を爆発させて、激しく求め、声をあげ、キスをねだってきました。チンポでマンコの中を掻き回しながらのディープキス。付き合っている彼女のときには感じられない興奮を覚えました。松尾さんも僕でなければ「逝けない」とまで言っています。
ひょんなことから始まった松尾さんとの関係は、今も続いています。

同級生のエロい女がマッサージを開店したので、通いつめて中出ししたエッチな体験談

僕は当時、社会人も板についた25歳でした。その時のエロい話をしたいと思います。

僕は社会人になってからは正直苦労の連続でした。上司には怒られるし労働時間は長いし。休みの日でも心が休まらない月日が続いていたのです。しかしこのままではいけないと、僕は若くして21歳くらいからマッサージに通っていたのです。

時には骨盤歪んでますねなんて言われて、本気で整体院でバキっとやってもらったこともありますが、だんだん腰の痛みとか何でもなくても週に一回はマッサージで癒されていたのです。

そんな僕なので、マッサージのお店というとどうしても反応してしまい、少しでも評判がいいと聞いたら行きたくなる性分でした。

そんな中であるとき、高校生の時の同級生がマッサージ店を開いたと聞いたのです。それは一度行かないといけないと思い、場所を調べて予約して行きました。



その店を開いた同級生というのはナオコという、子供っぽい顔なのですがどこか大人っぽい部分もあって。細い体していながら根性はあるような、ドエムの男にはたまらない女性なのです。

しかし僕はどちらかというとSなので、学生時代もまあまあの友達って感じの関係でした。

そんなナオコの店に行くと、それは最初は懐かしい話になりますよね。「元気だった?」「今何してるの?」「○○君って元気かな?」なんて話、あるあるですね。

そんな話もしながらナオコのマッサージを受けていると、結構気持ち良くて寝てしまいそうでした。終わってからは体の調子も良いし、ちょっとしばらく通おうかなと思うくらいになりまして。

それからはナオコの店ばかり行って、世間話をしながら体をほぐすことが日課に。学生時代以上に仲良くなってきたころ、状況が一変したのです。



その日は僕は仕事が終わって、またマッサージに行こうと思っていました。しかし時間を見たら結構イイ時間に。ナオコの店も閉店になるなと思いながら、わざとらしくナオコに「お店は何時までだっけ?」と聞くと即返信が。

「今から来てくれるなら希望通りの時間マッサージしてあげるよ」
よ!商売人!なんて思いながら、「じゃあよろしく」と返してナオコの店に。

「ごめんね、ありがとね」なんて言いながら施術をしてもらっていました。「今日はもう閉店したから、逆にゆっくりしていって」なんて言われて上機嫌になったりしまして。



いつものように世間話しながら一時間くらいたったでしょうか、僕は一時間プランでお願いしたのでもう終わるかなと思っていましたが、ナオコはそんな素振りもありません。僕もまあいいかと思いながら任せていましたが、少々の違和感を感じていました。

ナオコのマッサージをする場所がだんだんと際どい場所に来るのです。足を指圧していたと思ったら、太ももへ。そして鼠蹊部まで来たのです。いままで鼠蹊部はしてもらったことが無くて、場所が場所だけに少し意識してきてしまったのです。

僕のムスコはちょっと膨らんでいました。正直やばいなと思っていましたが、そこにナオコから一言。
「最近、彼女とはどう?」

お互い彼氏彼女の話はざっくりしていましたが、この流れはなんか違うと思い、
「全然、ここんとこドライでさ」
と、軽く話を変えて答えてみました。実際は定期的にしてますけどね。

その言葉を聞いたナオコは僕の膨らみかけているムスコを撫でまわし、
「もしならヌイてあげようか?お世話になってるからサービスするよ」

そう言うと、僕の返事も待たずにパンツを下し、完全に興奮マックスのムスコを露にしてきました。
「え、ナオコしてくれるの?」
「いいよ、気持ち良くしてあげるから」

ナオコは僕のムスコにオイルを塗って、タマと竿を両手でヌリヌリしてくれたのです。
「あぁ、ナオコこれいいね」
「皆には言っちゃだめだよ」

言うわけがない。いままでナオコのことをそこまで性的な目で見ていなかった自分が馬鹿だと思いました。

ナオコの指のテクは最高に気持ちよく、今までにない感触を味わっているのは確かです。
「結構大きいんだね、彼女に入るの?」
「ナオコ、試してみる?」

実はもうイキそうになっていましたが、ここまで来たらナオコに挿入したくて、つい言ってしまいました。するとナオコはまんざらでもなく
「上に乗って良い?」
と。自分でパンティを脱いで、騎乗位になったのです。

「あああん、大きい…」
そのナオコの反応で僕のムスコがさらに大きくなってしまい、その衝動で我慢汁がかなりナオコの中に流れたでしょう。

下から突く僕は今にもイキそうでした。
「ナオコ…イキそうだ…」
「ええー…もうちょっと待ってよぉ…私いまが気持ちいから…」

そんなこと言われてもイキそうなところを我慢するのは難しく、僕はナオコに宣言しました。
「ナオコ、もうイッちゃうから出すね…」
「あんん…だめぇ…もうちょっとだけぇ…」

そんな状況でもナオコは抜こうとせずに、僕はナオコの中に全部出しました。



それからというもの、僕はナオコの店に行くときは閉店間際を狙っていっています。

高校生の時、通学中に痴漢されたHな体験談

私が高校生だった時の痴漢体験を書きたいと思います。

私は背が高い方です。

168センチで、髪はショートボブ、真面目に見られる方だと思います。

制服はセーラー服です。
続きを読む

自分を馬鹿にしていたバイト先の女子高生をレイプした

大学生の時に、就職難でなかなか大変だった時期がある。

その頃は就職が本当に決まらなくて、おまけに母親が蒸発したりして家もバタバタしていて本当に大変だった。
続きを読む

逆ナンした大学生はケモノ・・このまま一生セックスしていたいと思ったwww

仕事帰りにカフェによった。隣の席で、大学生くらいのかわいい男の子がスマートフォンをいじっている。あまりに真剣に画面を見つめているので、なにを見ているのか気になった。

で、のぞいてみた。エッチな画像だった。かわいい顔して、こんなところで裸のオンナを見ているなんて大胆だ。ついつい、股間を確認してしまった。ジーンズをはいているが、膨れていて、オチンチンが勃っているのが分かる。続きを読む

クリトリスを愛撫された時はすごい快感で震えちゃいました・・

大学3年目の春休み。一期先輩のS君とデート。

S君は女の子にモテモテのイケ面。高校の同窓生で一浪してるから、年は私より3つ上です。

映画を見た後、喫茶店に入ったの。

「ミナコ、恋人、いないのか?」

突然、聞かれて、「今、いないわよ」

「ふーん、前は、いたんだろう?」

「いいえ、なかなか、そんないい出会いって、今までないのよねぇ」

事実通リの事を言いました。続きを読む

付き合って2ヶ月のラブラブの彼との初セックス体験

私には付き合って2ヶ月のラブラブの彼(以下、昇太)がいます。

1ヶ月目の時から昇太はエッチしよ。と言って来ましたが、まだ処女の私は怖いという気持ちが強く断り続けていました。(昇太は経験者です)

昨日学校でデートしました。

始めは最近好きな曲とか友達の話をしてましたが、昇太が我慢できなくなったのか急に「キスしよ」 とキスを求めてきました。

もちろんキスは受け入れます。そしてディープに……。続きを読む

元カノからの電話

正月でテレビ見ながら酒飲んでたら、突然知らない番号から電話きたんだ。
出たら音信不通だった元カノ。

用件が、今付き合ってる彼氏が3Pに興味があるから付き合ってほしいってことだった。

流れでOKしちゃったよ・・・
彼女いるんだけど、でも実際興味はあるしな・・・

どうしたものか。
続きを読む

まだネット規制が緩かった時にネットで知り合った高校中退の17歳の娘と

10年以上も前、社会人になって2~3年した頃の体験談です。

当時はネットの規制も少なく、結構出会える機会があり、俺は2ショットチャットや掲示版を活用して女を探していた時期があった。

ある時、2ショットチャットで知り合った娘と会う事になった。

続きを読む

痴漢と駅のトイレで

夜、電車に乗っていたら、痴漢されちゃいました。
帰りのラッシュで、わりと混んでいる状態でした。
私はドアの横のスペースに立って、携帯を見るのに夢中になっていました。続きを読む
広告
広告
忍者RSS