実際にあったエロい体験談

実際にあった体験談を広く集めたエロ体験談のまとめサイト! ナンパで中出し、彼女とのハメ撮り、処女喪失、近親相姦、出会い系、社内での不倫・浮気でのエロ体験、イケナイ関係とわかっていながらも人妻との濃厚なエロSEX(セックス)体験、ナースとのエロ体験、学生時代の乱交etc、エロい体験談満載です。是非、ご堪能下さい❤

ネットに投稿されたエッチ体験談のまとめサイト! ナンパ、ハメ撮り、姉・妹との近親相姦体験、不倫・浮気での エッチ、人妻とのSEX(セックス)、ナースとのエロ体験、乱交etc、エロい体験談満載です。是非、ご堪能下さい♥

喘ぎ声

無防備に寝ている女友達に理性のタガが外れて挿入

家に遊びに来た女友達が酔いつぶれて寝てしまい、僕の理性のタガが外れていたずらしてしまい、最後は挿入してしまったエロ話です。

僕と佳代は最初は友達の友達だったのですが、グループでバーベキューをしたりキャンプをしているうちにグループの一員として仲良くなり、28歳の僕と26歳の佳代は年齢的には男女を意識してもいい組み合わせなのに、なんとなく他の同性の友達と同列に扱う関係が続いてしまい今に至っています。
二人きりでの買い物に行ったり、お酒を飲みに行ったりすると普通はデートですが佳代と僕の場合は男女の友情ということで、お互いリラックスしていました。
もちろん僕は男なので、こうやって二人で遊ぶ機会を続けていればいつかワンチャンあると心の中では狙っていました。

そしてその日も佳代がセールで買い物に行くからといって荷物持ちのようにして僕が付き合わされ、夜になってお互いくたくたになったので一旦僕の家で休憩しながらお酒を飲んでいました。
佳代は「あ~つかれた。たくさん歩き回った後のお酒は酔いが回るの早いわ~。」とすぐに顔を赤くしてとろんとし始めました。そして「ちょっと寝かせて。」と僕のベッドにころんと横になってしまいました。佳代が僕のベッドで1時間くらい仮眠することは今までもあったので僕はそこまで気にせずお酒を飲み続けていました。

佳代は最初僕に背中を向けて、膝を丸めて腕を胸の前にして小さくなって寝始めました。佳代の服装はふわっとしたチュニックのようなトップスに柔らかい素材のひざ丈のスカートなので、めくれ上がるのを多少は警戒しているようでした。
その後10分くらい佳代はウトウトした後、「超眠い。本気で寝るけど絶対に襲わないでね!う~ん。」と寝言のように僕にくぎを刺してから本格的にすやすやと眠り始めました。そして途中寝返りを繰り返しだんだんとスカートがぐちゃぐちゃになり身体も伸びて無防備になっていきました。

佳代が寝始めてから30分くらい経つ頃には僕は「今なら佳代の身体に触れる!」という衝動を抑えきれなくなっていきました。佳代は大の字というほどではないけれど胴体を上に向けて左右に腕をだらんとさせ、足を内股気味に片足だけちょっと曲げて、顔だけ向こう側に横に向けて寝ています。Dカップくらいのこんもりした胸の盛り上がりが寝息に合わせて上下しています。

僕の理性のタガはそこで外れました。まず触ってしまってもし佳代が起きて騒いだら、偶然触っちゃったか、酔ったふりをして「冗談で~す!」とごまかせばいいじゃないかと自分に言い聞かせました。

チュニックの上から静かに胸の上に手をかざすと、呼吸に合わせて胸の頂点が僕の手の平に触れたり離れたりしましたが、佳代は起きるそぶりもありません。僕はさらに手を近づけていきはっきりと服の上から佳代の胸にタッチしました。呼吸に合わせてむにっとおっぱいが僕の手のひらに押し付けられそして弾力で戻っていきます。それだけでも佳代のおっぱいはDカップ以上で脱いだら意外に大きいかもしれないと思いはじめ僕はさらに見たくなりました。
お腹のほうのチュニックの裾をつまんでそっと持ち上げると軽い素材なので簡単に持ち上がりました。そのまま静かに静かにめくっていくとショッキングピンクのような色のブラジャーに窮屈そうに包まれた佳代のむちっとしたおっぱいが丸見えになりました。佳代の表情を伺いますが枕に顔をうずめるようにしているのでわかりません。ただ、起きてはいないようです。
小さいカップに押し込まれているような形でギリギリ乳首が隠れるくらいのデザインのブラだったので僕は大胆にも右側のブラのカップをちょっとずらしてみるとこぼれるように大きめの乳首がボヨンと出てきました。
左側も同じように乳首を出し、僕はつまんだりゆるめたり佳代の乳首を弄びました。だんだんと乳首が硬くなってくるのを感じました。佳代は眠りながらも身体の快感を感じ始めたようでした。
ぶっちゃけもう佳代が起きてもそのまま強引に触り続けてもいいと思っていましたが、佳代は「う~ん。」と感じている声のような寝言のようなちょっとエロい声を上げただけでそのままされるがままになっています。

上半身の服をめくって乳首を出させたまま、次に僕は佳代の下半身にいたずらをはじめました。少しずつスカートを捲っていくとまずつるつるの裏地だけが佳代の股間を守っている形になりました。佳代が眠ったままなのを確認すると、ぼくはそれもめくりブラと同じショッキングピンクのパンツを確認しました。脚が閉じた状態になっているので、曲げたほうの脚を持って少しずつずらしていきました。抵抗するような動きも全くなくそのまま自然に佳代は大の字に脚を開いてパンツをおっぴろげで寝そべっている状態になりました。

僕はパンツの上から佳代のクリの位置を推測して触っていきました。クリを見事探り当てるとピクピクっと佳代が反応しました。「ああん、あん。」と聞こえるぎりぎりの小さい声で感じていました。佳代がついに起きたかと思いましたが顔を上げません。佳代は夢の中で感じているんだと僕は確信しました。

「エッチな夢の続きを味わわせてやるだけだよ。」と僕は心の中でつぶやきゴシゴシと強めに佳代の股間を擦っていくと指先に感じる湿り気が増してきて、佳代のパンツの裏側とおまんこの間の滑りが良くなっているのが感じられました。確実に濡れ始めています。ぴくぴくする身体の反応ははっきりしていて、「あんあん。」という声が続きます。

恐る恐るパンツの股間部分を引っ張ると、じゅくじゅくに濡れた毛むくじゃらの佳代のおまんこが見えました。そのまま引っ張り挿入できるくらいの隙間を確保しました。

僕は急いでクローゼットに隠し持っていたコンドームを装着して、滑りをよくするために佳代のおまんこから愛液を指で掬い取るとコンドームの外側にぬりぬりしました。それくらい寝ているはずの佳代はしっかり濡れていたのです。

もうほとんど佳代が寝ていてもいきなり起きても関係ないつもりで僕は佳代の股の間に入り込み、両太ももを持ってぬるりと挿入しました。かすかにぺちぺちと音が出るくらいの強さでピストン運動を続けると、「あん、あん。」と枕に顔をうずめた佳代が小さな声を出します。感じているのはおまんこがもっと濡れてきて滑りが良くなり、内部空間が広がってスムーズにピストンでペニスが滑るようになったことからもわかります。
そして僕は佳代の体内の一番奥のほうを突きながら、射精しました。

ぬるりとペニスを抜いて、佳代のおまんこを軽くティッシュで拭いてから下着とスカート、チュニックをなんとなく元通りに直して僕は佳代から離れました。
佳代の呼吸は早くなっていましたが、起きてきません。僕はほっとするとそのまま何事もなかったようにテレビをつけてずっとそうしていたかのようにお酒を飲みつづけました。

挿入してから20分くらい経って、佳代が「う~~ん」と声を出して寝返りを打ちそれから黙って起き上がってトイレに行きました。
トイレで服を整えている気配の後、佳代は出てきて「寝すぎちゃった。じゃああたしこれで帰るね。」と宣言してさっさと帰ってしまいました。寝ている間に僕がしたことには気づいていないか、あえて言及しなかったようでした。

今思えば佳代が男の家で無防備な姿をさらす時点で僕に襲われるのは織り込み済みだったと思うし、いたずらしている最中に目が覚めないはずはないので、途中から起きていて、それでも気持ちいいから佳代はされるがままになっていたのだと確信しています。

ただ一応僕と佳代の間ではあの夜は何もなかったことになっているので、その後も男女の友情は続いていて普通に他の友達を混ぜて遊びに行ったり二人で買い物に行ったりしています。

とはいっても一度挿入してフィニッシュまでした相手と、何事もなかったように接するのはなかなか辛抱が必要なので次にチャンスがあったら普通に佳代が起きている時に堂々とエッチをしようと僕は密かに決心しています。

台風の夜、終電を逃した入社予定の22歳のJDと会社の休憩室でエッチをしてしまったエッチな体験談

それは夏も終わりかけて秋になろうとしているころでした。
涼しくなってきたなと思ってらまた蒸し暑くなった日の事です。それは台風が近づいているためのフェーン現象による気候でした。

その日は朝から風もやや強い状態で、夜にはかなり強風になるだろうと予想されています。そんな夜に限って、会社の研修生の相手をしなくてはいけなくて帰りが遅くなる始末。ついてないというのはこう言うことですね。



10月から変則の時期で入社予定の22歳の女子大生のアキコ。活発でロングヘアーが似合い可愛い顔をしているのだが、活発さの勢い余って失敗に繋がるようなことをしてしまうのが玉に瑕です。

「リーダー!すいません!」

ちなみにリーダーとは僕のことで、新人を育てるのは僕の役目でした。元々研修生には大した仕事など与えていませんので、多少ミスしたことで痛手でもありません。とりあえずその日は台風が心配なので切り上げようと提案しました。



会社を出るとすでに暗くなり風もかなり強くなっています。外に出た瞬間にアキコはスカートがめくれてピンクのパンティーがもろに見えてしまうことに。

なんで風が強くなると初めから言っているのに、こんなめくれやすいスカートはいてくるかな…と思うところですが、まあ良いもの見せてもらったしと僕は御満悦です。

しかし、実際にこの風の強さはシャレにならず、普段通り歩いて最寄り駅まで行くことも困難なアキコを見て、僕はとりあえず会社で待機して一緒にタクシー帰ろうと提案します。

しかしこんな時は考えることがみんな一緒ですね。タクシーは混んでいて2時間くらいかかるとのことでした。

そこで僕らは会社の休憩室に入り待機することに。この休憩室は狭いのですが給湯室や冷蔵庫もあって軽い料理も作れます。そこで空腹の僕らは簡単なラーメンを作っておしゃべりをすることに。

「しかしすごい天気ですよね」
「アキコちゃん、ピンクのパンティー見せるくらいだったもんね」

僕はからかうつもりで言うとアキコは戸惑いながらも、事情を飲みこんだ様子です。

「え、リーダー私の下着見たんですか!?エロいですー!」

そんなヒラヒラするスカートはいているほうが悪いと言いながら、でも可愛くて良かったと褒めると、アキコは顔を真っ赤にしてうつむいてしまいました。

そんなアキコが可愛くて、僕はさらにからかいます。もう一回見せてと冗談の様に言うと、アキコは僕の膝を叩いて恥ずかしがっていました。

「何言ってるんですかー!セクハラです!そうやって女性社員にいやらしいことしてるんですか!?」

アキコは口を膨らませて、子供が怒るような口調で言います。もちろん普段からセクハラはしませんが、アキコのノリは多少イタズラしても問題ないと感じました。

「うわー、風だー!」

僕はふざけてアキコのスカートをめくりあげて、今一度バッチリとピンクのパンティーを拝見することに。

「きゃー!リーダー止めてください!ばかー!」

ノリが子供じみてて楽しくなった僕は、さらにイタズラを仕掛けていきます。再び風が!という言葉と共にスカートをめくりあげてから太ももをまさぐり、同時に胸も軽く揉みました。

「ちょ、ちょっと、リーダー!完全に今のはダメですよ!」

アキコの顔はますます赤くなり、僕の顔をじっと怒った顔で見つめていました。そこで僕はアキコを優しく抱きしめて、耳元で囁きます。

「アキコちゃん可愛いよねー」

その時、僕はアキコに耳を舐めながら息を吹きかけました。

「あはん…!な、なに…?」

アキコは急に縮こまってしまい、必死で耳を抑えます。そうなれば僕は唇を奪って胸を揉みながら腰をアキコの腰にくっつけました。

「あんん…リ、リーダー…ダメですよ…」

アキコは僕を離そうとしますが、そこまで力を入れていないのか全く僕も離れることはありません。

「アキコちゃん、本当は触ってほしいんじゃないの?」
「そ、そんなことあるわけないじゃないですか…!」

そう言っていても、アキコの手は本気で僕を突き放そうとしていないのは分かります。そこでまたスカートをめくり、ピンクのパンティーの中に手を入れます。そこにはヌルヌルの膣が待っていました。

「あああん…リ、リーダァ…あん…」

完全に興奮していたことを読み取った僕は、アキコのクリトリスを指で捉えて優しく愛撫します。

「あふん…あぁ…イヤ、イヤァン…!」

腰を引いて耐えているアキコ。しかし僕はクリトリスから指を離さずに、さらに膣の中に指を入れてかき回します。

「あん!あん…リーダー…気持ちいいです…ああん…!」

感じているアキコの姿に僕はムスコをガチガチにしてしまい、アキコをテーブルの上に乗せて足を思いっきり開きました。

「いやぁぁん!恥ずかしい…!」

パンティーを脱がしてクリトリスをクンニすると、テーブルがきしむほどによがってしまいます。

「あぁぁん…ダメェ…ああ…そこ、きたないです…!」

それでも僕は舐め続けてアソコに指を入れると、アキコは自分の口を手で抑えて吐息を荒くしていました。

「はぁぁ…あああん…ダメ、ダメですってば…ああぁ!」

アキコの腰がひくひくとし始めて、その姿に僕も我慢汁が出てしまいます。すぐに僕もパンツを脱いで、アキコのアソコにムスコを挿入しました。

アキコの両手を掴んでピストンを続けます。テーブルがキシキシと言う中、アキコの喘ぎ声もかなり休憩室内に響きました。

「ああ…!はあぁぁん!だめぇ!もうイッちゃいます…!」

若いアキコはクンニや会社で侵されていることに免疫が無いのか、興奮度がかなり高まっていたのでしょう。イクまでがかなり早いと感じました。

「はぁぁ…もう…ヤバ…あ、あん…!」

アキコの体が細かく揺れて、テーブルをきしませます。外の風の音にかき消されることのないアキコの乱れた吐息の音と共に、アキコはイってしまいました。



その後は僕も昇天して、二人でその後もキスしたりイチャイチャしながらタクシーを待っていました。

その後、アキコはめでたく社員になることになり、そのまま僕のグループに入ったことで月に1,2回は残業と称してエッチをしています。

旅行先のホテルで女友達と二人っきりになったので…

25歳の僕と25~23歳の女子のグループ、男1女3で旅行に行った時にそのうちの一人と一度だけの関係を持ったエロ体験談です。僕のいつもの遊び仲間グループはだいたい8人ぐらいで、男女混合、友達の後輩がそのまま加わったりという感じでその中の何人かで旅行をすることがありました。割と自由な雰囲気で、メンバーも流動的で行きたいと言えば行くし、行くと言っていたら急に行かなくなって他のメンバーと入れかえなんてこともよくあります。

その時の博多旅行もそんな流れでした。男2、女3で二部屋を使う旅行の予定が僕以外の男1人が途中で抜けたので、じゃあ一部屋で家族部屋でいいじゃんという事になり、男1女3が一部屋に泊まることになりました。
さらに、旅行日程が決まった後で、女の子のうち2人が博多で偶然あるライブに行きたいと言い出し、その間は別行動で行ってらっしゃいという事になったわけです。

昼間の4人での博多観光を終えて一旦ホテルに全員で戻りました。ライブに行く女子2人はウキウキで支度をして「じゃあ物販あるから早めに行ってきます!」「お二人さんは博多屋台デート楽しんでね~。」と僕と里穂を部屋に残してサッサと出かけてしまいました。
里穂は堅実なタイプの保険会社の一般職OLになったばかりの23歳で、ライブには興味がないので「ふ~ん、楽しんで~。」と冷めた様子で2人を見送りました。

僕と里穂はそれぞれのベッドに寝そべり、間に1つ別の女子のベッドを挟んで、ガイドブックやスマホを弄りながら「どうしよっか?屋台に出かける?でもまだ早いしね。」と会話していました。
しかし、僕は実は里穂のことが気になっていました。付き合いたいというより、この真面目な性格の女の子はどういうエッチをするんだろうという興味です。

横目で、寝そべっている里穂の背中から腰、腰からお尻、お尻から脚にかけての曲線を眺めました。細いけれど綺麗な身体です。清潔感のあるピュアな雰囲気のボーダーTシャツとショートパンツの下にレギンスを履いています。露出が少ないので足首から先の白いくるぶしと小さい脚がエロチックに見えます。

僕はちょっと攻めてみました。「あいつらデートって言ったけど、俺たち付き合ったらびっくりするだろうな?」「それなはないね~。」と即座につれない返事が帰ってきました。
「でもベッドがあって男女二人きりだったら、なんか間違いが起きちゃうかもしれないじゃん?」とさらに言ってみました。
「え~なに、〇〇ってあたしのことそんな目で見てるの~?」と視線をこっちによこさずに里穂が返事をしました。
僕は「ほら~~~!」とふざけてとなりのベッドにジャンプしてさらに里穂のベッドに飛び移りました。里穂は意外にきょとんとした表情でびっくりもせず、怒りもしません。

僕はいけるかもと思い、「やば、その気になっちゃった。」と里穂の肩に手を当てました。すると里穂も僕の手をそのままにして「一回だけならいいかも。」と僕の眼を見て言ってきました。「よかった。ラッキー。」と僕は動揺を隠して言いました。
思っていたより里穂は硬くないというか、ハプニング的なものに身を委ねるのが嫌いじゃなかったのです。

里穂のベッドでお互い座って向き合い、恐る恐るキスをしました。控えめな髪のいい匂いがしました。僕は里穂の気が変わらないうちにと思い、ボーダーTシャツの裾に手をかけてさっと脱がしてしまいました。ぴったりしたアンダーウェアのサーモンピンクのタンクトップに手のひらサイズのおっぱいの形がはっきり浮き出ています。僕はさらに下から手を突っ込みタンクトップの中でグレーの色気のないブラをずらしタンクトップに里穂の乳首を浮き出させました。そしてタンクトップ越しにコロコロと乳首を転がすようにいじりました。
「ふうう、う~ん。」と里穂はあまり声を出すタイプではなく吐息で快感を表しました。

僕は大きくなった自分のペニスに里穂の手をとって触らせ「ほら、硬くなっちゃった。」と言うと「やだ~。」と少しだけ困った反応を見せました。
そして自分から後ろ向きに倒れると、私のことを好きにしていいよという態度を示しました。
僕は里穂の腰のくびれとベッドの間に空いた空間に手を差し込むとゴムと紐のウエストのショートパンツを脱がしました。紐は結んでありましたが里穂の腰が細いのと、下のレギンスで滑りが良くなって割とつるんと簡単に脱げました。
レギンスは光沢のある黒でごく普通ですが、伸びた部分はちょっとだけ透け感があります。太ももの白さ、レギンスの下に身に着けた白っぽいパンツが透けて見えます。そして僕的に盛り上がったのはレギンスの股部分がぴったりとおまんこに食い込んでいることです。

僕はレギンスの股の食い込みに目を付けると、脱がさないまま押し付けるように里穂のクリトリスを探し当てました。
「は~ん。」と吐息交じりの声を出し、寝そべったまま足をくねらせて感じています。一応上はタンクトップ、下はレギンスと、アンダーウェア姿ではありますがまだそんなに露出していない里帆ですが、タンクトップに乳首が浮き出し、レギンスはおまんこに食い込み、全身ぴったりしていて腕だけ真っ白で細いので僕は無性にエロさを感じて興奮しました。

そのままレギンス越しにクリトリスを刺激すると、控えめではありますが「はあはあ」と喘ぎ声をあげて、ビビビビッと電気が走るような形で腰を浮かせて服を着たまま里穂がイキました。

そこでいったん触るのは小休止して、里穂の服を全部脱がし、僕も全裸になりました。
里穂は慌てて部屋のカーテンを閉めて薄暗くしたのですが、かえって立ち上がった時に白い体が外の光に照らされて綺麗でした。

里穂は基本的にベッドにあおむけになって僕が全部してあげるのを待っているマグロタイプです。
「そろそろ挿れないと、屋台に行く時間無くなっちゃうな。」と僕が言うと手を口に当ててねだるような声で「いいよ。」と言ってきました。

僕は里穂が恥ずかしくないようにあまり里穂の股を開かせずに閉じた状態の狭い隙間にペニスを差し込むようにして挿入したので、内側が狭くて興奮しました。
ゆっくりゆっくり腰を動かすと、里穂は「はあ、はあ」と僕の肩に掴まってきました。
僕はだんだんと腰を動かすスピードを2倍、3倍と増やしていくとそれに比例して里穂の吐息も激しくなっていきます。とうとう大人しかった里穂が「あんあん」「あん、あん」とはっきり声を出して感じるようになってきたので僕はそのままノンストップでフィニッシュまで持っていきました。
射精直前にペニスを里穂のおまんこから抜き取ると、迷いましたが胸元に発射しました。最初の精液は胸の谷間に、最後の数滴の絞り出すような精液は乳首にかけました。
そして、すぐにティッシュで拭き取ってあげましたが、乳首の分はそれで乳首をこねくり回すようにして少し遊びました。

「ちょっとシャワーしないと。」と里穂がシャワーで胸の精液やおまんこを綺麗にして、お互い身だしなみを整えたりなんだりしているうちに、屋台観光をする時間が無くなってきました。
「とりあえず、なんでもいいから博多ラーメン食おうぜ。」と繰り出し、ホテルの近くのごく普通の店で食べてから戻ると、ライブに行った2人とほぼ同時でした。
「デートどうだった?」と聞かれて僕たちは「まあ、屋台行ったけど。」「屋台はどうってことなかったな。テレビで見たのと同じ。」「そうそう。」と適当な返事をしました。
考えてみればシャワーを使った形跡で、もしかしたらあの2人にはバレたんじゃないかと思うのですが、そのあたりは謎です。
ちなみに里穂もそのまま僕と何もなかったように接するので、付き合ったりセフレになるチャンスもまだありません。
広告
広告
忍者RSS