実際にあったエロい体験談

実際にあった体験談を広く集めたエロ体験談のまとめサイト! ナンパで中出し、彼女とのハメ撮り、処女喪失、近親相姦、出会い系、社内での不倫・浮気でのエロ体験、イケナイ関係とわかっていながらも人妻との濃厚なエロSEX(セックス)体験、ナースとのエロ体験、学生時代の乱交etc、エロい体験談満載です。是非、ご堪能下さい❤

ネットに投稿されたエッチ体験談のまとめサイト! ナンパ、ハメ撮り、姉・妹との近親相姦体験、不倫・浮気での エッチ、人妻とのSEX(セックス)、ナースとのエロ体験、乱交etc、エロい体験談満載です。是非、ご堪能下さい♥

性感帯

寝落ちした女友達のスカートを覗き見していたらバレてしまい、謝ったらヤレた体験談

みなさんは女友達が家に来て酔いつぶれて寝てしまったらどうしますか?とりあえず身体をガン見しますよね?スカートを覗いちゃうかも?でももしそれが本人にバレたらおしまいですよね。
ぼくも同じように寝姿をガン見してスカートをめくったらバレてしまったことがあります。でも、それなのに逆にその女友達がその後普通にエッチさせてくれたというエロい話をします。奇跡的に命拾いした上に、エッチできたので気持ちよさは通常比5倍くらいでした。

僕が30歳の時に大学自体の同級生だった女友達に同い年の真由美がいます。どっちも今は独身です。僕はタケと呼ばれています。
大学時代からお互いに別々の恋人がいた時期が長く、僕と真由美は、恋愛相談したり、普通に二人きりになったりしても特に恋愛感情に発展せずに男女の友情で上手く行っていたパターンの関係です。
真由美から聞いた元カレとのやり取りを聞いても真由美は気が強くて勝気なので僕も真由美と付き合うことはないだろうなと思っていますが、女の身体として見るかどうかは別問題です。

その日僕は真由美と何度目かの家飲みを僕の家でしました。完全に油断している真由美はグレーの胸元緩めのカットソーとひざ丈のひらひらした軽い素材紺色のスカートに生足で僕の家にやってきていつものようにベッドに腰かけてストロング系のチューハイを飲みながら他愛もない話をしていました。

真由美の会社の愚痴で盛り上がり、真由美は9時過ぎくらいからウトウトし始めて、会話が途切れたタイミングで船を漕いでは、バッと起きて僕の会話に返事をしてくるような状態になっていました。
そして、ベッドに座ったまま寝落ちすると段々と横に倒れていき、ベッドに座った状態で横倒しになった形でスースーと眠ってしまいました。

僕はまず呼吸で上下する小ぶりな真由美のおっぱいや見えそうで見えないカットソーから覗いた胸元をガン見した後、ムラムラしてしまいついつい変な気を起こしてしまいました。しかし真由美のふわふわしたスカートの裾をそーっと持ち上げてみても、気付かずに寝ています。さらに大胆に裾を30センチくらい持ち上げて浮かせて、自分の顔を横に向けてのぞき込むと、真由美の白系のパンツが前から丸見えになっていて、ブルーのリボンがあしらわれた上にお腹の肉の下のほうまで確認できました。

息を止めて覗いた時間は精々5秒くらいでしたが、その瞬間、真由美がバッと起き上がり「キャッ!」と声を上げました、僕は慌ててスカートから手を離しましたが間に合いませんでした。真由美は怯えたような怒った表情で壁のほうに後ずさりして、クッションを胸とお腹の部分に当てて、「タケ、触った?」「触ってない!」「でも見たでしょ?」「すす、少し。」

僕は真由美を怒らせてしまって、男女の友情どころか僕の人生も終わったと思いました。「タケなんなの!?」「やりたいなら素直にやりたいって言えば普通にしたのに!」「もう!バカじゃないの?」と真由美は半泣きになってしまいました。

僕は叱られた子供の態度で下を向いて無言でしたが、今の真由美の言葉をもう一回冷静に思い出し、ん?と思いました。そして「え、いいの?ちゃんと言えばやらせてくれるつもりだったのか?」と頭で気付きびっくりしました。

それからの僕は必死です。その後僕は頭がベッドに付くくらいに「ごめん!本当にごめん!」「直接お願いしたら断られると思って!」「俺のことなんか眼中にないと思って!」「本当にごめん!」
ともうほとんど半泣きになりながら懇願しました。
すると真由美は僕の言葉を聞いて意地悪な笑いになり、「したいんでしょ?」「したいって素直にいいなさいよ!私の裸見たいっていいなさいよ~。」といたずらっぽく迫ってきました。どうやら完全に期限を直してくれたようでした。

僕が真剣に「すみません。真由美さんの裸が見たいです。」「そして、エッチさせてください!お願いします!」と大声を出し、真由美は「どうしよっかな~」と言い続けました。僕も負けずに「お願いします!お願いします!」と言うとついに、「しかたないな~じゃあその代わりめっちゃ気持ちよくさせてくれなかったら怒るよ。」とお許しが出ました。
僕は、「ありがとうございます!ありがとうございます!」とペコペコ頭を下げた後、真由美に飛び掛かりました。

野獣の様にさっきまでぜったに越えられない壁だったはずのグレーのカットソーと紺のスカートをむしり取り白の上下の下着も、おっぱいを揉んだりおまんこを愛撫する仕草の流れの中でずるずると上と下に押しやってしまいました。
真由美が「強引すぎるよ。ちょっと。」ともじもじしても僕は「気持ちよくさせるから、早く。」と鼻息を荒くして触りまくりました。驚くことに、真由美は僕に寝姿を見られたかもしれない→やらせてくださいお願いしますのやり取りで性的興奮がすでに高まっていたようでした。おまんこが濡れていたのもそうだし、性感帯の反応もすでにウェルカムだったかのようによかったのです。

おまんこの愛液を指に広げてそれをねっとりと乳首に塗るようにして円を描くように擦ると「あう!ああん!」とフレッシュな反応を見せてくれて、白い体をくねらせるので腰つきの曲線やお尻の割れ目まで見せながら身体をくねくねさせています。
くしゃくしゃになって膝のところに引っ掛かっていたパンツと、首元まで押し上げたブラを「じゃまだから取ろうか?」と言うと「うん、うん!」と自分から取って放り投げて僕に全裸でまとわりついてきました。

僕はさっき真由美に嫌な思いをさせた罪滅ぼしのつもりで真由美の細い両太ももを掴んで引き寄せるとおまんこにむしゃぶりついて、バキュームで吸うようにしてじゅるじゅる音を立てながら真由美のおまんこを刺激しました。特に真由美の愛液を吸い上げる時に、わざと舌を僕にとって上側、真由美にとって前のクリトリス側に向けて舐めあげるようにすると、「アアアン!」とひくついた動きで感じまくってくれました。

ある程度高めた後でクリの皮を左右から引っ張り直径5ミリの点に集中するイメージで舌を尖らせてレロレロレロと動かすと、真由美は「アウ、アウ、アアア!!」と声を上げてイキました。

ガクガクと真由美がしている間に僕は間髪入れずに自分のペニスを準備して、正常位で挿入しました。たっぷり濡れ濡れになっているのでつるんと根元まで入り、奥にずぼっと当たったタイミングで真由美が「アン!」と感じたので僕は真由美の子宮口の反応がいいと判断して、奥へ奥へ突く動きを意識して、自分の腰を押し出しつつ、手に抱えた真由美の太ももを自分に引き寄せるように動かしました。
それを何度も何度も、だんだんスピードを上げて、だんだん振動を強めるように動かしました。そうすると、真由美の声はだんだんと「ああん、ああん」から「ア、ア、ア」と小刻みになっていき「ひ、ひ、ひ!」と痙攣するように細かく声を発するようになりました。
そして真由美が中でもがくがくと痙攣するようにイキ、真由美のおまんこの内部も収縮するように縮まり僕のペニスへも快感がほとばしりました。
おまんこに挿入したまま真由美のイキまくる痙攣が収まるまで何とか耐えると、僕はペニスを静かに抜いて、真由美のお腹の上にペニスを押し付けるようにしてフィニッシュしました。

後半の盛り上がりの相性が良かったエッチを終えて、お互い服を整えると、真由美はまたいたずらな口調に戻り「おまえ~いつから狙ってたんだよ~。」「けっこう上手じゃないかよ~、だったらもっと早く誘えよ~。」と人差し指で鼻をぐりぐりしてきて、僕は「すみません。すみません。」と謙虚にならざるを得ませんでした。
まあ、このエロ体験談の教訓は、女友達の寝姿をガン見してるのがバレたら素直に謝りましょうという事、かな?意味不明ですみません。

プレイ中に彼女のおしっこを飲んでしまったエッチな体験談

エッチな話というかばっちくて、やや恥ずかしい話ですが彼女のおしっこを飲んだことがあります。

25歳くらいの当時僕が付き合っていた彼女は、バイト先で出会った同い年の気が強いエリです。基本的に僕とエリの交際は、エリが主導権を握り、出かける場所もエリが決めるし些細なことで叱られるのは僕です。ケンカになればエリが絶対に譲らないので僕が妥協して折れるという関係です。

エリは看護師になったのでそれも気の強さの原因かもしれません。

 

いつものように僕たちはラブホにチェックインして、部屋に入った後服を着たままディープキスや首筋や耳を舐め合ったり、服の上からお互いの性感帯を刺激し合いました。

その後で、彼女のほうから「先にお風呂行こうか?」と提案してきました。僕は基本彼女の行動には同意しかしません。

僕らのセックスは、ホテルに入ってそのままの流れでシャワーもせずに最後までして、その後一緒にシャワーするパターン、シャワーやお風呂に入ってから全裸スタートでセックスするパターンなどいろいろありますが、基本はエリの気分次第です。

 

脱衣所で服を脱いで、狭いラブホのバスルームに入り、ボディソープを思いっきり泡立っててお互いの身体を洗い合いました。

エリのスレンダーで腹筋が少し縦筋に入っている健康的なボディに泡を付けて、あずき色の乳首や、薄い陰毛、筋肉質なお尻、そしておまんこを洗ってあげます。

エリも僕の玉袋の裏側やお尻の割れ目、肛門を丁寧にねちっこく洗ってくれます。

 

この日の僕はちょっといたずら心というか、エリの行動に反発して意地悪したい気分がちょっと生まれていました。たまにはエリの思惑を阻止して僕が主導権を握りたいと思ったのです。

シャワーで身体の泡を落とし、エリが「そろそろ戻ろうか?」と提案したので僕はわざとエリの細い腰に濡れた身体でしがみつき「ここですればいいじゃん。」とお尻の下側をさわさわとしました。

エリはちょっと色っぽい声で「だめよ~。先におしっこしたいの~!」とわがまま娘の顔をしました。

僕は聞こえない振りをしてエリの陰毛を一通り撫でた後、いきなりエリをバスタブの縁に座らせるとおまんこを直舐めし始めました。「や~~ん、だめよ~~。」と嫌がる姿が久しぶりに困っているようでかわいく見えました。

 

「おしっこしたいの~。」「おしっこ~。」「おしっこ~。」とエリは僕の頭を引き離そうとして抵抗します。そういえばさっきラブホに入る前からトイレに行きたいと言っていたけれど、「ま、ラブホに入ってからすればいっか。」とエリがなっとくしてそのまま今に至っているので、確かにエリは長時間おしっこを我慢していることは確かです。

「お風呂だし、ここでしてもいいよ。」と僕はエリに意地悪を言いました。エリはわざと僕をにらむ目つきをして「そこをどいて!」と言いましたが僕は入り口側に陣取って邪魔をしつつ「おしっこするところたまには見せてごらん。」と言いました。

 

さっきのおまんこ舐めが刺激になったのかエリは股間を押さえてもじもじしています。「もう、本当にここでするよ。」「どうぞどうぞ!」と僕はいつもの100倍意地悪を言いました。しかも、シャワーで隠したり音をごまかせないように、シャワーのノズルも先に僕が確保してしまいました。その日の僕は意地悪だったのです。なぜか。

 

エリは泣きそうな顔になって、バスタブにしゃがみました。そして「うえ~~ん」とほとんど本気で泣きながらシャーーとおまんこから黄色いおしっこを出しました。一応僕から見えにくくしているけれど、大の大人が全裸で明るいバスタブで、男の前でおしっこを垂れ流すという情けない姿をさらしてくれました。

途中までシャーッとしたので僕はシャワーで流してあげましたが、「緊張してまだ半分出ないよ、もう!」とエリは怒っています。そして「半分は罰としてあなたが飲みなさい!」と提案してきました。

 

「まじで?」と思いつつ、それはそれでやったことないので興味はありました。

「まじよ。おしっこなんかちょっとくらい飲んだって害はないんだから!」と看護師だからかでたらめなのかわからないことを言ってきました。

「わかりました。飲みます!飲ませてください!」と僕は宣言し、狭いバスタブに背中を付けて寝そべりその上にエリが跨って口を開けた僕の顔めがけておしっこをするということになりました。僕が寝そべってる顔の真上にエリのお腹が来る向きです。想像してもらえばわかると思いますが、お互いに情けない姿すぎてなんでそんなことしているんだって感じですが、僕は大きく口を開けて待ちました。

 

僕の位置からエリの薄い陰毛の根元のぶつぶつからおまんこの皴皴まではっきり見えます。エリは跨った状態でちょっと躊躇していましたが、20秒後くらいに僕の目の前のおまんこの皴の間から黄色い液体がジョロロロロロと振ってきました。生暖かい液体が僕の眼や顔面、鼻にかかり口にも流れ込んできました。薄い塩味のような液体のエリのおしっこ飲みこむともわーっとした薄い香りが鼻に抜けましたがそこまできつくはありません。結局エリが放出したおしっこの3分の1くらいを僕は飲みました。

飲み終わった後で目を開けると、目の前におしっこを終えたおまんこが見えました。「どうだった?」と恐る恐る聞くエリに返事をせずに僕はエリのお尻を掴んで支えるとそのまま今飲んだおしっことおなじにおいがするエリのおまんこにしゃぶりつきました。

 

「ああん!もう変態!なんで今日はそう、我慢できないの!変態!」とエリが悶絶します。それでもエリはエリで彼氏におしっこを飲ませるという行動になんらかの特別感を感じていたのか、いつもと一味違う感じ方をしています。いつも通りおまんこを舐めて吸ってを繰り返すと、それだけでいつもよりも早く絶頂がエリに訪れました。34分くらいでエリが腰をぶるぶるさせはじめ「もう、いっちゃった!」と僕の頭にしがみついてバスタブの中の僕をエリのお尻が押しつぶしてきます。

 

僕はエリをバスタブに寄り掛からせて攣りそうに狭いバスタブから脱出すると、エリをバスタブを支えにしてお尻を突き出させました。

 

そして、立ちバックでパチンパチンと音を立てて水滴を飛び散らせながら高速でピストンをしている間中、ずっと僕の髪の毛やバスタブ、バスルーム中に濃いおしっこの臭いがうっすらと立ち込めていました。

パチンパチンという音はバスルーム中でよく響きました。「いやんいやんいやん!」という彼女の喘ぎ声もバスルームなのでよく響きます。僕はいつもとちがうシチュエーションに興奮してフィニッシュまで間髪入れずピストンしました。

そして、射精寸前で迷ったのですが、その日は精液をエリに飲ませるのは止めておき、彼女の筋肉質な細い太ももにドピュっとかけてセックスを終えました。

 

その後は、お互いに「せっかく洗ったのにお互い汚くなっちゃったね。」「そんなことないよ。おしっこは汚くないよ。おしっこおいしかったよ。」「ばか、なにいってんの?もうしないからね。」「おしっこおいしかったよ。悪くなかったよ。」という会話をしました。

おしっこ自体が美味しいとか不味いとかはありませんでしたが、そんな変態的なことを彼女と共有出来て、彼女も自分も他の誰にも言えないような姿をさらしているというのは悪くないかなとその時は思いました。

 

まあ、結局エリとは別れてしまったのでその後僕がおしっこを飲むことはありませんでした。これからもおしっこを飲ませてくれるような彼女ができることは、さすがにないだろうなあとなぜかおしっこで感傷的になってしまう僕は変態でしょうか。

広告
広告
忍者RSS